So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

中華そば 河上商店@山口県宇部市 ☆ [山口県宇部市]

2018_12_17_01.JPG
店外

2018_12_17_02.JPG
メニュー

2018_12_17_03.JPG
メニュー

2018_12_17_04.JPG
トリュフ薫る醤油ラーメン

2018_12_17_05.JPG
塩ラーメン

周防大島町の断水が普及しました。
本当に良かったです。
応援を込めて、「城山食堂」と「うどん のち」にお伺いをしようと思っています。
妻と、宇部市の「中華そば 河上商店」にお伺いをしました。
店外に目をやると「煮干し」の文字が目を引きます。
煮干しラーメンが売りのようです。
また、塩ラーメンは新発売のようです。
入店をすると「トリュフ薫る」の文字が目を引きます。
デフォルとは醤油ラーメンでしょう。
トリュフ薫るそれと、塩ラーメンを注文しました。
元気で明るい接客に情熱を感じます。
まずはトリュフ薫る醤油ラーメン、スープは特異な臭いがします。
「トリュフ」のそれでしょうか。
恥ずかしながら「トリュフ」がどういったものか知りません。
広辞苑で引くと、「松露(しょうろ)に似た茸(きのこ)の一種。3~10センチメートルの塊状で土中にできる。
フランス南西部ペリゴール地方の産は有名。
特異な臭いがあるので、イヌ・ブタの嗅覚を利用して採集。
フォアグラ・キャビアと共に世界三大珍味といわれ、高級フランス料理に用いる」とあります。
書いてみましたがよく分かりません。
とにかく特異な臭いが強いので、煮干しが全く分かりません。
トリュフはトッピングで良いと思います。
しかし、それを売りにするのであれば、このままとことん薫って欲しいです。
「くさや」の様に、はまればはまると思います。
私は苦手だったので、トリュフ薫らない煮干し醤油ラーメンをいただいてみたかったです。
一方の塩ラーメン、スープはよく見掛ける澄んだスープの「清湯(ちんたん)」ではなく、白く濁った「白湯(ぱいたん)」です。
コクを感じます。
おおざっぱに言うと、「清湯」を煮込むと「白湯」になります。
麺はどちらも同じの中細ストレートです。
腰はそれほど強くありませんが、それがスープの邪魔をしていません。
どちらも面白いラーメンで、暗中模索を感じます。
この正直さに好感をもてます。
ところで、宇部市はノーベル医学生理学受賞の本庶 佑(ほんじょ たすく)さんが学ばれた地です。

河上“トリュフ研究所”として大化けして欲しいと願います。

住所:山口県宇部市大字川上201(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後9時
定休日:火曜
メニュー:トリュフ薫る醤油ラーメン(800円)、塩ラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

竹の家@広島県広島市南区 ☆ [広島県広島市南区]

2018_12_14_01.JPG
店外

2018_12_14_02.JPG
メニュー

2018_12_14_03.JPG
中華そば

カープの丸選手が巨人に移籍をしました。
批判的な意見がありますが、権利を行使したので良いことだと思います。
素晴らしい。
丸選手にはエールを送ります。
そう言えば、新井選手が阪神に移籍をした広島での試合でブーイングが起こりました。
カープファンのワシとしては、「こんならあ、なにを言よるんか…、ケツの穴のこまいバカたれじゃのお…」、と情けなくなりました。
日本人にあらざる行為、恥を知れ!、と言いたいです。
カープの暗闇を知らない市民、県民が多いです。
サンフレもそう、市民球場跡地もそう、もっと言えば、広島空港、広島大学もそう。
丸選手を拍手で送ってこそ、ホンマのカープファンです。
さて、急きょ仕事で広島市に泊まりとなりました。
せっかくなのでラーメンと思い、前日は「龍王」、翌日は「竹の家」にお伺いをしました。
ちなみに、次回は廿日市市の「乙丸」が宿題です。
老舗店が気になります。
その「竹の家」、昭和26年の創業だそうです。
大衆食堂ですが中華そばがあります。
暖簾の、しかもド真ん中に記してあります。
ラーメン好きとしては嬉しいです。
店内は静かです。
ガラスケースに小鉢が用意してあります。
良いです。
スポーツ新聞を片手に酒を呑む人もいらっしゃいます。
昨今のファミレスにはない、昭和のしっぽりとした雰囲気が好きです。
マニュアルに縛られない愛想も良いです。
中華そば、スープは醤油豚骨で広島ラーメンになっています。
しかし、やや薄いです。
麺ももやしも含めて、広島ラーメンでしょうか。
いずれにせよ、こうした老舗の大衆食堂にご当地ラーメンがあることが素晴らしいです。

歴史をいただきました。

住所:広島県広島市南区宇品東一丁目4-13(Googleマップ
電話:082-249-4085
営業時間:午前9時~午後1時半、午後4時半~午後9時
定休日:
メニュー:中華そば(400円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

龍王@広島県広島市中区 ☆ [広島県広島市中区]

2018_12_12_01.JPG
店外

2018_12_12_02.JPG
メニュー

2018_12_12_03.JPG
龍王ラーメン・醤油味

広島市の「龍王」にお伺いをしました。
ホームページはこちらです。
暖簾には「創立51年」とありますが、2年前に新調したので現在は「創立53年」だそうです。
ということは来年は「創立54年」になります。
どうせならば、「昭和40年創業」と記せば良かったと思うのですが。
広島市で最も古い中華料理店だそうで、ずっとこの薬研堀(やけんぼり)で営業をされていらっしゃるそうです。
その薬研堀から流川(ながれかわ)は広島市の歓楽街です。
お伺いをした日は平日ですが、天気が悪いにもかかわらず人が多いです。
さすがに中四国地方で一番のそれです。
田舎者の私は圧倒されます。
店名のある龍王ラーメン・醤油味をお願いしました。
スープは一見、何でもない薄い醤油豚骨に感じますが、結構、複雑です。
舌をくるくる動かします。
仕事の帰りなので素面(しらふ)です。
中細のストレート麺は、エッジが効いています。
腰は弱めです。
ラーメン専門店ではないのでそこまでとは思いませんが、酔い客を相手にしたちょちょいのちょいではありません。
場所がら、酔い客がなだれこんで来ます。
まさしく、警察24時の六本木交番です。

ラーメンもそう、大将もそう、老舗の貫禄を感じました。

住所:広島県広島市中区薬研堀1-13(Googleマップ
電話:082-249-4085
営業時間:午後5時~午前3時(日曜、祝日は午前2時)
定休日:
メニュー:龍王ラーメン・醤油味(650円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメンショップ 湯田店@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2018_12_01_01.JPG
店外

2018_12_01_02.JPG
券売機

2018_12_01_03.JPG
ねぎラーメン

秋篠宮文仁親王がテレビで発言をしていらっしゃいます。
保守右翼の私としては複雑な思いです。
くだらない週刊誌を含めたマスコミが、皇室に関して騒ぐのはいかがなものかと思います。
今年のラーメンは今年のうちに。
さて、ネギラーメンを欲っしたので、近くの「ラーメンショップ 湯田店」にお伺いをしました。
久し振りになります。
ねぎラーメンを注文です。
しかし、ラーメンショップに必需の豆板醤がありません。
店内を見渡してみてもありません。
残念感に全身を覆われました。
ちなみに、にんにくはありました。
いただくに全く美味しくありません。
食べるという作業がもくもくと続きます。
下世話な週刊誌が、気持ちを紛らわせてくれます。
ん…、やはり美味しくありません。
ネギラーメンの中毒性は、このどうしようもないラーメンに豆板醤とにんにくの化学反応があってこそ、起こるようです。
「クリープのないコーヒーなんて…」というコマーシャルがありました。
にんにくはまだしも、「豆板醤のないネギラーメンなんて…」です。

よく分かりました。

住所:山口県山口市湯田温泉六丁目3-10(Googleマップ
電話:083-928-5374
営業時間:
定休日:
メニュー:ねぎラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 壇@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2018_11_29_01.JPG
店外

2018_11_29_02.JPG
メニュー

2018_11_29_03.JPG
煮干しあっさり

2018_11_29_04.JPG
海老そば

一部ですが、周防大島町で水道が復旧をしたようです。
良かったです。
全面復旧をした際にはラーメンをいただきに参りたいと思います。
今年のラーメンは今年のうちに。
妻と「中華そば 壇」にお伺いをしました。
煮干しラーメンが売りのようです。
入り口に、煮干しのオブジェと試食が置いてあります。
こうしたアイデアは、煮干しに対する情熱を感じるとともに、入店する客に安心感を与えます。
素晴らしい。
メニューに「自分に厳しく仕込んでます」とありますが、他人(客)に優しいのであれば、それほど自分に厳しくする必要はないと思います。
私は「ぶっとび亭」にお伺いをしたことはありませんが、看板にあるようにプロデュースをしてあげて下さい。
基本と思われる煮干しあっさりと、対極と思われる海老そばをお願いしました。
開店直後に入店しましたが、あれよあれよで満席です。
良いことです。
ところで、ほとんどの待客がスマホをいじっています。
まずは煮干しあっさり。
配膳された瞬間、といっても入店した瞬間からですが、煮干しの香りがプンプンします。
これが煮干しではなく豚であれば、間違いなく「魁龍 小倉本店」レベルです。
私の名店八選である「中華そば たちばなや」の煮干し感はじわっときますが、こちらはガツンときます。
中細麺も腰が強く、煮干しに負けていません。
こうなると、こく煮干しが気になります。
一方の海老そば。
海老の香りはプンプンしません。
しかし、飲んでみると舌先と鼻先にフワッとします。
スープに玉ねぎが入っています。
麺の強さとのバランスを取るために玉ねぎを入れているのかも、と穿った見方をしてしまいます。
玉ねぎの入っていない海老スープの優しさを味わってみたかったです。
しかし、同店の力強い煮干しラーメンは「たちばなや」や「瀬戸内ラーメン 大島」とは違います。
両店とは差別化されているので、これはこれで面白いです。
客が多いはずです。

まさしく「瀬戸内産 煮干の香り、ご賞味あれ」です。

住所:山口県山口市小郡下郷3383(Googleマップ
電話:090-5701-0096
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:日曜、祝日
メニュー:煮干しあっさり(750円)、海老そば(830円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 陽気@広島県広島市中区 ☆☆☆ [広島県広島市中区]

2018_11_28_01.JPG
店外

2018_11_28_02.JPG
メニュー

2018_11_28_03.JPG
中華そば

山口市民なので広島のラーメン事情に詳しくありません。
気になる店は多くあります。
各市町村の老舗店、例えば呉市の「モリス」や三次市の「矢野屋」がそれです
広島市でいえば、「寿楽亭」が気になります。
広島ラーメン」では、小鳥系と言われる「中華そば 寿々女」や「中華そば うぐいす」はもちろん、最も歴史の長い「しまい(閉店)」にはお伺いをしました。
今回お伺いをした「中華そば 陽気」も、「大手町店」に行っているので“江波 陽気”はいいかなあ、と思っていました。
しかし、機会ができました。
いえ、作りました。
メニューは中華そばしかありません。
潔いです。
醤油豚骨のスープに中細ストレート麺が絡みます。
普通のラーメンですが、普通の凄さを感じます。
店内には歴史の重さが漂っていますが、明るい対応です。
色々と話しをお伺いすることができました。
ところで、前にも書いたように「広島ラーメン」で最も歴史の長い店は「しまい」でした。
しかし、この手の話しになると同店が前にでることはありませんでした。
決まって“江波 陽気”です。
その「しまい」、後継の話しを聞きません。
今回、“江波 陽気”にお伺いをしてその謎が少し解けました。
やはり「広島ラーメン」を代表する店に偽りはありません。
老舗店の貫禄があります。

広島のスタンダードは、幸せを感じる一杯でした。

住所:広島県広島市中区江波南三丁目4-1(Googleマップ
電話:082-231-5625
営業時間:午後4時半~午前0時
定休日:毎月、1日、12日、13日、26日
メニュー:中華そば(600円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン 龍@山口県山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

2018_11_27_01.JPG
店外

2018_11_27_02.JPG
看板

2018_11_27_03.JPG
粉雪 味噌ラーメン

忙しいのを百も承知で。
といっても開店直後にお伺いしたので客は私からです。
用事で前を通ったので、久し振りにお伺いをしました。
入り口に「粉雪 今年の冬もこの一杯をあなたに… 味噌ラーメン 数量限定 2019年2月末まで」の看板があります。
よって、それを注文しました。
山陽小野田市の「ラーメン 龍」です。
店内は相変わらず、元気で明るいです。
客が気を使う雰囲気の店主に、勉強に来て欲しいです。
味噌スープは旨味成分のせいでしょうか、メリハリを感じます。
シャープな印象です。
麺は中細でやや縮れがあります。
味噌ラーメンというと縮れのある中太麺が多いので、こちらもシャープな印象です。
なるほど、今風の味噌ラーメンです。
老婆心ながら苦言を。
「粉雪」であれば、粉チーズとコーンを(大変でしょうが)きれいに入れた方が良いと思います。
こうしたラーメンは見栄えが大事ですし、SNSもあります。
いずれにせよ、これからの季節に「粉雪」は面白いです。
さすが、「ラーメン 龍」です。
こうなると、「クリスマスラーメン」なんていかがでしょうか。
粉雪にトナカイは無理にしても、鹿の肉を。
ジビエラーメンになってしまいます。
全くの無責任です。
しかし、クリスマスにラーメンなんてシャレオだと思います。

久し振りの同店ですが、波長が合います。

住所:山口県山陽小野田市大字有帆495(Googleマップ
電話:0836-39-7729
営業時間:午前10時半~午後9時半
定休日:水曜
メニュー:粉雪 味噌ラーメン(800円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口 petit ラーメン案内 [その他]

山口県のラーメンに関して。
フェイスブック、ツイッター、そして、私を含めたブログ等で情報が飛び回っています。
その日、その日のラーメンもいいです。
しかし、大きな情報も面白いです(笑)。
それに関して、大御所が総括をされたものがあります。
山口 petit ラーメン案内」です。
私も参考にさせていただきました。
このまま埋もれさせるにはもったいないと思い、勝手に掘起こしました。

山口県のラーメンを話すのであれば、一度は読んでおいて欲しい文献(笑)です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

米蔵(よねぞう)@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2018_11_20_01.JPG
店外

2018_11_20_02.JPG
メニュー

2018_11_20_03.JPG
メニュー

2018_11_20_04.JPG
手打ち中華そば・元味

2018_11_20_05.JPG
手打ち中華そば・新味

「洋RUN 柳井本店」が、周防大島町民のために中華そばで応援をしました。
今朝のニュースでも報道されていました。
素晴らしいです。
今回の件について私は何もできませんが、落ち着いたら、またラーメンを食べにいくつもりです。
同店にエールを送るとともに、周防大島町の一日も早い復旧を願います。
さて、あの侍が帰ってきました。
家督を後継者に譲り、長州藩を脱藩。
尼崎藩へ行くも、その後、福岡藩へ。
そして、「山」として平成29年8月に長州へ帰藩されました。
侍山根さんです。
その後、屋号を「米蔵」に改められました。
倒幕を協議する秘密の料亭でしょうか。
屋号が掲げてありません。
ようやくお伺いをすることができました。
開店の午前11時前に妻と並びました。
メニューは、懐かしい山根フォントで書かれています。
すぐに満席となり、待ち客もできました。
手打ち中華そばの元味と新味をお願いしました。
旨い。
私の貧弱な語彙力では、侍山根さんの中華そばを描けません。
世が世であれば、切腹かもしれません、
ところで、今の店では侍山根さんの仕事が見えません。
以前の「侍」では武士の姿を拝見できたので、これは非常に残念です。

侍山根さんの手打ち中華そばに、改めて「武士道」を感じました。

住所:山口県山口市平野一丁目3-14(Googleマップ
電話:080-2946-0650
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:火曜
メニュー:手打ち中華そば・元味(600円)、手打ち中華そば・新味(600円)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

大衆食堂 らいらい@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2018_11_19_01.JPG
店外

2018_11_19_02.JPG
メニュー

2018_11_19_03.JPG
ラーメン

岩国市の「大衆食堂 らいらい」が復活をしました。
昨年の12月に四代目が同店を引き継ぎましたが、わずか5か月で閉店。
その後しばらく休みが続き、去る11月15日に、三代目が五代目をサポートするかたちで営業を再開されました。
久し振りの訪問です。
同店はJR岩国駅前の、アーケード街の“一丁目一番地”にある老舗店です。
創業から50年になるそうで、やはり、ここの灯りがついていないと寂しいです。
店外もそうですが、当然、店内も昭和の大衆食堂そのままです。
懐かしいです。
さっそくラーメンを注文しました。
スープは、あっさりというかさらっとした豚骨醤油です。
豚骨感、醤油感ともに非常に薄いです。
麺はストレートで細く、加水率がやや高めなのか、くちゃくちゃとした食感がします。
昨今の濃い味付けのラーメンを食べていると物足りなく感じると思いますが、私はこれはこれで嫌いではありません。
さっぱりして好きです。
そして、三代目、五代目の人情をいただけたのも良かったです。
しかし、こうしたラーメンを探すのが大変な時代になりました。
大衆食堂でいただくラーメンもいいものです。

同店の繁盛を祈念いたします。

住所:山口県岩国市麻里布町二丁目2-7(Googleマップ
電話:0827-24-0088
営業時間:午前11時~午後9時半
定休日:水曜
メニュー:ラーメン(600円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -