So-net無料ブログ作成
山口県柳井市 ブログトップ
前の10件 | -

カルビ大福 柳井店@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2019_04_30_01.JPG
店外

2019_04_30_02.JPG
メニュー

2019_04_30_03.JPG
カルビ拉麺

すべての地上波が天皇陛下の「退位礼正殿の儀」を放送しています。
保守右翼の私としては、複雑な気持ちです。
遠くからそっと見守る程度にして欲しいです。
天皇陛下のことを、我々があれこれ言うべきではありません。
さて、平日はラーメンを食べないようにしていますが、遠方の場合は別です。
柳井市で仕事が終わったので、「カルビ屋 大福 柳井店」にお伺いをしました。
同店は山口県で同市の宿題店のひとつでした。
いつぞや、日曜の夕方にお伺いをした際は待ち客ができていたのでやめました。
この日は平日の夜だったせいか、すんなりと入店できました。
カルビ拉麺を注文しました。
結論から。
上から目線では全くありません。
よく表現してあります。
焼肉チェーン店らしい、ラーメンです。
細かいことは抜きの大らかなそれです。
スープは唐辛子ベースで、つけものいしさんが書かれているようにクッパです。
しかし、それほど辛くはありません。
色々な具材のダシも出ているようで、結構、複雑です。
麺は縮れで弾力感があります。
ラーメンは数多(あまた)ありますが、カルビを名乗ったそれはここだけかもしれません。
つけものいしさんが「ちょっと貴重な経験ができた記憶に残るラーメンでした」と書いていらっしゃいましたが、私も同感です。
本腰を入れていらっしゃるとは思いませんが、アイデア勝ちです。
私の記憶にも刻まれました、
サントリーの創業者である鳥井信治郎の口グセは、「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」です。

焼肉チェーン店の「やってみなはれ」のラーメンは、美味しかったです。

住所:山口県柳井市駅南1-17(Googleマップ
電話:0820-22-8929
営業時間:
メニュー:カルビ拉麺(690円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ら~めん みそ膳 柳井店@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2019_03_18_01.JPG
店外

2019_03_18_02.JPG
メニュー

2019_03_18_03.JPG
メニュー

2019_03_18_04.JPG
らーめん・さっぽろみそ

F1シリーズ開幕戦のオーストラリアGPで、ホンダが11年ぶりに表彰台に上がりました。
セナ世代の私としては嬉しいニュースです。
さて、ある日の夕方のこと。
柳井市で仕事が終わったので、カルビ拉麺を求めて「カルビ屋 大福 柳井店」にお伺いをしました。
開店前でしたが行列ができています。
驚きました。
しっぽを巻いて、「龍華」に進路変更です。
入店後、お店の方に「独りですか…?」と尋ねられたので、「そうです」と答えました。
「独りの方の料理はあまり無い」と言われたので、「ラーメンを食べに来ました」と告げると、「ラーメンは無い」との返事だったので退店しました。
接客姿勢はなく業務連絡です。
中国人のようなので気になりません。
夜はラーメンが無いようです。
そんなこんなで、「ら~めん みそ膳 柳井店」に到着です。
多くの味噌ラーメンがありますが、同店は初めてなので、デフォルトと思われるさっぽろみそをお願いしました。
味噌でありながら、スープは非常にあっさりしています。
薄い、は言い過ぎでしょうか。
いえいえ、昨今のラーメンの味付けが濃い過ぎるのです。
麺は、同店系列仕様のいつもの中太麺です。
「どさん子ラーメン」ならではの安心した味です。
ところで、私が子供のころはあちこちで「どさん子ラーメン」を見ました。
連れていってももらいました。
しかし、今ではほとんど見掛けません。
蔵出し味噌 麺場田所商店 山口店」や「長崎ちゃんめん」の繁盛振りをみると、複雑な気持ちです。
ちなみに、宇部市の「みそ膳 古殿家」は大繁盛です。
店内は昭和の理科教室のような雰囲気で、味噌ラーメンを視覚に訴えています。
もちろん、接客の明るさもあります。

相撲を見ながら背を向けての「ありがとうございました」は、流行りません。

住所:山口県柳井市南町六丁目1-5 豊田ビル 1F(Googleマップ
電話:0820-22-7175
営業時間:
定休日:
メニュー:らーめん・さっぽろみそ(700円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食堂 スズヤ@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2018_10_18_01.JPG
店外

2018_10_18_02.JPG
メニュー

2018_10_18_03.JPG
ラーメン

柳井市の「いづもや」を目指すも、ラーメンがメニューから無くなっていました。
よって、次にお伺いをしたのは「御食事処 松秀」です。
当日は二店でラーメンをいただく予定にしていたので、同店の後に「食堂 スズヤ」にお伺いをしました。
駐車場を訊ねましたが、「どこに駐めようが、あなたの勝手でしょうが!?」と、声を荒げられることはありませんでした。
大将も女将さんも穏やかな方で、優しく教えて下さいました。
ラーメンを注文しました。
スープはあっさり醤油です。
それも非常にです。
麺は縮れのある中細です。
歯切れがいいです。
私は保守右翼です。
正直、何でもないラーメンです。
昭和のそれです。
しかし、こうしたラーメンが心に響きます。
昨今の騒がしいラーメンは苦手です。
そして、大将と女将さんの優しい人柄が溢れています。
やはり、昭和のラーメンが好きです。

つけものいしさんのおかげで、良いお店に出会いました。

住所:山口県柳井市柳井143(Googleマップ
電話:0820-22-1421
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(500円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

御食事処 松秀@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2018_10_17_01.JPG
店外

2018_10_17_02.JPG
メニュー

2018_10_17_03.JPG
トンコツラーメン

インターネット上をうろうろしていると、未訪のラーメン店を見掛けます。
さっそくの宿題店になりますが、これがたまっています。
柳井市でいえば、ここここここの三店です。
私は少食なので連食はめったにしません。
せっかくなので、二店を目指して柳井市に向かいました。
まずは「いづもや」です。
店の扉が全開でした。
入店をして声を掛けても返事がありません。
メニューが貼ってあったので眺めるに、目当てのラーメンがありません。
どうもラーメンはメニュー落ちしているようです。
残念…。
ということで退店です。
申し訳ございません。
次に向かったのが「御食事処 松秀」です。
同店からも近い場所にあります。
入店をすると常連さんと思われる方々が、タバコをふかしていました。
私はタバコが苦手なので、トンコツラーメンを速攻で食べて退店しました。
スープはよくある、ひと昔前の業務用です。
麺も同様です。
しかし、チャーシューではなく豚のしょうが焼き?と思われる肉が入っていました。
これがスープにいい味付けを施します。
面白いです。
気になりました。
平日の正午前だったせいか、お客が少なかったです。
よって店主に話しを聞いてみたかったのですが、タバコのために退店です。

不完全燃焼です。

住所:山口県柳井市中央一丁目10-18(Googleマップ
電話:0820-22-1016
営業時間:
定休日:
メニュー:トンコツラーメン(500円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

雷文@山口県柳井市 ☆☆☆ [山口県柳井市]

2018_06_03_01.JPG
店外

2018_06_03_02.JPG
メニュー

2018_06_03_03.JPG
とんこつラーメン・しお

妻と柳井市の「雷文」にお伺いをしました。
同店は去る4月26日に新規オープンをしました。
看板には「太麺」の文字が掲げてあります。
メニューを拝見すると、太麺がつけめんと雷二郎、細麺がとんこつラーメン・しおです。
二郎系のような量の多いラーメンは無理なので、細麺のとんこつラーメン・しおをお願いしました。
スープは濃厚豚骨の部類に入りますが、驚くほどでもありません。
そして、豚骨特有の飲んだあとに鼻にツンと来る獣臭がありません。
塩の加減が影響をしているのでしょうか。
いずれにせよ、下関市の「らー麺 實」や防府市の「ドルフィン」に似た系統で、山口県内では珍しい豚骨スープです。
ストレートの細麺は腰も強く、スープとがっつりと四つに組みます。
チャーシューも厚いのですが、とても柔らかく、こちらも下ごしらえに相当の時間を掛けていらっしゃると思います。
旨い。
大将の気合を感じます。
シンプルなラーメンは、「質実剛健」という言葉がぴったりです。
小ブログに起こしの方はご承知と思いますが、私はラーメンのウンチクを持ち合わせていません。
しかし、長く食べ歩いていると作り手の情熱は解るようになりました。
ラーメンは正直です。
良いラーメンです。
やはり旨い。
大将の謙虚な姿勢も気持ちが良いです。
柳井市に玄人向けの素晴らしい豚骨ラーメンが現れました。

迷わず三ツ星です。

住所:山口県柳井市南町二丁目5-21(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~
定休日:
メニュー:とんこつラーメン・しお(650円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ソウル@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2018_04_14_01.JPG
店外

2018_04_14_02.JPG
メニュー

2018_04_14_03.JPG
ラーメン

二試合目は、柳井市代表の「ソウル」です。

それでは、プレイボール!

当然ながらここも、つけものいしさんの部活動がなければ知りませんでした。
存在を知っていたとしても、まさかラーメンがあるとは思いもしません。
私はラーメンに関してはチャレンジャーではないので、それを求めて入店をすることはほとんどありません。
ラーメンをお願いしました。
同店は夜の焼肉がメインなのでしょう。
我が家がお伺いをしたのは休日のお昼です。
「兵(つわ)どもが夢の跡」と言った雰囲気でした。
こうした閑散とした空気は嫌いではありません。

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

そのラーメン、薄い塩ラーメンと言う感じのさっぱりスープです。
しかし、奥深いです。
何とも表現が出来ません。
「このラーメンのスープのベースは『テールスープ』です。
塩ベースになりますが、日本の塩ラーメンとは違い、まろやかでクリーミーな牛の香ばしさを感じることができます」
つけものいしさんが自身のブログで記していらっしゃいます。
そうでしたか。
縮れのある中細麺も、焼肉店のそれと言った雰囲気です。
こうしたラーメンは、どちらかと言うと夜のそれです。
よって、日中に出会うことはありません。
ラーメンは面白いです。

カキーン!

専門店ではありませんが、そうでないところだからこその美味しさがありました。

住所:山口県柳井市南町二丁目7-13(Googleマップ
電話:0820-22-6939
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後11時
定休日:火曜
メニュー:ラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

れーがん@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2017_11_18_01.JPG
店外

2017_11_18_02.JPG
メニュー

2017_11_18_03.JPG
甘露醤油ラーメン

「柳井甘露醤油ラーメン」求めて、柳井市の「れーがん」にお伺いをしました。
ラーメン専門店ではなく喫茶店です。
何度も書いているように、山口県には多種多様のラーメン文化があります。
そのひとつに名乗り出たのが、柳井市の「柳井甘露醤油ラーメン」です。
私が初めていただいたのが、同市の「俺龍(閉店)」です。
多少の無理やりを感じましたが、私はこうした取り組みが好きです。
同市の商工会議所でも紹介されていらっしゃいましたが、今はすっかり斜陽になりました。
残念です。
その「れーがん」、満席満員御礼です。
お客の多いこと。
良いことです。
私の隣のカップルさんも、甘露醤油ラーメンをいただいていました。
非常に良いことです。
当然、私も甘露醤油ラーメンをいただきます。
配膳の際、女性従業員さんが説明されます。
スープのタレが柳井甘露醤油、鯛の干物が同市大畠産、そして麺の竹炭が岩国市だったと思います。
地元産にこだわった気持ちは買います。
しかし、ラーメンとしてはちぐはぐです。
一杯になっていません。
まずは、干物がスープに溶けて生臭くなります。
そして、麺の黒い色は食欲をそそりません。
残念。
「柳井甘露醤油ラーメン」は素晴らしいアイデアだと思います。
まずは、提供を続けていらっしゃる同店に敬意を表します。
もっと煮詰めると良いラーメンができると思います。
このままこのラーメンの灯を絶やすのはもったいないです。
そして、行政も協力をするべきです。
柳井市の発展に「柳井甘露醤油ラーメン」はいいアイデアです。

同ラーメンを今一度、応援です。

住所:山口県柳井市中央二丁目3-18(Googleマップ
電話:0820-23-2481
営業時間:午前8時15分~午後4時半
定休日:
メニュー:甘露醤油ラーメン(750円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

十八番食堂@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2017_11_11_01.JPG
店外

2017_11_11_02.JPG
メニュー

2017_11_11_03.JPG
中華そば

柳井市の「十八番食堂」にお伺いをしました。
同市の老舗店で、宿題店のひとつでした。
店外も店内もいい雰囲気です。
昭和です。
大将も女将さんもご高齢で、こちらもいい雰囲気です。
中華そばをお願いしました。
その中華そばがいい雰囲気です。
スープはとてもあっさりした薄い醤油です。
昨今の新規店に多い脂感はありません。
麺はストレートの中細麺で、くたびれ感があります。
チャーシューも同様です。
希少で貴重なラーメンです。
複雑な平成の世では、シンプルな昭和のそれが輝きます。
私は好きです。

歴史を喰らうとはまさにこのことです。

住所:山口県柳井市天神10-1(Googleマップ
電話:0820-22-6462
営業時間:午前11時~午後4時
定休日:日曜、祝日
メニュー:中華そば(450円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事処 いかち・旨(うま)@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2017_05_11_01.JPG
店外

2017_05_11_02.JPG
メニュー

2017_05_11_03.JPG
旨ラーメン

宿題店の一つであった柳井市の「お食事処 いかち・旨」にお伺いをしました。
ちなみに「いかち」は地名で、同店は柳井市伊陸(いかち)にあります。
デフォルトの旨ラーメンを硬麺で注文をしました。
カウンターには、いなり寿司、おむすび、ゆで玉子、そして鶏の唐揚げ等々が用意をしてあり、自由に取ることが出来ます。
当然その分ラーメンの値段に繁栄されているのでしょうが、その量と心意気には感心しました。
その旨ラーメン。
スープは豚骨スープであっさりしています。
白濁ですが厚みはありません。
にんにくと塩分で繕っています。
中細でややウェーブの掛かった麺の腰は強くありません。
しかし、食べやすいです。
同店は農村部で周囲に何も無いところにあるので、ラーメンも店内もドライブイン的な仕上がりになっています。
ついでに接客も。
カウンターの無料品の気持ちは買いますが、ラーメンは詰めが甘い、と言うか詰める気持ちは無い様です。
ラーメン専門店では無いので問題ありません。
長く続けていらっしゃる様なのでそれなりに支持者、ファンがいらっしゃるのでしょう。
少食の私も、いなり寿司を二つ頂きました。
同店の仕掛けに嵌りました。
ファンの気持ちは理解できます。
しかし、ラーメンは流行の秘境地のそれではありません。

申し訳ございませんが、わざわざではありません。

住所:山口県柳井市伊陸6695-9(Yahoo!地図
電話:0820-26-1123
営業時間:午前11時~午後3時、午後6時~午後8時
定休日:
メニュー:旨ラーメン(700円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶房 千草@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2017_03_19_01.JPG
店外

2017_03_19_02.JPG
メニュー

2017_03_19_03.JPG
らーめん

柳井市の「十八番食堂」を目指しましたが、あいにく閉店でした。
残念。
よって、「茶房 千草」にお伺いをしました。
JR柳井駅前にあります。
年季の入った喫茶店で、つけものいしさんのブログを拝見しなければ一生お伺いすることは無かったです。
昨今は喫茶店でもハイレベルのラーメンが提供されます。
らーめんをお願いしました。
ご高齢の女将さんが、常連客を相手にされます。
犬も入店です。
大らかな時間が流れています。
そのらーめん、豚骨スープは非常にあっさりしていて、つるつる麺は腰がありません。
チャーシューの代わりがハムです。
しかし、ワカメがアクセントになり、かまぼこはイタリア国旗の様でシャレています。
昭和の業務用そのもので、この潔さが同店を表しています。
ウソがありません。
専門店では無いので全く問題ありません。
ラーメンがあることに意味があります。
とにかく業務用を含め、ラーメンが多種多様になりました。

こうなると、昭和の業務用ラーメンは貴重です。

住所:山口県柳井市中央二丁目14-15(Yahoo!地図
電話:0820-22-0523
営業時間:
定休日:
メニュー:らーめん(500円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県柳井市 ブログトップ