So-net無料ブログ作成
検索選択
山口県熊毛郡平生町 ブログトップ

シーサイドホテル上関@山口県熊毛郡平生町 ☆☆☆ [山口県熊毛郡平生町]

2017_04_29_01.JPG
店外

2017_04_29_02.JPG
メニュー

2017_04_29_03.JPG
上関海鮮らーめん

「澄んだ海、澄んだ空、光る海
さあ!潮風に乖って心を洗う
緑の風に自然とキッス!
全てがやさしく人を包む上の関」
シーサイドホテル上関」のフロントにあった手作りのパンフレットに記してありました。
何とも言えない味を感じます。
ラーメンを頂きに妻とお伺いをしました。
そのラーメン、入口には「名物 瀬戸貝らーめん」とあります。
ホームページにもそうあります。
しかし、メニュー表には「上関海鮮らーめん」とあります。
細かいことですが、統一された方が良いと思います。
私は上関と言う地名を冠したメニュー名を押します。
その上関海鮮らーめん、美味しかったです。
スープは優しい塩味で、魚介の複雑さはありません。
エッジの効いた細麺は腰はありません。
しかし、この腰の無さが非常に良いです。
ラーメンに合っています。
何でも勘でも腰の強い麺が良いというものではありません。
スープと麺の調和を感じます。
そしてこのラーメンの売りである「瀬戸貝」の唐揚げがトッピングで入っています。
面白いです。
そして、料理長の心意気を感じます。
私はこのラーメンに出会うまでは、「瀬戸貝」というものを知りませんでした。
ところで、上関町に表立った観光資源はありません。
知恵を出していない道の駅は魅力が全くありません。
しかも、必要の無い原発を押し付けられています。
同町は本当に可愛そうです。
「上関海鮮らーめん」に、そうした町をラーメンで興そうと言う気持ちを感じます。
パンフレットもそう、前日の電話もそう、接客のご高齢の女性もそう、そして海に向けられたテーブルもそう。
全てが手作り、手探りですが、それがまた美味しかったです。

瀬戸貝を使った「上関海鮮らーめん」が上関町に人を呼び込むにはまだまだでしょうが、こうした取り組みは垣根無しに応援です。

住所:山口県熊毛郡平生町尾国20-1(Yahoo!地図
電話:0820-58-0555
営業時間:午前11時半~午後2時
定休日:火曜
メニュー:上関海鮮らーめん(900円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺鮮醤油房 周月 山口平生店@山口県熊毛郡平生町 ☆☆ [山口県熊毛郡平生町]

2016_09_04_01.JPG
店外

2016_09_04_02.JPG
らーめん・麺ハーフ

山口拉麺維新 2016」も残り21日になりました。
未訪の方は、ぜひぜひ参加をして下さい。
その参加店の一つの「麺鮮醤油房 周月 山口平生店」に、妻とお伺いをしました。
山口県の田舎にありますが、お客が多いです。
美味しいラーメンがあれば、場所はどうでも良い証明です。
同店は、つけそばが有名ですが、私はつけそばや、つけ麺の類が好きではありません。
よって、らーめん・麺ハーフを注文しました。
魚介の効いた濃厚の醤油スープは力強いです。
辛くはありません。
自家製の中太麺はモチモチしています。
今風です。
若い方の感性がラーメンに溢れています。
情熱を感じます。
年齢を重ねた私の様な、屁理屈がありません。
しかし、周りを見渡すと皆さん、つけそばを食されています。
ところで、リオデジャネイロパラリンピックがこの8日から始まります。
ラーメン店を巡っていますが、車いすの方にお会いをした事がございません。
不思議です。
確かに、そうしたスペースのある店は少ないです。
しかし、山口県のラーメン店の方は、暖かく持て成して下さると思います。
ぜひ、山口県の美味しいラーメンを食べに出かけて頂きたいと願います。
その半面で、商業施設の障害者スペースに健常者でありながら平気で車を停める輩(やから)がいます。
日本人として情けないです。
老若男女を問わず、恥を知らない日本人が多いです。
天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)。
天の網は広大で目は粗いようだが、そこから漏れることはないということで、悪事には、遅かれ早かれ天罰が下るという意です。

真っ直ぐなラーメンは、このまま突き進んで欲しいです。

住所:山口県熊毛郡平生町大字大野南273-3(Yahoo!地図
電話:0820-56-4300
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:水曜
メニュー:らーめん・麺ハーフ(650円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

竹ちゃん@山口県熊毛郡平生町 ☆☆ [山口県熊毛郡平生町]

2015_03_19_01.JPG
店外

2015_03_19_02.JPG
メニュー

2015_03_19_03.JPG
ラーメン

平生(ひらお)町の「竹ちゃん」に妻とお伺いしました。
宿題店でした。
大将、女将さんともご高齢です。
その女将さん、愛想は全く全く全くありません。
話しかけても難しい顔をしていらっしゃいます。
笑うと損をするのでしょうか。
ラーメンをいただくのに影響はありませんが、人間、やはり笑った方がいいと思います。
短い時間でしたが、女将さんから色々と学びました。
さてラーメン。
寡黙ですが、笑顔で会される大将が作られます。
いいラーメンです。
醤油スープです。
濃い味付けですが、「徳山醤油ラーメン」のようなバチバチの醤油濃いさではありません。
何でしょう。
素材ではないでしょうが。
文章に起こせません。
大将は中華料理店にいらっしゃったということです。
なるほど、中華料理店のラーメンといった雰囲気です。
しかし、サイド的な簡素さは感じません。
専門店顔負けのラーメンです。
硬麺でお願いをした中細麺は腰は弱いですが、いい塩梅です。
チャーシューが角煮で入っています。
これが素晴らしいです。
ホロホロ来ます。
まさしく、中華料理店専門といった雰囲気です。
大将はラーメンはもとより、この角煮のチャーシューを食べさせたかったのではないでしょうか。
美味しいです。
女将の愛想のなさも、このしっかりしたラーメンを前にすれば吹っ飛びます。
「竹ちゃん」のある山口県熊毛郡平生町は、人口が1万3千の小さな町です。
しかし、ラーメン店が多いです。
釜八」はうどん店ですが、ラーメンが気になります。
先日お伺いした「一福来」は、抜群です。
山口拉麺維新2014に参加の「麺鮮醤油房 周月」は、とんとご無沙汰です。
応援をしていたカープファンの「大黒店」は、残念ながら閉店されました。
平生町には「平生ラーメン」といったものはなく、各々で独自のラーメンを提供されてらっしゃいます。
同町の観光協会ホームページには、ラーメン店は全く紹介されていません。
しがらみが色々とあるのでしょう。
もったいないです。

平生町にはラーメンのエネルギーを感じます。

住所:山口県熊毛郡平生町大字平生村153-8(Yahoo!地図
電話:0820-56-0558
営業時間:午前11時半~午後2時、午後4時~午後8時
定休日:木曜
メニュー:ラーメン(600円)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

一福来@山口県熊毛郡平生町 ☆☆☆ [山口県熊毛郡平生町]

2014_11_22_01.JPG
店外

2014_11_22_02.JPG
メニュー

2014_11_22_03.JPG
ラーメン

妻と平生町の「一福来(いっぷく)」にお伺いしました。
ちょっとの間やすむことを意味する「一服」にかけてあるのでしょうか。
中心部から少し離れた住宅街にあります。
柳井駅前にあった「麺処 大黒天」が近くに移転されていました。
山口拉麺維新に参加の「鮮麺醤油房 周月」や、昨年オープンされた「竹ちゃん」もあります。
また、「さぬきうどん 釜八 平生店」ではラーメンの提供もされてらっしゃるようで、商圏人口を考えると、平生町はちょっとしたラーメン激戦区かもしれません。
デフォのラーメンと、魚介とんこつスープのラーメンとを硬麺で注文しました。
しかし、きれいにされていらっしゃる店内は気持ちがいいです。
そのラーメン、メニューには豚骨醤油と書いてありますが、醤油ラーメンです。
酸味を感じるスープには大将のこだわりを感じます。
平打ちの細麺は、腰が長続きをします。
魚介とんこつスープの方は当然、魚介を強く感じます。
チャーシューは、ほろほろっととろけます
「店主は和食料理人を30年勤めたという異色の経歴の持ち主。材料にこだわりぬいた極上スープをぜひご賞味ください」。
同町商工会にはこう紹介してあります。
なるほど、納得です。

和食料理人さんが作るラーメンは和風の醤油ラーメンで、とてもおいしかったです。

住所:山口県熊毛郡平生町大字平生村860-2(Yahoo!地図
電話:0820-56-8258
営業時間:午前11時半~午後2時(平日)、午前11時半~午後2時半、午後5時~午後8時(土曜、日曜)
定休日:月曜
メニュー:ラーメン(600円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
山口県熊毛郡平生町 ブログトップ