So-net無料ブログ作成
福岡県北九州市門司区 ブログトップ

みとラーメン@福岡県北九州市門司区 ☆☆ [福岡県北九州市門司区]

2018_12_22_01.JPG
店外

2018_12_22_02.JPG
メニュー

2018_12_22_03.JPG
ラーメン

2018_12_22_04.JPG
ちゃんラー

海賊とよばれた男」のモデルとなった出光左三の歩みを観に、妻と北九州市門司区にある「出光創業史料室」に行ってみました。
私は原作を読みましたが、映画にもなっています。
ぜひぜひ、訪れて欲しいです。
その後、老舗の「みとラーメン」にお伺いをしました。
明るい大将と女将さんが出迎えてくださいました。
メニューを拝見すると、ラーメンの他にちゃんラーがありました。
ちゃんラーとは、うどんの出汁にちゃんぽん麺を入れた料理のようです。
名前は知っていましたがいただいたことがありません。
よって、ラーメンとちゃんラーをお願いしました。
まずはラーメン。
スープは北九州豚骨かと思いきや、醤油豚骨です。
広島ラーメンの少し濃い、といった感じです。
中細のストレート麺は、腰が長続きをして弾力感があります。
いわゆるの北九州ラーメンとは全く違います。
一方のちゃんラー。
うどんの出汁かどうかは分かりませんが、野菜の甘みが出た優しい醤油豚骨です。
麺はラーメンと同じです。
よって、正確にはちゃんラーではないのかもしれません。
いずれにせよ、昭和のラーメンです。
旨いです。
大将と女将さんの愛情がたっぷりです。
テクニックの凄いラーメン店はいくつも経験をしましたが、どうも心が動きません。
昨今の何がなんでものケバケバしさがありません。
デジタルも嫌いではありませんが、アナログの温もりを感じます。
北九州市ではこうしたラーメン店を多く見掛けます。
山口県が敵わない豚骨ラーメンの文化があります。

保守右翼の私は、こうしたラーメン店が好きです。

住所:福岡県北九州市門司区錦町12-22(Googleマップ
電話:093-332-4547
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(500円)、ちゃんラー(550円)
nice!(4)  コメント(0) 

門司倶楽部@福岡県北九州市門司区 ☆☆☆ [福岡県北九州市門司区]

2018_04_29_01.JPG
店外

2018_04_29_02.JPG
メニュー

2018_04_29_03.JPG
ラーメン

2018_04_29_04.JPG
海鮮麺

妻と北九州市門司区の「門司倶楽部」にお伺いをしました。
同店は、北九州市では最古参の中華料理店かもしれません。
屋号の「倶楽部」が素敵です。
店内のパンフレットには「明治36年に石炭関係団体の社交場『門司倶楽部』として構造され、(中略)昭和28年に中国料理『門司倶楽部』として創業(再出発)。(後略)」
とあります。
店外もそうですが店内も老舗の空気が流れています。
基本のラーメンと海鮮麺をお願いしました。
学校の教室ぐらいの広さに、4人掛けのテーブルが並べてあります。
いずれもに歴史を感じます。
まずはラーメン。
スープは中華料理店ならではの醤油です。
しかし、にんにくを感じます。
それも、意識をしないと分からないレベルです。
面白いです。
麺はストレートの中細で、腰は強くありません。
しかし、もちもち感があります。
また、大振りのチャーシューも柔らかいです。
続いて海鮮麺。
こちらのスープは、にんにく感はありません。
海鮮の様々なエキスが入っているのでしょうか、ラーメンに比べて色も薄いです。
麺はラーメンと一緒です。
どちらも重厚です。
新店に出せない歴史が、スープ、麺、そして具材に染み込んでいます。
しかも、接客も「倶楽部」でした。
敷居が高くなく、かと言って低くない雰囲気が素晴らしいです。
海賊とよばれた男の一員になれたでしょうか。

歴史を喰らいました。

住所:福岡県北九州市門司区清滝三丁目1-8(Googleマップ
電話:093-331-2331
営業時間:午前11時半~
定休日:月曜
メニュー:ラーメン(600円)、海鮮麺(800円)
nice!(4)  コメント(0) 

大平山@福岡県北九州市門司区 ☆☆ [福岡県北九州市門司区]

2015_09_08_01.JPG
店外

2015_09_08_02.JPG
メニュー

2015_09_08_03.JPG
ラーメン

山口県の隣りの福岡県北九州市は、昭和38年に当時の門司市、小倉市、戸畑市、八幡市、そして若松市が合併して発足した人口98万の政令指定都市です。
現在は門司区、小倉北区、小倉南区、戸畑区、八幡東区、八幡西区、若松区の区割りになっています。
私はラーメンも含めて、無責任に北九州市が好きです。
向学を兼ねて、旧市に現存する一番の老舗店を妻と訪ねてみました。
第一回目は、旧門司市の「大平山」です。
同市の中心地であった門司港地域にあります。
久し振りの訪問です。
その「大平山」、詳しくは知りませんが、資本が参入して経営形態が変わったようです。
しかし、相も変わらずお客が多いです。
良いことです。
デフォのラーメンを硬麺で注文しました。
味は以前と変わっていない印象です。
豚骨ベースなのでしょうが、醤油と脂が強いです。
しかも甘味を感じます。
面白い味です。
そして胡椒が掛かってきます。
麺はストレートの中太でツルツルしています。
こちらも面白い麺です。
関門海峡を渡っただけで、山口県とは違うラーメン文化に出会います。
ラーメンは奥が深いです。

ジャンクな雰囲気が満タンのラーメンです。

住所:福岡県北九州市門司区東本町一丁目5-2(Yahoo!地図
電話:093-321-5183
営業時間:午前11時~午後5時
定休日:
メニュー:ラーメン(600円)
nice!(14)  コメント(0) 
福岡県北九州市門司区 ブログトップ