So-net無料ブログ作成
山口県防府市 ブログトップ
前の10件 | -

博多ラーメンセンター 源流@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2019_06_05_01.JPG
店外

2019_06_05_02.JPG
メニュー

2019_06_05_03.JPG
ラーメン

妻と防府市の「博多ラーメンセンター 源流」にお伺いをしました。
イオン防府」内のフードコートにオープンされました。
「イオン防府」とは別に「イオンタウン防府」があります。
お間違いのないように。
そう言えば下関市の「ゆめシティ」内にもラーメン店がオープンしたとかしないとか。
その「博多ラーメンセンター 源流」は、福岡市名店「一幸舎」の店主がプロデュースをされたようです。
いいことです。
ちなみに、山口市の名店「山形屋」の山田さんは「一幸舎」のご出身です。
いいことです。
ラーメンは豚骨の一種類です。
基本のラーメンを注文しました。
スープは油を強く感じる豚骨です。
麺はストレートで細く、腰は強いです。
私がいただいた「博多一幸舎 総本店」とは違います。
「山形屋」とも違います。
油感の強さだけが印象に残りました。
好みは多種多様です。
油感の強い豚骨ラーメンを支持される方も多いです。
山口市の「蘭蘭」がそうです。
同店の行列は私の不思議のひとつです。

いずれにせよ、フードコートのラーメンが賑やかになるのはいいことです。

住所:山口県防府市中央町1-3 イオン防府(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(590円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

三久ラーメン@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2019_05_19_01.JPG
店外

2019_05_19_02.JPG
ラーメン

防府市で濃厚豚骨ラーメンといえば「ドルフィン」ですが、「三久ラーメン」も候補に挙がります。
しかし、濃厚といっても両店ではアプローチは違います。
「三久ラーメン」の濃厚さが気になり、久し振りにお伺いをしました。
ところで、「三久ラーメン」という屋号のラーメン店は山口市に1店、防府市に1店、宇部市に2店、下関市に1店と山口県内に計5店あります。
チェーン店ではないのでどれも味が全く違い、それぞれに個性を感じます。
せっかくなので、「三久祭り」のようなイベントでもして「絆(きずな)」を見せても面白いと思います。
「三久」=「サンキュー」=「感謝」、というベタな語呂合わせも使えます。
中華そば 一久」の動きがない今がチャンスです。
チェーン店ではなかったので、「絆」は必要が無かったかもしれません。
休日の正午前でしたが、相も変わらず客がいっぱいです。
しかし、その年齢層は「ドルフィン」に比べて高い感じがします。
「一久」と違ってテーブル席がありません。
カウンター席なので、黙々とラーメンに向かいます。
記憶が曖昧(あいまい)ですが、「三久ラーメン」全店にテーブル席は無かったような気がします。
「三久」はラーメンを食べる、「一久」はラーメンを楽しむ。
ラーメンに対する両店の想いの違いを感じます。
「一久」にはびっくりもあります。
検証もしていないので、無責任の範疇(はんちゅう)です。
さて、スープは茶褐色の濃厚豚骨です。
ストレートの中細麺は少し柔らかいです。
味も空気も全てが「三久ラーメン」です。
ここまで来ると貫禄です。

オールドファンを唸(うな)らせる一杯でした。

住所:山口県防府市大字田島1487-6(Googleマップ
電話:0835-24-3677
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:木曜
メニュー:ラーメン(550円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

味処 りばてぃ@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2019_03_17_01.JPG
店外

2019_03_17_02.JPG
メニュー

2019_03_17_03.JPG
メニュー

2019_03_17_04.JPG
あさりたっぷりラーメン

未訪の妻の要望で、「道の駅 潮彩市場 防府」にある「味処 りばてぃ」にお伺いをしました。
同店のあさりラーメンが目当てです。
この日はとても賑やかでした。
正午前の一番客で着席をしました。
もちろん、あさりたっぷりラーメンを注文です。
その後、常連客と思われる方が入店、注文を始めました。
あっという間に満席です。
良いことです。
しかし、大将と女将さんのキャパを超えました。
同店はラーメン以外のメニューもあります。
我が家の麺を茹でた寸前に、大将は姿を消しました。
麺をどこかに取りに行かれたようです。
その後、女将さんが火を消してそのままです。
そして、他の客の刺身定食に集中です。
我が家のあさりラーメンが中断です。
「ラーメンを止めるな!」です。
まあ、それは百も承知で待ちます。
そうした店なので気になりません。
スマホを持たない私は常連客と話しをします。
やはりスマホは要りません。
そのあさりたっぷりラーメン、ベタベタです。
メニューのようにたっぷりではありませんでした。
業務用の豚骨スープと業務用の縮れ麺にあさりを掛けています。
ただそれだけです。
しかし、あさりがラーメンを支配します。
これが旨いです。
あさりの威力はすごいです。
店を出た後のこと。
ウミコヤ38」が店の前で牡蠣(かき)を焼いていました。
こちらもいただきましたが旨いです。
牡蠣もラーメンにいかせれば…、と無責任に思いました。
山口県内で貝類を使った本格なラーメンを見掛けません。
貝汁で有名な山陽小野田市の「みちしお」が、貝汁ラーメンを提供すれば面白いと思います。

あさりを使ったラーメンに可能性を感じました。

住所:山口県防府市新築地町2-3 道の駅 潮彩市場 防府(Googleマップ
電話:090-6480-9319
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:水曜
メニュー:あさりたっぷりラーメン(650円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

太郎茶屋鎌倉 防府店@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2019_02_19_01 (640x480).jpg
店外

2019_02_19_02 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_03 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_04 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_05 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_06 (640x480).jpg
辛麺・0倍

2019_02_19_07 (640x480).jpg
辛麺・1倍

私は担々麺を含めた辛いラーメンに関心がありません。
唐辛子の辛さだけで、ラーメンそのものの味が分からないからです。
防府市の「太郎茶屋鎌倉 防府店」が辛麺を始めたそうです。
ネットで調べたところ、辛さ0倍もあるようなので、妻とお伺いをしてみました。
店の前は何度も通り存在は知っていましたが、屋号が「太郎茶屋鎌倉 防府店」だったとは。
辛麺の0倍と1倍を注文しました。
0倍、つまり唐辛子なしの基本のラーメンですが、これが美味しかったです。
スープは塩ちゃんこベースですが、これに鶏のダシやにんにくのエキスが交わって、優しいながらもコクを感じます。
溶き玉子がいい仕事をしています。
麺は縮れのある中細です。
チャーシューになるところが鶏の炭火焼きです。
いいラーメンです。
ちゃばちゃば」でも書きましたが、同店ならではのラーメンです。
ラーメン店には「ならでは」が必要だと思います。
辛さ1倍も、少しのピリピリ感があっていいです。
それ以上は、チャレンジラーメンになるのでお勧めしません。
玉子スープ地鶏ラーメンは、ありそうで見掛けません。
店の前に「辛麺」幟を立てていらっしゃいます。
メニューが「辛麺」なので当然です。
私は「辛麺」の0倍を基本のラーメンとして売り出すべきだと思います。
唐辛子はあくまでもトッピングです。
「辛麺」に関心のない人は見向きもしません。
これではもったいないです。
大将は宮崎県ご出身です。
鶏が宮崎県産地鶏がどうかは分かりませんが、せっかくなのでそれを売りにしてもいいと思います。
まずは、同店が何屋なのかが分かるようにするべきです。
山口市の「ちゃばちゃば」同様、これからのラーメンです。
両店に共通するのは謙虚さです。
「オレってすげえやろー!」のラーメン店は嫌いです。

応援しましょう!

住所:山口県防府市植松112-2(Googleマップ
電話:0835-28-9400
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後10時(月曜の夜営業はなし)
定休日:木曜
メニュー:辛麺・0倍(750円)、辛麺・1倍(800円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お好み 寿々@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_10_21_01.JPG
店外

2018_10_21_02.JPG
メニュー

2018_10_21_03.JPG
とんこつラーメン

妻と防府市の「お好み 寿々」にお伺いをしました。
同市の道の駅「潮彩市場防府」の二階にあります。
道の駅のスタンプラリーを巡りながら、ラーメンの有無を確認しました。
ここのラーメンで同駅のそれは完食です。
同店はお好み焼きが本職で、ラーメンはサイド的メニューのようです。
厳選醤油ラーメンととんこつラーメンをお願いしました。
しかし、厳選のそれは売り切れでしたのでとんこつラーメンです。
スープは、分かりやすい業務用の豚骨です。
ストレートの細麺は腰がまあまああります。
総じてひと昔前の業務用の豚骨ラーメンです。
博多ラーメンを意識していると思います。
嫌いではありません。
しかし、特に何もありません。

まあ、こんなものでしょう。

住所:山口県防府市新築地町2-3 潮彩市場防府 2F(Googleマップ
電話:080-3886-1557
営業時間:午前9時~午後3時
定休日:水曜
メニュー:とんこつラーメン(600円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドルフィン@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2018_10_04_01.JPG
店外

2018_10_04_02.JPG
メニュー

2018_10_04_03.JPG
メニュー

2018_10_04_04.JPG
ラーメン

久留米ラーメンに対して「ドルフィン」という屋号に今ひとつ慣れません。
しかし、同店の濃厚豚骨ラーメンは絶品です。
久し振りにお伺いをしました。
ほぼ満席です。
人気店です。
ラーメンをお願いしました。
メニューには「とんこつスープ 当店自慢です」とあります。
その豚骨スープ、自慢に偽りはありません。
ガツンと来ます。
中細ストレート麺も濃厚スープに絡みます。
旨い。
重厚でありながら非常にシンプルなラーメンです。
私はこのシンプルさが好きです。

やはり絶品でした。

住所:山口県防府市開出本町12-12(Googleマップ
電話:0835-38-4435
営業時間:午前11時~午後8時半(水曜は午後2時まで)
定休日:
メニュー:ラーメン(620円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメンショップ桑山@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_09_05_01.JPG
店外

2018_09_05_02.JPG
メニュー

2018_09_05_03.JPG
ネギラーメン

防府市の「ラーメンショップ桑山」にお伺いをしました。
ちなみに、「桑山」と書いて「くわのやま」と読みます。
お初です。
ラーメンショップのデフォルトはネギラーメンです。
当然の注文です。
改めて書く必要がありません。
ジャンクなスープにジャンクな麺です。
ジャンクなラーメンは美味しいです。
このジャンクさはラーメンショップだから受け入れられるのでしょうが、これをそのまま「麺家 ○○」等で新規開店をしても、誰も見向きをしないでしょう。
ラーメンショップのブランドは凄いです。
しかし、同店のテーブルに据え置いてあるにんにくと豆板醤は、二杯目からは30円を請求されます。
これには驚きました。
私はにんにくは入れませんが、豆板醤は入れます。
塩梅を確認しながらなので、二杯、三杯になることもあります。
よって、一杯でやめました。
ネギラーメンショップでにんにくと豆板醤の追加料金は初めてです。
これだけで、もういいかなあと思いました。
しかも、アホサラリーマンが隣りでタバコを吸い始めました。
このご時世、昼の食事処でタバコはあり得ません。
病気です。
アホサラリーマンにアーメン。

ネギラーメンは美味しかったのですが、ここはもういいかな。

住所:山口県防府市桑山二丁目12-39(Googleマップ
電話:0835-21-3281
営業時間:午前11時~午後2時半、午後6時~午後9時
定休日:月曜
メニュー:ネギラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミスタードーナツ 防府ショップ@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_06_24_01.JPG
店外

2018_06_24_02.JPG
メニュー

2018_06_24_03.JPG
汁そば

2018_06_24_04.JPG
柚子涼風麺

ミスタードーナツでラーメンを食べてみることにしました。
所用で妻と「イオン 防府店」に行き、そこでラーメンという話しになりお伺いをしました。
防府ショップ」とあります。
私はドーナツを食べないので、ミスタードーナツに用事がありません。
麺類は結構あります。
基本と思われる汁そばと、柚子涼風麺をお願いしました。
席に座ってながめてみるに、ドーナツ店での麺類の注文はいささか迷惑でしょうか。
従業員さんのてまを取らせます。
さて、ほどなくしてやって参りました。
どちらもドーナツ店らしいそれです。
可愛い仕上がりです。
私のような中年男性が、どうのこうのをいうそれではありません。
汁そばは暖かい具なしのラーメン、柚子涼風麺は冷たいそれです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
この割り切りは大したものです。
ところで、ミスタードーナツでラーメンをいただく意味があるのだろうか。
また、なぜにドーナツ店にラーメンなのだろうか。
そんなことを思ってしまいました。
ミスドのラーメン、世間を知るという意味でいい勉強になりました。
面白いです。

まあ、ラーメンとしてはこんなものでしょう。

住所:山口県防府市中央町1-3(Googleマップ
電話:0835-24-5710
営業時間:午前9時~午後9時
定休日:
メニュー:汁そば(334円)、柚子涼風麺(410円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば いっぱ@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2018_06_02_01.JPG
店外

2018_06_02_02.JPG
メニュー

2018_06_02_03.JPG
中華そば

2018_06_02_04.JPG
山口高校

「戦え男たち、心をひとつに、恐れるものはない、さあ行こうぜ!(YouTube)」
山口県ではサッカーのインタハイ予選が行われています。
山口高校の応援に、妻と防府スポーツセンターに出掛けました。
その後ラーメンとなり、「中華そば いっぱ」にお伺いをしました。
同店は去る5月17日にオープンをした、バリバリの新規店です。
ラーメンは一種類のようなので、中華そばをお願いしました。
その中華そば、醤油スープです。
徳山ブラック醤油のようなバチっと感はありません。
優しい口当たりです。
しかし、優しい口当たりに色々な味わいを感じます。
複雑な醤油です。
これは凄いです。
無添加スープとのことですが、それでこんな深みを表現するとは驚きです。
中細のストレート麺もスープのじゃまをせず、かといって埋もれずで良い加減です。
醤油ラーメンがこんなに美味しいとは。
麺もスープも少なめです。
もう少し量があっても良いと思いますが、オロナミンCのそれを思うと、これはこれでありでしょうか。
ご承知の通り私はバカ舌ですが、久し振りに食べながら唸ってしまいました。
徳山ブラック醤油は別として、上品系醤油ラーメンとしては山口県ナンバーワンでしょう。
この美味さが解らない方は気の毒と思えるようなラーメンです。
素晴らしい。
大将の戦う気持ちを感じます。
ところで、手持ち無沙汰のお姉さんが店内をうろうろします。
心がまだひとつになっていません。
しかし、恐れることはありません。

ぜひ、突き進んで欲しいです。

住所:山口県防府市車塚1-22 悦泉ビル 2F(Googleマップ
電話:0835-24-0800
営業時間:午前11時~午後2時半、午後6時~午後10時半
メニュー:中華そば(680円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

さんさん食堂 防府店@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_03_13_01.JPG
店外

2018_03_13_02.JPG
メニュー

2018_03_13_03.JPG
とんこつ正油ラーメン

「さんさん食堂 防府店」にお伺いをしました。
同店は、パチンコ店「ジャンボ 防府店」内にあります。
私はパチンコをしませんが、最近のパチンコ店はきれいです。
特にトイレが素晴らしいです。
同店も然り。
大手チェーン店のそれはホテル並みです。
そして、食堂も充実しているようです。
何店かラーメンをいただきにお伺いをしました。
寿司店や市役所の食堂もそうですが、パチンコ店のラーメンを巡ってみようと思ったことがあります。
しかし、今はその情熱はありません。
とんこつ正油ラーメンを注文しました。
正しくは「醤油」だと思うのですが、気になったので広辞苑で調べてみました。
しかし、「正油」の文字は見当たりません。
もしかすると「正油」と言う新たな素材があるのかも知れません。
スープはフードコートで見掛けるライトな豚骨です。
若干、醤油もありますか。
わかめのせいか、塩気を感じます。
麺はエッジの効いた中細の縮れです。
特別にどうこうのラーメンではありません。
ちなみに、「正油」と言う新たな素材は分かりませんでした。

もう少し捻りが欲しいです。

住所:山口県防府市鐘紡町7-30 ジャンボ防府店(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後5時(土曜、日曜、祝日は午後6時)
定休日:
メニュー:とんこつ正油ラーメン(550円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県防府市 ブログトップ