So-net無料ブログ作成
島根県鹿足郡津和野町 ブログトップ

レストハウス げんごろう@島根県鹿足郡津和野町 ☆ [島根県鹿足郡津和野町]

2016_07_17_01.JPG
店外

2016_07_17_02.JPG
メニュー

2016_07_17_03.JPG
ラーメン

国道9号を北上するたびに、ラーメンの幟が気になっていました。
レストハウス げんごろう」です。
島根県鹿足郡津和野町にありますが、津和野と言っても観光地のそことは違います。
国道9号沿いの山奥に位置し、近くには「道の駅 シルクウェイにちはら」があります。
店外には“いのしし肉”の看板が掲げてあります。
場所柄、いのししが捕れる様です。
店内は、まさしく昭和のレストハウスで、純喫茶風です。
素晴らしい。
山陰地方には、こうした建物がまだまだ残っています。
ラーメンを注文をしました。
そのラーメン、スープの出所が良く判りません。
とにかく薄いです。
豚骨でもありませんし、醤油でもありません。
また、化調の味もしません。
申し訳ありませんが、お湯です。
麺は、市販の冷凍の様な雰囲気です。
ラーメン専門店では無いので百歩を譲りますが、幟を掲げているのであれば、もう少しどうにかと思いました。
ラーメンに情熱はありません。
しかし、“いのしし”があるではありませんか。
いのししを使ってラーメンを、と、余計な事を考えてしまいました。
ラーメンを中心に万物は回っていません。
まずは、ラーメンを提供をして下さることに感謝をしなければなりません。
辺りにラーメン店が無いだけにもったいないです。

いのししラーメン、土壌があるだけに、突き詰めれば受けると思いますが。

住所:島根県鹿足郡津和野町河村543-4(Yahoo!地図
電話:0856-74-0247
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:木曜
メニュー:ラーメン(400円)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん屋@島根県鹿足郡津和野 ☆ [島根県鹿足郡津和野町]

2015_12_14_01.JPG
店外

2015_12_14_02.JPG
メニュー(券売機)

2015_12_14_03.JPG
とんこつラーメン

山口県内の道の駅で、ラーメンを専門で提供しているところは皆無です。
その道の駅、賑わっているところもあれば閑古鳥のところもありますが、総じて言えば人が集まっています。
このインフラをラーメンに上手く活用できないものかと、ラーメンが好きな私何ぞは思います。
お隣、島根県の道の駅「シルクウェイにちはら」には、ラーメン専門のお店が入っています。
屋号は「らーめん屋」で、まさしくそのままです。
寄る度に一度はと思っていました。
とんこつ、醤油、味噌、そして塩とフルラインナップです。
過度の期待はしていません。
デフォルトと思われるとんこつラーメンを注文しました。
結論から。
フードコートのラーメンです。
麺は中細ですが、腰はありません。
量が比較的多いです。
スープは非常にあっさりしています。
そして、紅しょうがが載せてあります。
画像そのままの、フードコードのラーメンです。
よって、特別な感想はありません。
しかし、道の駅でラーメンを専門で提供されることにアッパレ!です。
この辺りは山間部で、商業施設が他にありません。
地元の方にとっては、ラーメンの提供はありがたいと思います。
きっと。

まあ、こんなものでしょう。

住所:島根県鹿足郡津和野池村1997-4(Yahoo!地図
電話:0856-74-2045
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:
メニュー:とんこつラーメン(650円)
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

田舎もん@島根県鹿足郡津和野町 ☆ [島根県鹿足郡津和野町]

2015_07_11_01.JPG
店外

2015_07_11_02.JPG
メニュー

2015_07_11_03.JPG
ラーメン

いつぞや書きましたが、私は車中では地元のAMラジオ民間放送を聴いています。
山口県に限りません。
交通情報が一番の理由ですが、ご当地ならではの情報も味があります。
ところで、島根県にはラジオの民間放送局がありません。
鳥取県の山陰放送が同県をカバーしています。
ところが、この山陰放送は島根県津和野町では受信できません。
同県益田市まで来てようやく受信できます。
ちなみに津和野町で山口放送は十分に受信できます。
山口県から津和野町に入るたびに、山陰放送のいいかげんさを感じます。
さて、同町の洋食専門店の「田舎もん」にラーメンがあるようなので妻とお伺いしました。
プレグルさんのブログで知りました。
ラーメンのいきさつも説明してあります。
その「田舎もん」、国道9号線のいわゆる“津和野”の入り口の大鳥居の向かい側にあります。
気持ちの良い女将さんが接客に来られました。
インターネットで同店を拝見した旨を伝え、ラーメンを硬麺で注文しました。
しかし、麺はちゃんぽんと同じ軟らかい麺を使っているので無理だと丁重に断られました。
結論を先に。
ラーメンは積極的ではないようです。
メニューには「一日限定8食」と書いてありますが、この限定も消極的的な理由からだと洞察します。
女将さんとの会話から伝わって来ます。
色々と話しをて下さいました。
ありがたいです。
もともとはうどん店だったそうで、紆余曲折を重ねて洋食に絞ったそうです。
そのラーメン、麺はちゃんぽんと同じものだそうです。
またチャーシューは、以前は味付けをして出されていたそうですが、現在は既製品のハムにされたそうです。
しかし、スープだけは自家製だそうです。
鶏がらで非常にさっぱりしています。
特徴はありません。
ラーメンは完全にリストラ対象です。
しかし、女将さんの正直な人がらで何とか解雇されずに済んでいます。
ところで、津和野にはラーメン店がありません。
人が集まるところなので、ラジオはもちろんラーメンは必要です。

女将さんの誠実さと大将のいろはがあれば、津和野を代表する立派なラーメンができると思います。

住所:島根県鹿足郡津和野町中座1262-1(Yahoo!地図
電話:0856-72-0246
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(580円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
島根県鹿足郡津和野町 ブログトップ