So-net無料ブログ作成

太郎茶屋鎌倉 防府店@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2019_02_19_01 (640x480).jpg
店外

2019_02_19_02 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_03 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_04 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_05 (640x480).jpg
メニュー

2019_02_19_06 (640x480).jpg
辛麺・0倍

2019_02_19_07 (640x480).jpg
辛麺・1倍

私は担々麺を含めた辛いラーメンに関心がありません。
唐辛子の辛さだけで、ラーメンそのものの味が分からないからです。
防府市の「太郎茶屋鎌倉 防府店」が辛麺を始めたそうです。
ネットで調べたところ、辛さ0倍もあるようなので、妻とお伺いをしてみました。
店の前は何度も通り存在は知っていましたが、屋号が「太郎茶屋鎌倉 防府店」だったとは。
辛麺の0倍と1倍を注文しました。
0倍、つまり唐辛子なしの基本のラーメンですが、これが美味しかったです。
スープは塩ちゃんこベースですが、これに鶏のダシやにんにくのエキスが交わって、優しいながらもコクを感じます。
溶き玉子がいい仕事をしています。
麺は縮れのある中細です。
チャーシューになるところが鶏の炭火焼きです。
いいラーメンです。
ちゃばちゃば」でも書きましたが、同店ならではのラーメンです。
ラーメン店には「ならでは」が必要だと思います。
辛さ1倍も、少しのピリピリ感があっていいです。
それ以上は、チャレンジラーメンになるのでお勧めしません。
玉子スープ地鶏ラーメンは、ありそうで見掛けません。
店の前に「辛麺」幟を立てていらっしゃいます。
メニューが「辛麺」なので当然です。
私は「辛麺」の0倍を基本のラーメンとして売り出すべきだと思います。
唐辛子はあくまでもトッピングです。
「辛麺」に関心のない人は見向きもしません。
これではもったいないです。
大将は宮崎県ご出身です。
鶏が宮崎県産地鶏がどうかは分かりませんが、せっかくなのでそれを売りにしてもいいと思います。
まずは、同店が何屋なのかが分かるようにするべきです。
山口市の「ちゃばちゃば」同様、これからのラーメンです。
両店に共通するのは謙虚さです。
「オレってすげえやろー!」のラーメン店は嫌いです。

応援しましょう!

住所:山口県防府市植松112-2(Googleマップ
電話:0835-28-9400
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後10時(月曜の夜営業はなし)
定休日:木曜
メニュー:辛麺・0倍(750円)、辛麺・1倍(800円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。