So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
山口県防府市 ブログトップ
前の10件 | -

ミスタードーナツ 防府ショップ@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_06_24_01.JPG
店外

2018_06_24_02.JPG
メニュー

2018_06_24_03.JPG
汁そば

2018_06_24_04.JPG
柚子涼風麺

ミスタードーナツでラーメンを食べてみることにしました。
所用で妻と「イオン 防府店」に行き、そこでラーメンという話しになりお伺いをしました。
防府ショップ」とあります。
私はドーナツを食べないので、ミスタードーナツに用事がありません。
麺類は結構あります。
基本と思われる汁そばと、柚子涼風麺をお願いしました。
席に座ってながめてみるに、ドーナツ店での麺類の注文はいささか迷惑でしょうか。
従業員さんのてまを取らせます。
さて、ほどなくしてやって参りました。
どちらもドーナツ店らしいそれです。
可愛い仕上がりです。
私のような中年男性が、どうのこうのをいうそれではありません。
汁そばは暖かい具なしのラーメン、柚子涼風麺は冷たいそれです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
この割り切りは大したものです。
ところで、ミスタードーナツでラーメンをいただく意味があるのだろうか。
また、なぜにドーナツ店にラーメンなのだろうか。
そんなことを思ってしまいました。
ミスドのラーメン、世間を知るという意味でいい勉強になりました。
面白いです。

まあ、ラーメンとしてはこんなものでしょう。

住所:山口県防府市中央町1-3(Googleマップ
電話:0835-24-5710
営業時間:午前9時~午後9時
定休日:
メニュー:汁そば(334円)、柚子涼風麺(410円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば いっぱ@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2018_06_02_01.JPG
店外

2018_06_02_02.JPG
メニュー

2018_06_02_03.JPG
中華そば

2018_06_02_04.JPG
山口高校

「戦え男たち、心をひとつに、恐れるものはない、さあ行こうぜ!(YouTube)」
山口県ではサッカーのインタハイ予選が行われています。
山口高校の応援に、妻と防府スポーツセンターに出掛けました。
その後ラーメンとなり、「中華そば いっぱ」にお伺いをしました。
同店は去る5月17日にオープンをした、バリバリの新規店です。
ラーメンは一種類のようなので、中華そばをお願いしました。
その中華そば、醤油スープです。
徳山ブラック醤油のようなバチっと感はありません。
優しい口当たりです。
しかし、優しい口当たりに色々な味わいを感じます。
複雑な醤油です。
これは凄いです。
無添加スープとのことですが、それでこんな深みを表現するとは驚きです。
中細のストレート麺もスープのじゃまをせず、かといって埋もれずで良い加減です。
醤油ラーメンがこんなに美味しいとは。
麺もスープも少なめです。
もう少し量があっても良いと思いますが、オロナミンCのそれを思うと、これはこれでありでしょうか。
ご承知の通り私はバカ舌ですが、久し振りに食べながら唸ってしまいました。
徳山ブラック醤油は別として、上品系醤油ラーメンとしては山口県ナンバーワンでしょう。
この美味さが解らない方は気の毒と思えるようなラーメンです。
素晴らしい。
大将の戦う気持ちを感じます。
ところで、手持ち無沙汰のお姉さんが店内をうろうろします。
心がまだひとつになっていません。
しかし、恐れることはありません。

ぜひ、突き進んで欲しいです。

住所:山口県防府市車塚1-22 悦泉ビル 2F(Googleマップ
電話:0835-24-0800
営業時間:午前11時~午後2時半、午後6時~午後10時半
メニュー:中華そば(680円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

さんさん食堂 防府店@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_03_13_01.JPG
店外

2018_03_13_02.JPG
メニュー

2018_03_13_03.JPG
とんこつ正油ラーメン

「さんさん食堂 防府店」にお伺いをしました。
同店は、パチンコ店「ジャンボ 防府店」内にあります。
私はパチンコをしませんが、最近のパチンコ店はきれいです。
特にトイレが素晴らしいです。
同店も然り。
大手チェーン店のそれはホテル並みです。
そして、食堂も充実しているようです。
何店かラーメンをいただきにお伺いをしました。
寿司店や市役所の食堂もそうですが、パチンコ店のラーメンを巡ってみようと思ったことがあります。
しかし、今はその情熱はありません。
とんこつ正油ラーメンを注文しました。
正しくは「醤油」だと思うのですが、気になったので広辞苑で調べてみました。
しかし、「正油」の文字は見当たりません。
もしかすると「正油」と言う新たな素材があるのかも知れません。
スープはフードコートで見掛けるライトな豚骨です。
若干、醤油もありますか。
わかめのせいか、塩気を感じます。
麺はエッジの効いた中細の縮れです。
特別にどうこうのラーメンではありません。
ちなみに、「正油」と言う新たな素材は分かりませんでした。

もう少し捻りが欲しいです。

住所:山口県防府市鐘紡町7-30 ジャンボ防府店(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後5時(土曜、日曜、祝日は午後6時)
定休日:
メニュー:とんこつ正油ラーメン(550円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

天香茶屋@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2018_03_04_01.JPG
店外

2018_03_04_02.JPG
メニュー

2018_03_04_03.JPG
チャーシュー麺

防府市の「天香茶屋」に妻とお伺いをしました。
同市の「天神町銀座商店街」にあります。
ここのアーケード街も御多分に洩れず閑散としています。
その中でひときわ目を引くのが同店です。
中国の新聞が置いてあったので、大将は中国人の様です。
華僑に代表されるように、中国人の商魂はたくましいです。
大きな声で手作り餃子を進められます。
麺類は6種類ありますが、チャーシュー麺を注文しました。
待つ間、入って来られるお客に大きな声で手作り餃子を進められます。
そこまでおっしゃるならばということで、持ち帰りで注文しました。
そのチャーシュー麺は、大陸的な雰囲気です。
スープは中華料理店ならではのそれで、とてもおおらかです。
雑と言う意味ではありません。
ラーメン店では決して出会いません。
中細のストレート麺の腰は弱いですが、こちらのおおらかさもスープに馴染んでいます。
最近、中華料理店のラーメンを食べているのですが、中国人が作るそれは日本人とは違います。
美味しいです。
まあ、日本人と中国人が仲良くなれるはずがありません。
まだ書いてはいませんが、先日「光飯店」と「揚子江飯店」にお伺いをしました。
同じ中華料理店のそれでも全く違います。
似て非なります。
中国人の作るチャーシュー麺に、日本人には無い感性を覚えました。
しかし、店内のおおらかさは気になります。

面白い良いラーメンです。

住所:山口県防府市天神一丁目6-6(Googleマップ
電話:0835-25-9990
営業時間:
メニュー:チャーシュー麺(700円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン・中華 天天@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_02_26_01.JPG
店外

2018_02_26_02.JPG
メニュー

2018_02_26_03.JPG
とんこつラーメン

防府市の「ラーメン・中華 天天」にお伺いをしました。
同店は「イオン防府店」の1階、フードコートにあります。
ここのフードコートは広く、お店も多いのですが、平日の夕方とあってかどこも閑古鳥が鳴いていました。
平日の門前に市をなすのは、大変のようです。
ラーメンの味は、豚骨、醤油、そして味噌の三種類が用意されています。
デフォルトと思われるとんこつラーメンをお願いしました。
スープはライトで、ニンニク味をやや感じます。
ストレートの中細麺は、腰は弱いです。
一、二昔前のフードコートの豚骨ラーメンです。
誤解を恐れずに言えば、時代遅れのラーメンです。
未だにガラケーを愛する、私の様なラーメンです。
昨今のフードコートのそれは、「IPPUDO RAMEN EXPRESS」を筆頭にレベルが高いです。
しかし、そうしたご時世もどこ吹く風のそれです。
敢えて時代の荒波に出て行く必要はありません。
こうした緩さを必要とされるラーメン好きもいらっしゃるでしょう。

申し訳ございませんが、特にこれといってありません。

住所:山口県防府市中央町1-3 イオン防府店 1階(Googleマップ
電話:
営業時間:
メニュー:とんこつラーメン(500円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

味処 りばてぃ@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2018_02_06_01.JPG
メニュー

2018_02_06_02.JPG
メニュー

2018_02_06_03.JPG
あさりたっぷりラーメン

失礼を承知で期待をしていませんでした。
しかし、結構イケました。
いえ、むしろ美味しかったです。
味処 りばてぃ」のあさっりたっぷりラーメンです。
同店は「道の駅 潮彩市場防府」の一階にあります。
ラーメンは以上の一点です。
豚骨スープも業務用、エッジの効いたつるつる麺も当然、業務用です。
これに、たっぷりのあさりと、結構なもやしが入ります。
スープ、麺、あさり、そしてもやしが、良い按排(あんばい)で絡みます。
いずれもが突出しておらず、まさしく和を以て貴しとなしています。
豚骨スープには当然、あさりのエキスが染み込んでいます。
麺はベースのスープと同じ程度で、これがまた合います。
そして、もやしのシャキシャキ感がアクセントになります。
業務用のスープと麺にあさりを組み合わせたのでしょうが、変に背伸びをしない潔さに旨味を感じます。
面白いラーメンですが、実はシンプルです。
以外にも、山口県であさりの入った豚骨ラーメンはここだけかも知れません。
ありそうでない、まさしく同店ならではです。
私はこうしたB級的なラーメンが好きです。

出会えて良かった!

住所:山口県防府市新築地町2-3 道の駅 潮彩市場防府 1F(Googleマップ
電話:0835-24-2655
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:水曜
メニュー:あさりたっぷりラーメン(650円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

軽食喫茶 香林@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2018_02_04_01.JPG
店外

2018_02_04_02.JPG
メニュー

2018_02_04_03.JPG
ラーメン

「こうりん」か「かりん」か、はたまた「こうばやし」か「かばやし」か。
女将さんに屋号を確認するのを忘れていました。
防府市の「軽食喫茶 香林」です。
店外にラーメンと記してあるので気にはなっていましたが、気にはなっていただけでした。
しかし、重い腰を上げお伺いすることにしました。
女将さんは36年も無休だそうで、想い腰の私は頭が下がります。
ラーメンを注文しました。
メニューはラーメンしか撮っていませんが、当然たくさんあります。
定食も充実です。
そのラーメン。
スープは醤油で、少しのごま油を効かせてあります。
玉子が載せられているので、溶いてスープを優しくできます。
麺はエッジの効いた中細で、つるつるとした食感が良いです。
昨今のラーメン店のような、味付けの濃いわざとらしはありません。
軽食喫茶店らしい奥ゆかしさがあります。
丼ぶりがそうです。
専門店のそれはそれで素晴らしいと思いますが、こうしたところのラーメンも好きです。

優しい女将さんの人柄をラーメンから感じました。

住所:山口県防府市西仁井令一丁目13-26(Googleマップ
電話:0835-24-2655
営業時間:午前8時~午後7時半
定休日:
メニュー:ラーメン(500円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

防府一ラーメン@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2018_01_06_01.JPG
店外

2018_01_06_02.JPG
メニュー

2018_01_06_03.JPG
ラーメン

2018_01_06_04.JPG
みそラーメン

妻と「防府一ラーメン」にお伺いをしました。
パチンコ店内の敷地にありますが、なかなかのラーメンです。
ラーメンとみそラーメンをお願いしました。
まずはラーメン。
なかなかの豚骨スープです。
油がやや多めですが、豚骨感もじわっと伝わります。
並々の熱々に好感を持てます。
麺は中細ストレートで、エッジが効いています。
腰は弱いのですが、スープに上手く調和をしています。
一方のみそラーメン。
なかなかの豚骨スープに赤味噌がブレンドされています。
こちらは味噌感がぐぐっと伝わります。
麺はラーメンと同じです。
私は文章能力が貧弱なため、擬態語でごまかしました。
しかし、そんな印象です。
スープも麺も量は多いです。
とにかく、スープの量の多さは感激です。
防府市で豚骨ラーメンといえば「博多」や「ドルフィン」があります。
どちらも名店です。
たまにはそうしたラーメンでない、ニッチなそれを味わいたくなります。
「防府一ラーメン」は、私にはそうしたラーメン店です。

ゆるい雰囲気ですが、それなりの本格さが美味しく感じます。

住所:山口県防府市高倉二丁目9-8(Googleマップ
電話:0835-38-9500
営業時間:午前11時~午後2時半、午後5時~午後9時
定休日:
メニュー:ラーメン(600円)、みそラーメン(700円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

二代目 一門亭 イオンタウン防府店@山口県防府市 ☆ [山口県防府市]

2017_12_03_01.JPG
メニュー

2017_12_03_02.JPG
しょうゆ

2017_12_03_03.JPG
ゆず塩コーン

妻と「イオンタウン防府」にある「二代目 一門亭 イオンタウン防府店」にお伺いをしました。
去る11月オープンの新規店です。
いつも思うのですが、イオンタウン防府は失敗です。
下関市の「ゆめシティ」や山陽小野田市の「おのだサンパーク」のように、クローズの造りになっていません。
オープンになっているために、店外は寒いし暑いです。
雨も降りこみます。
豚骨、醤油、味噌、そして塩と、スープはフルラインナップです。
初めてお伺いをするお店では、デフォルトのラーメンをいただくのが信条です。
しかし、それが分かりません。
屋号の入った一門亭デラックスが醤油スープだということで、しょうゆをデフォルトと勝手に決めました。
次はとんこつと迷いましたが、メニュー表に大きくあるゆず塩コーンにしました。
どうでもいいことだと思われるでしょうが、これがどうでもよくないのです。
まずはしょうゆ。
甘辛い醤油スープで、油感がややあります。
麺は平打ちの中細縮れで腰は意外とあります。
一方のゆず塩コーン。
塩スープなのでしょうが、薄いコンソメスープです。
ゆずが入っているので、スープに香りがするといえばする程度です。
麺はしょうゆと同じです。
昨今のショッピングモールのラーメンです。
ところで、「一門亭」で検索をすると「製麺屋 慶史」がヒットします。
詳しいことは分かりませんが、同店は麺がウリかもしれません。
確かに麺は美味しいです。
お伺いをした限りは普通のフードコートのラーメン店で、それ以上それ以下でもありませんでした。
フードコートはどうしてもスープに制限があります。
しかし、麺には制限がありません。
山口県に麺をウリにしたフードコートのラーメンは無いので、それを前面に出しても面白いと思います。

昨今のフードコートのラーメンはレベルが高いです。

住所:山口県防府市鐘紡町7-1 イオンタウン防府(Googleマップ
電話:0835-24-3903
営業時間:
定休日:
メニュー:しょうゆ(480円)、ゆず塩コーン(680円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まるふく食堂@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2017_11_08_01.JPG
店外

2017_11_08_02.JPG
メニュー

2017_11_08_03.JPG
まるふくラーメン

所用で山口県立総合医療センターへ。
せっかくなので、地下一階にある「まるふく食堂」にお伺いをしました。
同店は山口県立総合医療センターの一般食堂という位置づけで、以前は「レストラン明治」が入っていました。
ラーメンは、長浜ラーメン、まるふくラーメン、そして中華ソバの三種類があります。
まるふくラーメンに豚骨醤油と記してあります。
とういうことは、長浜ラーメン=豚骨、まるふくラーメン=豚骨醤油、中華ソバ=醤油、となりますか。
メニューの名前を、豚骨ラーメン、豚骨醤油ラーメン、醤油ラーメンにしないところに何かを感じます。
屋号を冠したまるふくラーメンにしました。
スープは文字通りの豚骨醤油です。
濃くはありませんが、しっかりしています。
中細麺のストレート麺も腰は強くありませんが、しっかりしています。
当然、業務用でしょうが、予想を覆しての本格的です。
ここは病院の食堂です。
あきらかにそこのそれではありません。
これでは、そんじゃそこらのフードコートのラーメンが吹っ飛びます。
少し誇大でした。
こうなると、長浜ラーメンと中華ソバが気になります。
まさか病院の食堂のラーメンが気になるとは。

福をもたらしてくれた「まるふく食堂」に二重マルです。

住所:山口県防府市大字江崎77 山口県立総合医療センター 地下一階(Googleマップ
電話:
営業時間:午前7時半~午後3時
定休日:土曜、日曜、祝日
メニュー:まるふくラーメン(530円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県防府市 ブログトップ