So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

三久ラーメン@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2019_05_19_01.JPG
店外

2019_05_19_02.JPG
ラーメン

防府市で濃厚豚骨ラーメンといえば「ドルフィン」ですが、「三久ラーメン」も候補に挙がります。
しかし、濃厚といっても両店ではアプローチは違います。
「三久ラーメン」の濃厚さが気になり、久し振りにお伺いをしました。
ところで、「三久ラーメン」という屋号のラーメン店は山口市に1店、防府市に1店、宇部市に2店、下関市に1店と山口県内に計5店あります。
チェーン店ではないのでどれも味が全く違い、それぞれに個性を感じます。
せっかくなので、「三久祭り」のようなイベントでもして「絆(きずな)」を見せても面白いと思います。
「三久」=「サンキュー」=「感謝」、というベタな語呂合わせも使えます。
中華そば 一久」の動きがない今がチャンスです。
チェーン店ではなかったので、「絆」は必要が無かったかもしれません。
休日の正午前でしたが、相も変わらず客がいっぱいです。
しかし、その年齢層は「ドルフィン」に比べて高い感じがします。
「一久」と違ってテーブル席がありません。
カウンター席なので、黙々とラーメンに向かいます。
記憶が曖昧(あいまい)ですが、「三久ラーメン」全店にテーブル席は無かったような気がします。
「三久」はラーメンを食べる、「一久」はラーメンを楽しむ。
ラーメンに対する両店の想いの違いを感じます。
「一久」にはびっくりもあります。
検証もしていないので、無責任の範疇(はんちゅう)です。
さて、スープは茶褐色の濃厚豚骨です。
ストレートの中細麺は少し柔らかいです。
味も空気も全てが「三久ラーメン」です。
ここまで来ると貫禄です。

オールドファンを唸(うな)らせる一杯でした。

住所:山口県防府市大字田島1487-6(Googleマップ
電話:0835-24-3677
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:木曜
メニュー:ラーメン(550円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

神戸ラーメン 第一旭 神戸本店@兵庫県神戸市中央区 ☆☆ [兵庫県神戸市中央区]

2019_05_16_01.JPG
店外

2019_05_16_02.JPG
メニュー

2019_05_16_03.JPG
Aらーめん

尼崎市を後にして阪神電車で神戸市に向かいました。
三ノ宮駅で下車をして同市内を散策しました。
神戸市は斜面に街が形成されているので、山口市民の私には不思議な感覚です。
人口は神戸市が153万、福岡市が158万で同規模ですが、神戸市は福岡市に比べて街全体が古いです。
高松市の後に訪れた松山市のような印象でした。
古いから悪いという意味ではありません。
情緒があります。
さて、「神戸ラーメン 第一旭 神戸本店」にお伺いをしました。
スープは、あっさりしながらもコクのある醤油です。
甘味を感じます。
麺はストレートで細いです。
そして、量が以外とあります。
あっさりとした下松牛骨醤油のようなラーメンでしたが、山口県にありそうでありません。
面白いです。
この後、姫路市に移動をして「新生軒」に行く予定でしたが、雨が振り出してきたのでやめました。
残念です。

関西のラーメンに、ごちそうさまでした。

住所:兵庫県神戸市中央区多聞通一丁目3-19(Googleマップ
電話:078-371-6212
営業時間:午前10時~午前0時半(日曜は午前0時)
定休日:
メニュー:Aらーめん(580円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

辛麺 日ノ丸@山口県周南市 ☆☆ [山口県周南市]

2019_05_14_01.JPG
店外

2019_05_14_02.JPG
メニュー

2019_05_14_03.JPG
辛麺・1倍

周南市の「辛麺 日ノ丸」にお伺いをしました。
夜専門店です。
この日の同市の歓楽街は、平日とあってか人がほとんどいませんでした。
少し拍子抜けです。
何度も書いていますが、山口県内の歓楽街では下関市の、あるいはそれ以上と思わせる規模です。
人口の割には凄いです。
しかし、下関市の歓楽街と違うのは、ソープ街がないというところです。
風俗があるかどうかは、歓楽街の「格(かく)」を決める大きな要素です。
下関市竹崎町には、「まるは通り」と呼ばれる山口県で唯一のソープ街があります。
しかし、周南市にはありません。
現在の風俗はホテルを使う傾向になっているといえども、やはりキラキラしたネオンは歓楽街に欠かせません。
それが周南市にないのは残念(?)、いえ健全だったかもしれません。
むしろ、宇部市にないのは不思議です。
検証しましょう。
話しがそれました。
入店をしてメニューを拝見するに、どこかで見掛けたシステムでした。
そう、宇部市の「辛麺 龍輝(たつき)」と同じです。
どちらも、辛さの度合いと麺の種類を選びます。
フランチャイズなのか、もしかすると昨今の台湾料理店のような感じかもしれません。
1辛のスープは、溶き卵もあるのでまずまずです。
この溶き卵の量がもう少し多ければ面白くなると思います。
ラーメンの味を堪能するのであれば、1辛で十分です。
麺は中細で、やや縮れがあり加水率が低いです。
嫌いではありません。
印象は良いです。
メニューに「辛いのが苦手な方、唐辛子抜きもあります」とあるので、そうした方への気配りもされていらっしゃいます。
であれば、なおさら溶き卵ラーメンはいかがでしょう。
そもそも卵麺です。
溶き卵の量も1玉~30玉、とすれば面白いかもしれません。
需要は無くはないと思います。
苦言をひとつ。
入口すぐ側のトイレの改善を早急にするべきです。
臭いを感じます。
営業時間が午前3時までとは大変です。
お若い大将ですが、くれぐれも健康には気を付けて欲しいと思います。

素面(しらふ)でいただきながら思いました。

住所:山口県周南市昭和通1-29(Googleマップ
電話:0834-31-2536
営業時間:午後7時~午前3時(金曜、土曜は午前4時)
定休日:
メニュー:辛麺・1倍(700円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華料理 大貫(だいかん)@兵庫県尼崎市 ☆☆ [兵庫県尼崎市]

2019_05_11_01.JPG
店外

2019_05_11_02.JPG
メニュー

2019_05_11_03.JPG
メニュー

2019_05_11_04.JPG
中華そば

47都道府県のご当地、もしくは老舗店でラーメンを食べてみたい。
漫然とした夢があります。
漫然としたところが私のいい加減さです。
しかし、年齢も50を過ぎたので急ぎます。
その夢を少しでも叶えたく、出張を利用した大阪市の後、尼崎市から神戸市へと足を延ばしました。
まずは、尼崎市の「中華料理 大貫」です。
本屋で手にとった何ぞやの本に「現存する日本で一番古い中華そば」とありました。
出張も苦ではなくなりました。
人生、楽あれば苦もあります。
大阪市から阪神電車で尼崎市に移動です。
車窓から眺める景色に、関西経済圏の大きさに圧倒されます。
同店にお伺いをする前に、尼崎中央商店街を散策しました。
昭和の雰囲気が漂っています。
いい感じです。
怪しい店も共存しています。
尼崎市は期待どおりです。
お決まりの六甲おろしも流れています。
しかし、こうしたアーケード街は山口県では考えられません。
街の発展、いえ存続には、それなりの人口が必要です。
さて「中華料理 大貫」です。
庶民的な雰囲気で、関西弁で出迎えてくださいます。
中華そばを注文です。
酸味を感じる醤油スープは、強さがなくまろやかです。
中細麺は、しっかり腰があります。
なるほど。
「現存する日本で一番古い中華そば」をいただきました。
今風のラーメンにはない、「味」があります。
いえ「貫禄」というか、「風格」というか…。
一見の私がとやかくいうラーメンではありません。
歴史は金で買えません。

良かった。

住所:兵庫県尼崎市神田中通3-29(Googleマップ
電話:06-6411-9583
営業時間:午前11時半~午後8時
メニュー:中華そば(850円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天心@島根県益田市 ☆ [島根県益田市]

DSC00010.JPG
店外

DSC00013.JPG
メニュー

tonkotsu.JPG
豚骨ラーメン

shio.JPG
塩ラーメン

ゴールデンウィークを利用して、妻と遠出です。
福岡県北九州市、広島県廿日市市と続いた次は、島根県益田市です。
何度も書いていますが、山口市から国道9号で一本です。
信号も車も少ないので、苦になりません。
しかし、三県三様で空気が違います。
お国柄というのはあります。
お伺いをしたのは益田市の「天心」です。
地元では人気のようなので同店に決まりです。
中華と洋食の二毛作というのは珍しいです。
ラーメンのスープは豚骨、塩、醤油、そして味噌の4種類のようですが、トリラーメンや海老ラーメンもあります。
迷いましたが、豚骨と塩をお願いしました。
豚骨も塩も本格的なそれではありません。
麺も中太の縮れで、よくある冷凍食品のような感じです。
申し訳ないのですが、ラーメンにこれといったものは感じませんでした。
同店はラーメン専門店ではないので、問題ありません。

大衆食堂といった雰囲気に、居心地は良かったです。

住所:島根県益田市土井町1-4(Googleマップ
電話:0856-23-1878
営業時間:午前11時~午後2時半、午後5時~午後9時半
メニュー:豚骨ラーメン(580円)、塩ラーメン(550円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 乙丸@広島県廿日市市 ☆☆☆ [広島県廿日市市]

2019_05_04_01.JPG
店外

2019_05_04_02.JPG
メニュー

2019_05_04_03.JPG
中華そば

2019_05_04_04.JPG
塩ラーメン

ゴールデンウイークを利用して、近隣県の宿題店に遠出です。
妻と、広島県廿日市市の「中華そば 乙丸」にお伺いをしました。
昭和46年創業の老舗店です。
詳しいことは知りませんが、広島ラーメンの元祖といわれる「しまい(閉店)」と関わりがあるということで、気になっていました。
中華そばと塩ラーメンを注文しました。
大将と女将さんはかなりのご高齢のようですが、愛想もよく元気です。
お孫さんらしき女の子もお手伝い。
長期休暇のときに個人店でよく見掛ける光景です。
世界の流れはキャッシュレス、ペーパーレス等々、なんでもレスレスです。
効率化を求めることは悪いことではありませんが、昨今のレスレスは異常です。
代金を渡しにした際の女将さんの手の感触は、キャッシュレスでは感じることはできません。
手は歴史を語っています。
ボタンでメニューを注文するシステムでは、女の子の頑張りを観ることはできません。
私はラーメンに限らず、こうした人の手を介したものが好きです。
まずは中華そば。
スープは見た目は博多ラーメンですが、いただいてみると広島ラーメンです。
白濁ですが醤油感があります。
麺は中細ストレートで、腰は弱めです。
続いて塩ラーメン。
スープは見た目は博多ラーメンですが、いただいてみると塩ラーメンです。
やや白濁で、豚骨感があります。
麺は中華そばと同じです。
どちらも、面白いラーメンです。
広島ラーメンであり、広島ラーメンではありません。
大将と女将さんのこだわりラーメンです。
繰り返しになりますが、私はこうした人の手を介したラーメンが好きです。
美味しかったです。
山間部にあります。

来て良かった。

住所:広島県廿日市市友田269-2(Googleマップ
電話:0829-74-4500
営業時間:午前11時半~午後2時、午後4時半~午後10時
メニュー:中華そば(600円)、塩ラーメン(600円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華料理 中山楼(ちゅうざんろう)@福岡県北九州市戸畑区 ☆☆ [福岡県北九州市戸畑区]

2019_05_03_01.JPG
店外

2019_05_03_02.JPG
メニュー

2019_05_03_03.JPG
ラーメン

2019_05_03_04.JPG
胡麻味噌ラーメン

ネット上をウロウロしていると、興味ある記事に出会いました。
北九州市内の老舗店に関する情報があります。
さっそく、昭和7年創業の「中華料理 中山楼」が宿題入りしました。
私は老舗店が好きです。
ゴールデンウイークを利用して、妻と出かけてみました。
同店は、JR戸畑駅と若戸渡船を結ぶ道路沿いにあります。
「銀座」という住所から、昔は賑やかな通りだったのでしょう。
そういえば、旧徳山市銀座も賑やかでした。
さて、ラーメンと胡麻味噌ラーメンを注文、ごまの香りと一緒に配膳されました。
まずはラーメン。
スープは鶏がら系の優しい醤油で、塩ラーメンと言われても疑いません。
麺はやや縮れのある中細で、腰は強くありません。
あっさり塩似のスープに、胡麻感がいい感じです。
もやしの食感も好きです。
続いて胡麻味噌ラーメン。
塩ラーメン似のスープに、ピリ辛の胡麻味噌がコクを与えます。
麺はラーメンと同じで、こちらももやしがいい感じです。
中華料理店ですが、山口県の中華料理店では見掛けない、「あっさり」しながらこくを感じるラーメンです。
どこかのラーメン店の「あってり」は少しオーバーですが、「さっぱり」とは違います。
日本語は難しいですが、表現の多さが日本語の素晴らしさです。
歴史を感じさせない敷居の低さに、好感を持てます。

「深い」という日本語になりますか。

住所:福岡県北九州市戸畑区銀座二丁目4-27(Googleマップ
電話:050-5571-1612
営業時間:午前11時~午後9時半(日曜、祝日は午後9時)
メニュー:ラーメン(550円)、胡麻味噌ラーメン(600円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カルビ大福 柳井店@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2019_04_30_01.JPG
店外

2019_04_30_02.JPG
メニュー

2019_04_30_03.JPG
カルビ拉麺

すべての地上波が天皇陛下の「退位礼正殿の儀」を放送しています。
保守右翼の私としては、複雑な気持ちです。
遠くからそっと見守る程度にして欲しいです。
天皇陛下のことを、我々があれこれ言うべきではありません。
さて、平日はラーメンを食べないようにしていますが、遠方の場合は別です。
柳井市で仕事が終わったので、「カルビ屋 大福 柳井店」にお伺いをしました。
同店は山口県で同市の宿題店のひとつでした。
いつぞや、日曜の夕方にお伺いをした際は待ち客ができていたのでやめました。
この日は平日の夜だったせいか、すんなりと入店できました。
カルビ拉麺を注文しました。
結論から。
上から目線では全くありません。
よく表現してあります。
焼肉チェーン店らしい、ラーメンです。
細かいことは抜きの大らかなそれです。
スープは唐辛子ベースで、つけものいしさんが書かれているようにクッパです。
しかし、それほど辛くはありません。
色々な具材のダシも出ているようで、結構、複雑です。
麺は縮れで弾力感があります。
ラーメンは数多(あまた)ありますが、カルビを名乗ったそれはここだけかもしれません。
つけものいしさんが「ちょっと貴重な経験ができた記憶に残るラーメンでした」と書いていらっしゃいましたが、私も同感です。
本腰を入れていらっしゃるとは思いませんが、アイデア勝ちです。
私の記憶にも刻まれました、
サントリーの創業者である鳥井信治郎の口グセは、「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」です。

焼肉チェーン店の「やってみなはれ」のラーメンは、美味しかったです。

住所:山口県柳井市駅南1-17(Googleマップ
電話:0820-22-8929
営業時間:
メニュー:カルビ拉麺(690円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミスター らーめん@山口県下関市 ☆ [山口県下関市]

2019_04_29_01.JPG
店外

2019_04_29_02.JPG
メニュー

2019_04_29_03.JPG
とんこつラーメン

2019_04_29_04.JPG
みそラーメン

私は紙媒体が好きです。
出張や旅行で出掛けた際、地方紙はもちろん、その土地のタウン誌を必ず買います。
ついでにスポーツ新聞、そして夕刊フジ等のタブロイド紙も。
夜は部屋でビールを飲みながら、朝はじっくりと読むのが楽しいです。
年齢のせいか、繁華街はパトロール程度になりました。
山口県で唯一のタウン誌である「トライアングル」も毎月、買います。
タウン誌の灯を消してはいけません。
その5月号に「ミスター らーめん」が掲載されていました。
情報としては今更感がありますが、紙から伝わってくる重みがあります。
これはこれで大切なことです。
先日、その「ミスター らーめん」に妻とお伺いをしました。
下関市豊田町の集合商業施設、「ラピール」にオープンをされました。
ラーメンは、とんこつ、しょうゆ、そしてみその3種類があります。
妻とで、とんこつとみそをお願いしました。
とんこつもみそも優しいです。
中細のやや縮れのある麺も、腰は優しいです。
よって、総じて優しいラーメンです。
「ラピール」の客層は若くありません。
そうした方々には、この優しいラーメンがいいと思います。
そして、店主や女性従業員さん?の接客も優しいです。
ひらがなを多く使ったメニューも優しいです。
先日、大阪市と神戸市に行きました。
しかし、人の多さは東京ほどではありませんでした。
東京一極集中を感じました。
そんなことを考えながら、豊田町での「ラピール」の大きさを感じました。
「ラピール」の灯も消してはいけません。
私は昭和生まれです。
昭和のミスターといえば長嶋さんです。

長嶋さんのように、豊田町の明るく元気なラーメン店であって欲しいです。

住所:山口県下関市豊田町大字中村5 ラピール(Googleマップ
電話:
営業時間:午前10時半~午後9時
定休日:
メニュー:とんこつラーメン(550円)、みそラーメン(550円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

揚子江ラーメン@大阪府大阪市北区 ☆☆ [大阪府大阪市北区]

2019_04_28_01.JPG
店外

2019_04_28_02.JPG
メニュー

2019_04_28_03.JPG
メニュー

2019_04_28_04.JPG
ラーメン

大阪市での2件目は「揚子江ラーメン」です。
昭和39年創業の、塩ラーメンの店です。
大阪駅?梅田駅?の近くにあります。
しかし、大阪駅?梅田駅?の周辺は、平日にもかかわらず人が多いです。
これが休日だと、もっと凄いのでしょう。
人ごみに疲れます。
田舎者の私は、山口市ぐらいがちょうどいいです。
地下に降りていきます。
基本のラーメンを注文しました。
透明なスープはあっさりながらもコクがあり、塩が強めに効いています。
麺は細いストレートで、腰は強くありません。
つるつるした食感です。
山口県界隈では見掛けないラーメンです。
草食系です。
珍しいです。
面白いです。
いや、楽しいです。

大阪でしかいただけないラーメンだそうで、その不思議な味に魅了されました。

住所:大阪府大阪市北区角田町1-20 フキヤビル B1F(Googleマップ
電話:06-6312-6700
営業時間:午前10時半~午後11時
定休日:木曜
メニュー:ラーメン(670円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -