So-net無料ブログ作成
山口県山口市 ブログトップ
前の10件 | -

春来軒 小郡店@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2019_06_15_01.JPG
店外

2019_06_15_02.JPG
メニュー

2019_06_15_03.JPG
ラーメン

私は「ばりそば」が好きです。
ラーメンより好きです。
最後の晩餐は「ばりそば」にしようかと思っています。
しかも大盛りで。
「ばりそば」をいただくときは、お腹をすかして大盛りを注文します。
野菜をすべていただいて、最後に麺に手をつけます。
変態的な食べかたをします。
いつか号外で「ばりそば」を書こうと思っています。
「春来軒 小郡店」にお伺いをしました。
ここも「ばりそば」店ですが、ラーメンをお願いしました。
スープはばりそばチックです。
野菜の甘味が染み込んでいます。
油感がいい塩梅です。
麺は中細ストレートで、つるつるしています。
優しいです。
これはこれで美味しいです。
私はラーメン店に「その店ならでは」を求めます。

まさしく、「春来軒」ならではの一杯です。

住所:山口県山口市小郡上郷1580-1(Googleマップ
電話:083-973-8668
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(500円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

定食居酒屋 みち@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2019_06_04_01.JPG
店外

2019_06_04_02.JPG
メニュー

2019_06_04_03.JPG
塩らーめん

お店の前を通るとラーメンの幟が出ていました。
定食居酒屋 みち」です。
そう言えばフリーペーパーに載っていたような…。
お伺いをしてみました。
以前は「喜咲徠(きさく)」というラーメン店がありました。
フルラインナップのラーメン店でしたが、残念ながら短命に終わってしまいました。
今度はラーメン専門店ではなく定食居酒屋です。
ラーメンは塩らーめんのみです。
お昼時でしたが、男性がお独りで切盛りされていらっしゃいました。
大変そうです。
メニューのフォントがバラバラです。
全てに刹那を感じます
塩らーめんをお願いしました。
小振りの丼ぶりで出てきました。
スープはもちろん塩です。
それも分かりやすい塩です。
麺は細く、エッジの効いたストレートです。
チャーシューがベーコンになっています。
面白いです。
本格さは感じませんでしたが、悪くはありません。
嫌いでもありません。
しかし、近くには山口市で集客力ナンバーワンの「蘭蘭」があります。
ディスカウントの「ドラゴン」、定番となった「ろくの家」、そして味噌ラーメン専門の「田所商店」もあります。
少し足を延ばせば、「来来亭」、「金龍」、「ばり馬」、「天下一品」も。
ちゃばちゃば」と「山形屋」は私の一押しです。
ラーメンショップ」も忘れてはいけません。
私は山口市湯田温泉に住んでいますが、子供の頃のラーメンといえば「おそ松(閉店)」ぐらいでした。
とにかくラーメン店が増えました。
こうした環境のなかで、ラーメンに塩を選択されたことは正解だと思います。
湯田温泉で塩ラーメンの選択肢は、非常に少ないです。
この塩ラーメンがどう評価されるか…。
「塩ラーメンの道は、果てしなく遠い」です。
男性の一生懸命が無駄にならないで欲しいと願います。

専門店ではないので、遠くから眺めることにします。

住所:山口県山口市吉敷下東二丁目6-5 リアライズV 1F(Googleマップ
電話:090-4804-0819
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後11時
定休日:
メニュー:塩らーめん(600円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん バル はれるや@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2019_04_01_01.JPG
店外

2019_04_01_02.JPG
メニュー

2019_04_01_03.JPG
らーめん・鶏白湯

2019_04_01_04.JPG
らーめん・塩辛味噌

妻と山口市の「らーめん バル はれるや」にお伺いをしました。
はれるやチェーン?のラーメンは、下関市長門市にあります。
が、どうなっているのかよく分かりません。
らーめんの鶏白湯と塩辛味噌をお願いしました。
まずは鶏白湯。
濃厚なスープをイメージしていましたが、意外とあっさりとしています。
魚介もあるようですが、ド素人の私には分かりませんでした。
しかし、分からないところがプロフェショナルの仕事です。
品を感じます。
麺はストレートで細く、腰も適度にあります。
おしゃれなスープのせいか、シャープに感じます。
一方の塩辛味噌。
塩ベースに辛味噌なので、当然辛いのですがこちらもあっさりとしています。
麺もシャープに感じます。
夜はイタリアンの店になるらしく、ラーメンにもどこか、地中海の風を感じます。
面白いです。
この洋風さはおしゃれですが、線が細くにも思えます。
いや、この線の細さがいいです。
ガツンと来るラーメンとは対極的で、しなやかに伝わって来ます。
時代がラーメンに追い付いていません。

どう評価されますか。

住所:山口県山口市平井1660-10(Googleマップ
電話:083-976-6725
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後10時半
メニュー:らーめん・鶏白湯(600円)、らーめん・塩辛味噌(700円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちゃばちゃば@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2019_02_16_01 (640x480).jpg
店外

2019_02_16_02 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_16_03 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_16_04 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_16_05 (640x480).jpg
豚骨らーめん

2019_02_16_06 (640x480).jpg
味噌豚骨らーめん

民主党時代に環境大臣まで務めた細野議員が、自民党入りを模索しています。
彼の変わり身の早さにはあきれてものが言えません。
一方で応援をしたくなる変わり身もあります。
山口市の「ちゃばちゃば」です。
当初は生うどんの店としてオープンをしましたが、ラドンやラーメンが加わり、とうとうラーメンがメインになりました。
ラーメン好きとしては気にまります。
うどんやラドンもありますが、メニューでは後ろになり、ラーメンは豚骨と味噌豚骨に変わりました。
さっそく妻とお伺いをしました。
まずは豚骨らーめん。
メニューにあるよう濃厚です。
濃厚といっても久留米系のそれとは違います。
ベクトルとしては「江戸金」に近いでしょうか。
しかし、同店のような塩辛さはありません。
ヘルシーな濃厚さ、上品な濃厚さです。
このスープにぷりぷりした中細麺が絡みます。
こちらも上品です。
続いて豚骨味噌らーめん。
当然ながら味噌が来ます。
近くに「麺場 田所商店」という味噌ラーメン専門店があります。
同店の味噌は荒々しく感じますが、「ちゃばちゃば」のそれは上品です。
麺は豚骨と一緒です。
どちらのラーメンも優しく「ちゃばちゃば」らしさを感じます。
いえ、「ちゃばちゃば」ならでは感じます。
久し振りにいいラーメンに出会いました。
デビューしたばかりなので煮詰めはまだまだですが、それでもいいラーメンです。

解る人には解るラーメンです。

住所:山口県山口市吉敷中東四丁目22-20(Googleマップ
電話:083-923-9270
営業時間:
定休日:
メニュー:豚骨らーめん(730円)、味噌豚骨らーめん(750円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ガスト 山口小郡店@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2019_02_03_01 (640x480).jpg
店外

2019_02_03_02 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_03_03 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_03_04 (640x480).jpg
徳島ラーメン

2019_02_03_05 (640x480).jpg
生玉子

ただ今「ガスト」で、「ご当地麺処 麺屋ガスト」というフェアがおこなわれています。
そのなかに徳島ラーメンがあるので、「山口小郡店」にお伺いをしてみました。
ファミリーレストランがご当地麺の企画をするとは面白いです。
ご当地麺であって、ご当地ラーメンではありません。
よって、ラーメンは徳島のそれのみです。
徳島ラーメンといえば、義理の両親を四国八十八か所に連れて行った際に、「中華そば いのたに本店」に行ったことがあります。
すき焼きに似たスープに、ラーメンの多様さを感じました。
さて、「ガスト」の徳島ラーメンです。
午前10時半からの提供です。
まずは、同ラーメンに必要な生玉子は別皿で出てきます。
スープは醤油豚骨で、イメージをしていた徳島ラーメンのそれとは違います。
油感、にんにく感が強いです。
徳島ラーメンはすき焼き醤油感があったと思いますが、それがありません。
麺は中細で、エッジが効いてやや縮れです。
そして、食感がくちゃくちゃしています。
ん…、これが徳島ラーメンでしょうか…。
当然ながら、商品を企画をするにあれやこれやがあったと思います。
気持ちは買いますが、徳島ラーメンとは違うと思いますが…。
ん…、「ガスト」ならではの濃い味付けの醤油豚骨ラーメンでした。

もう少しどうにかならなっかたものでしょうか。

住所:山口県山口市小郡前田町3-24(Googleマップ
電話:083-974-5587
営業時間:午前9時~午前1時(土曜、日曜、祝日は午前2時まで)
定休日:
メニュー:徳島ラーメン(749円)

追記

2019_02_03_06 (640x480).jpg
看板

山口市の「ちゃばちゃば」がラーメンを始められました。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン さくら@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2019_01_05_01.JPG
メニュー

2019_01_05_02.JPG
メニュー

2019_01_05_03.JPG
メニュー

2019_01_05_04.JPG
メニュー

2019_01_05_05.JPG
メニュー

2019_01_05_06.JPG
メニュー

2019_01_05_07.JPG
メニュー

2019_01_05_08.JPG
かつお豚骨ラーメン(中)

2019_01_05_09.JPG
いりこ豚骨ラーメン(中)

2019_01_05_10.JPG
営業時間

妻と山口市の「ラーメン さくら」にお伺いをしました。
と言っても昨年の夏のことです。
同店がオープンをしたのが平成23年11月なので、7年が経ちました。
今ではすっかり山口市のラーメン店として根付いています。
素晴らしいことです。
その要因は、山口県産の素材にこだわったからだと思います。
やはり、他店との差別化が必要かもしれません。
それと、大将の低姿勢。
かつて、故鳩山邦夫法相が「友人の友人はアルカイダ」と発言をしました。
ここの大将は、私の友人のご友人です。
大将の名前は「櫻さん」で、屋号は苗字です。
ちなみに「山形屋」の大将は、私の友人のご親戚です。
だからどうかと言われればそれまでですが、やはり応援をしたくなります。
その「ラーメン さくら」、山口県産のこだわりかたがベタです。
本来であれば「ハンパない!」と言えば良いのですが、失礼を承知でそこまでは感じません。
しかし私は、このベタベタ感が好きです。
ラーメンの名前もそう、バランスもそう。
決して超越しているラーメンとは思いませんが、このひたむきさが好きです。
かつお豚骨ラーメンといりこ豚骨ラーメンをお願いしました。
あっさり豚骨に、それぞれ、かつおといりこの香りがします。
どちらもベタで、私の様なド素人には非常に分かりやすいです。
麺はどちらも細く、山口県産の小麦、「せときらら」を使っていらっしゃいます。
この微妙なアンバランス感が「ラーメン さくら」らしいです。
料理人出身の気難しい店主が、緊張感を漂わせながら作るそれとは全く違います。
7年も経つとメニューが増えました。
良いことです。
しかし、営業時間が複雑になりました。
少し面倒くさいです。
事情があるかもしれませんが、長く続いているラーメン店はこのあたりがシンプルです。

今年も山口県産にこだわって欲しいです。

住所:山口県山口市小郡下郷815-6 小郡コーポビル 1F(Googleマップ
電話:080-2926-9768
営業時間:
定休日:水曜
メニュー:かつお豚骨ラーメン・中(600円)、いりこ豚骨ラーメン・中(600円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かっぱ寿司 山口店@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2018_12_20_01.JPG
店外

2018_12_20_02.JPG
メニュー

2018_12_20_03.JPG
ごくっ!旨 あっさり醤油ラーメン

2018_12_20_04.JPG
ごくっ!旨 鮭出汁の味噌ラーメン

2018_12_20_05.JPG
ごくっ!旨 貝の塩白湯ラーメン

ハンドルネーム(このご時世、ハンドルネームというのでしょうか)がソニーファンなので、ソニー製の機種を使っています。
言うまでもなく、ソニーの劣化振りはひどいです。
DSC-W320というデジカメを使っていましたが、ピント調整が遅いのでDSC-W810に換えました。
しかし、レンズがカールツァイス製からソニー製に変わったせいか、画像が甘いです。
不満です。
ちなみに、小ブログの初めの頃はDSC-P5で撮っています。
これは良かったです。
妻と「かっぱ寿司 山口店」にお伺いをしました。
寿司ではなく、ラーメンが目的です。
ところが、デジカメを忘れてしまいました。
私はスマホを持たないのでガラケーで撮影です。
こちらもソニー製、W63Sです。
ガラケーと言えば我が家には、SO206SO502iもあります。
また、「銀パソ」と呼ばれたPCG-505も。
他にも色々ありますが、「開運!なんでも鑑定団」でも相手にされないのでどうしようかと思っています。
しかし、携帯電話にカメラ機能を持たせたアイデアは凄いです。
さて、回転寿司店にも関わらず醤油、味噌、塩とラインナップが豊富です。
いつぞやお伺いをしたどこかの回転寿司店には、カレーもあったような。
いずれはハンバーガー、牛丼、うどん、ステーキ、日替わりランチ等の提供が始まり、回転寿司店で全てがこと足りる日が来るかもしれません。
そのラーメン、まあまあです。
良く作ってあるとは思います。
しかし、こんなものでしょう。

ごくっ!旨、ではありませんでしたが、心意気にはアッパレ!です。

住所:山口県山口市維新公園三丁目1-11(Googleマップ
電話:083-901-0788
営業時間:午前10時~午後11時
定休日:
メニュー:ごくっ!旨 あっさり醤油ラーメン(324円)、ごくっ!旨 鮭出汁の味噌ラーメン(324円)、ごくっ!旨 貝の塩白湯ラーメン(324円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメンショップ 湯田店@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2018_12_01_01.JPG
店外

2018_12_01_02.JPG
券売機

2018_12_01_03.JPG
ねぎラーメン

秋篠宮文仁親王がテレビで発言をしていらっしゃいます。
保守右翼の私としては複雑な思いです。
くだらない週刊誌を含めたマスコミが、皇室に関して騒ぐのはいかがなものかと思います。
今年のラーメンは今年のうちに。
さて、ネギラーメンを欲っしたので、近くの「ラーメンショップ 湯田店」にお伺いをしました。
久し振りになります。
ねぎラーメンを注文です。
しかし、ラーメンショップに必需の豆板醤がありません。
店内を見渡してみてもありません。
残念感に全身を覆われました。
ちなみに、にんにくはありました。
いただくに全く美味しくありません。
食べるという作業がもくもくと続きます。
下世話な週刊誌が、気持ちを紛らわせてくれます。
ん…、やはり美味しくありません。
ネギラーメンの中毒性は、このどうしようもないラーメンに豆板醤とにんにくの化学反応があってこそ、起こるようです。
「クリープのないコーヒーなんて…」というコマーシャルがありました。
にんにくはまだしも、「豆板醤のないネギラーメンなんて…」です。

よく分かりました。

住所:山口県山口市湯田温泉六丁目3-10(Googleマップ
電話:083-928-5374
営業時間:
定休日:
メニュー:ねぎラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 壇@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2018_11_29_01.JPG
店外

2018_11_29_02.JPG
メニュー

2018_11_29_03.JPG
煮干しあっさり

2018_11_29_04.JPG
海老そば

一部ですが、周防大島町で水道が復旧をしたようです。
良かったです。
全面復旧をした際にはラーメンをいただきに参りたいと思います。
今年のラーメンは今年のうちに。
妻と「中華そば 壇」にお伺いをしました。
煮干しラーメンが売りのようです。
入り口に、煮干しのオブジェと試食が置いてあります。
こうしたアイデアは、煮干しに対する情熱を感じるとともに、入店する客に安心感を与えます。
素晴らしい。
メニューに「自分に厳しく仕込んでます」とありますが、他人(客)に優しいのであれば、それほど自分に厳しくする必要はないと思います。
私は「ぶっとび亭」にお伺いをしたことはありませんが、看板にあるようにプロデュースをしてあげて下さい。
基本と思われる煮干しあっさりと、対極と思われる海老そばをお願いしました。
開店直後に入店しましたが、あれよあれよで満席です。
良いことです。
ところで、ほとんどの待客がスマホをいじっています。
まずは煮干しあっさり。
配膳された瞬間、といっても入店した瞬間からですが、煮干しの香りがプンプンします。
これが煮干しではなく豚であれば、間違いなく「魁龍 小倉本店」レベルです。
私の名店八選である「中華そば たちばなや」の煮干し感はじわっときますが、こちらはガツンときます。
中細麺も腰が強く、煮干しに負けていません。
こうなると、こく煮干しが気になります。
一方の海老そば。
海老の香りはプンプンしません。
しかし、飲んでみると舌先と鼻先にフワッとします。
スープに玉ねぎが入っています。
麺の強さとのバランスを取るために玉ねぎを入れているのかも、と穿った見方をしてしまいます。
玉ねぎの入っていない海老スープの優しさを味わってみたかったです。
しかし、同店の力強い煮干しラーメンは「たちばなや」や「瀬戸内ラーメン 大島」とは違います。
両店とは差別化されているので、これはこれで面白いです。
客が多いはずです。

まさしく「瀬戸内産 煮干の香り、ご賞味あれ」です。

住所:山口県山口市小郡下郷3383(Googleマップ
電話:090-5701-0096
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:日曜、祝日
メニュー:煮干しあっさり(750円)、海老そば(830円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

米蔵(よねぞう)@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2018_11_20_01.JPG
店外

2018_11_20_02.JPG
メニュー

2018_11_20_03.JPG
メニュー

2018_11_20_04.JPG
手打ち中華そば・元味

2018_11_20_05.JPG
手打ち中華そば・新味

「洋RUN 柳井本店」が、周防大島町民のために中華そばで応援をしました。
今朝のニュースでも報道されていました。
素晴らしいです。
今回の件について私は何もできませんが、落ち着いたら、またラーメンを食べにいくつもりです。
同店にエールを送るとともに、周防大島町の一日も早い復旧を願います。
さて、あの侍が帰ってきました。
家督を後継者に譲り、長州藩を脱藩。
尼崎藩へ行くも、その後、福岡藩へ。
そして、「山」として平成29年8月に長州へ帰藩されました。
侍山根さんです。
その後、屋号を「米蔵」に改められました。
倒幕を協議する秘密の料亭でしょうか。
屋号が掲げてありません。
ようやくお伺いをすることができました。
開店の午前11時前に妻と並びました。
メニューは、懐かしい山根フォントで書かれています。
すぐに満席となり、待ち客もできました。
手打ち中華そばの元味と新味をお願いしました。
旨い。
私の貧弱な語彙力では、侍山根さんの中華そばを描けません。
世が世であれば、切腹かもしれません、
ところで、今の店では侍山根さんの仕事が見えません。
以前の「侍」では武士の姿を拝見できたので、これは非常に残念です。

侍山根さんの手打ち中華そばに、改めて「武士道」を感じました。

住所:山口県山口市平野一丁目3-14(Googleマップ
電話:080-2946-0650
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:火曜
メニュー:手打ち中華そば・元味(600円)、手打ち中華そば・新味(600円)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県山口市 ブログトップ