So-net無料ブログ作成
広島県広島市南区 ブログトップ

尾道らーめん 三公@広島県広島市南区 ☆ [広島県広島市南区]

2019_01_23_01 (640x479).jpg
店外

2019_01_23_02 (640x479).jpg
メニュー

2019_01_23_03 (640x480).jpg
ねぎ

2019_01_23_04 (640x479).jpg
尾道らーめん

新幹線で広島市に出張です。
広島駅構内の変わりように驚きました。
色々なお店ができています。
しかし、張りぼて感が否めません。
突貫工事です。
きれいに立て替えられた博多駅を思うと、これでは広島市は福岡市に勝てません。
カープに酔っている場合ではありません。
遅きに失していますが、そもそも在来線の高架ができていません。
何もかもに見劣りを感じます。
久し振りに路面電車に乗りました。
いいです。
その路面電車、現在は広島駅からいったん猿猴橋町、的場町、稲荷町を廻って市中心部に向かいます。
これが、駅前大橋を経て稲荷町へ向かう路線に変わるようです。
いいことです。
せっかくなので、稲荷町から駅前通りまで伸ばして、そこから右折をして平和大通りを通せばいいと思います。
小綱町、天満町、そして観音町の電停は廃止です。
しかし、広島駅の2階から高架で出て行くようです。
銀河鉄道999になるのでしょうか。
これはどうかと思います。
路面を走ってこそ、路面電車と思いますが。
さて、広島駅でのラーメン、「一風堂」や「我馬」もありましたが、見なれない聞きなれない「尾道らーめん 三公」を選択です。
広島駅にご当地「広島ラーメン」はありませんが、もうひとつのご当地「尾道ラーメン」があります。
この心意気を買います。
まずはねぎが出てきました。
スープは確かに尾道醤油です。
濃いです。
麺は細麺と平麺とで選べますが、細麺がデフォのようなのでそちらを。
尾道ラーメンというより、私のご当地、徳山ブラック醤油ラーメンのような雰囲気です。
いけます。
近くはお好み焼き店がひしめくアウエーです。
尾道ラーメンをもう少しうまくPRすれば、もっと客が増えると思いますが。
接客のお兄さん、お姉さんも難しい顔をせずに、にこにこして欲しいです。
そもそも、広島駅で尾道ラーメンの、しかも細麺がいただけることが貴重です。
もっと評価をされてもいいと思いますが。

嫌いではありません。

住所:広島県広島市南区松原町2-37 ASSE 2F(Googleマップ
電話:082-262-1347
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:
メニュー:尾道らーめん(670円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

竹の家@広島県広島市南区 ☆ [広島県広島市南区]

2018_12_14_01.JPG
店外

2018_12_14_02.JPG
メニュー

2018_12_14_03.JPG
中華そば

カープの丸選手が巨人に移籍をしました。
批判的な意見がありますが、権利を行使したので良いことだと思います。
素晴らしい。
丸選手にはエールを送ります。
そう言えば、新井選手が阪神に移籍をした広島での試合でブーイングが起こりました。
カープファンのワシとしては、「こんならあ、なにを言よるんか…、ケツの穴のこまいバカたれじゃのお…」、と情けなくなりました。
日本人にあらざる行為、恥を知れ!、と言いたいです。
カープの暗闇を知らない市民、県民が多いです。
サンフレもそう、市民球場跡地もそう、もっと言えば、広島空港、広島大学もそう。
丸選手を拍手で送ってこそ、ホンマのカープファンです。
さて、急きょ仕事で広島市に泊まりとなりました。
せっかくなのでラーメンと思い、前日は「龍王」、翌日は「竹の家」にお伺いをしました。
ちなみに、次回は廿日市市の「乙丸」が宿題です。
老舗店が気になります。
その「竹の家」、昭和26年の創業だそうです。
大衆食堂ですが中華そばがあります。
暖簾の、しかもド真ん中に記してあります。
ラーメン好きとしては嬉しいです。
店内は静かです。
ガラスケースに小鉢が用意してあります。
良いです。
スポーツ新聞を片手に酒を呑む人もいらっしゃいます。
昨今のファミレスにはない、昭和のしっぽりとした雰囲気が好きです。
マニュアルに縛られない愛想も良いです。
中華そば、スープは醤油豚骨で広島ラーメンになっています。
しかし、やや薄いです。
麺ももやしも含めて、広島ラーメンでしょうか。
いずれにせよ、こうした老舗の大衆食堂にご当地ラーメンがあることが素晴らしいです。

歴史をいただきました。

住所:広島県広島市南区宇品東一丁目4-13(Googleマップ
電話:082-249-4085
営業時間:午前9時~午後1時半、午後4時半~午後9時
定休日:
メニュー:中華そば(400円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

来頼亭@広島県広島市南区 ☆☆ [広島県広島市南区]

2014_10_21_01.JPG
店外

2014_10_21_02.JPG
メニュー(発券機)

2014_10_21_03.JPG
中華そば(小)

久し振りの広島市です。
老舗の「来頼亭」にお伺いしました。
宿題店でした。
近くには広島大学付属高校があり、東京大学を目指す学生がウロウロしています。
その広島大学は広島市内にありません。
広島市は、広島大学と広島空港を市外から追い出しました。
ちなみに福岡市は、九州大学と福岡空港を市内に囲い込みました。
都市としての広島市と福岡市の差は歴然です。
しかし、広島市はカープを手放しませんでした。
一方の福岡市は、西鉄ライオンズを手放しました。
その西鉄ライオンズが福岡ダイエーライオンズとして帰福していればよかったと思いますが、ホークスとは微妙に感じます。
昨晩、福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズの出場を決めました。
おめでとうございます。
リーグ優勝をしたので当然です。
福岡市にとってライオンズという名前は、もうどうでもいいのかもしれません。
一方、カープはクライマックスシリーズ出場で騒いでいます。
広島市は福岡市から学ぶべきことが多いです。
さて「来頼亭」、まさかの行列ができていました。
驚きです。
5人程度の行列に並び、15分で入店、20分で着席できました。
奥のテーブル席で、硬麺でお願いをした中華そば(小)を待ちました。
さすがに広島市の老舗店です。
店内にはカープの選手のサインが飾られています。
大瀬良投手のサインもありました。
酔った先輩に連れて来られたのでしょうか。
私の頭上には野村元監督のサインがありました。
これは早く外されたほうがいいと思います。
スープは薄いです。
豚骨ベースで色々と入っているそうですが、さらさらしています。
しかし、醤油ダレを入れるといい塩梅(あんばい)に変わります。
ベースはもちろん薄いのですが、昭和のしぶとい濃いさです。
高橋慶彦のようです。
中太の麺はストレートですが、腰が強くありません。
長嶋清幸のようです。
接客担当のお姉さんは愛想もよく、仕事がきれます。
松井隆昌のようです。
静かな店内は、いい雰囲気です。
山本浩二のようです。
カープのOBの方々には、敬省略で失礼申し上げます。

総じて、石本秀一のようなラーメン店です。

住所:広島県広島市南区西翠町3-3(Yahoo!地図
電話:082-253-1701
営業時間:
定休日:
中華そば(小):580円
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
広島県広島市南区 ブログトップ