So-net無料ブログ作成
検索選択
広島県広島市安佐南区 ブログトップ

ひろしまランメン@広島県広島市安佐南区 ☆☆ [広島県広島市安佐南区]

2013_12_22_01.JPG
店外

2013_12_22_02.JPG
メニュー

2013_12_22_03.JPG
醤油ランメン

広島市の旧国道54号線沿いにある「ひろしまランメン」にお伺いしました。
気にはなっていましたが、さほど気にしていませんでした。
旧国道54号線は片側二車線で、それはそれは交通量が多い道路です。
右側車線を走れば右折の車で、左側を走ればバスで支えます。
右に左にとレーンチェンジの状況判断を要求されます。
西で言うと、北九州市門司区の国道3号線の小森江付近が同じ雰囲気です。
山口県内でこうした道路はありません。
バスが多いとこうなるのでしょうか。
都会は大変です。
その「ひろしまランメン」、広島センター街にあった時は何度かお伺いしました。
250円と言う価格の安さだけで、味はほとんど覚えていません。
卵麺=ランメン、と言う響きは印象に残っています。
広島フリークの私にとっての広島ラーメンのデビューは、広島センター街の「ひろしまランメン」です。
ここの店は初めてです。
あの“ランメン坊や”も健在でした。
広島市をイメージするニ大キャラクターは、“カープ坊や”と“ランメン坊や”だと思います。
デフォの“醤油ランメン”を硬麺で注文しました。
センター街の時も“醤油ランメン”だったような気がします。
卵麺は懐かしいです。
スープは全く記憶にありません。
広島センター街で流れていたあの曲だけは記憶にあります。
「楽しさがくるくると、みんなが楽しく回る街、紙屋町、みんなの広島センター街」
店の雰囲気は明るく、元気で気持ちが良かったです。

卵麺は懐かったです。

住所:広島県広島市安佐南区西原六丁目9-28(Yahoo!地図
電話:082-874-1027
営業時間:午前11時~午前0時
定休日:
醤油ランメン:600円
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

しまい@広島県広島市安佐南区 ☆☆☆ [広島県広島市安佐南区]

2012_11_25_01.JPG
店外

2012_11_25_02.JPG
メニュー

2012_11_25_03.JPG
中華そば

サンフレがJ1で初優勝しました。
ファンの私としては嬉しいです。
後はカープの優勝です。
新横浜ラーメン博物館の“広島ラーメン”を拝見すると、地元の主な店として「陽気」、「すずめ」等が紹介されています。
私はこの二店に訪問したことがありません。
開店が夕方だからです。
そして、「陽気」や「すずめ」型の源流は「しまい」とあります。
この地元な主な店に「しまい」が入っていないことに納得が行きません。
その「しまい」に久し振りにお伺いしました。
茶褐色の豚骨醤油のラーメンです。
麺は中太です。
そしてもやしが乗っています。
山口市や北九州市では滅多に(ほとんど)みかけないラーメンです。
所が変われば品も随分変わります。
ラーメンは本当に素晴らしい食べ物だと感じます。
「陽気」や「すずめ」にお伺いしてみたいのですが、広島ラーメンに関して言えば「しまい」でいいのかなあと思っています。
なんといっても広島ラーメンの源流ですし、美味しいからです。
ただ単に面倒になっています。
こんなことではいけません。

女将に「陽気は暖簾分けではありません」、と難しい顔をして言われたことが気になっています。

住所:広島県広島市安佐南区大町西一丁目1-3 (Yahoo!地図
電話:082-870-7506
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:水曜
中華そば:550円
nice!(0)  コメント(0) 
広島県広島市安佐南区 ブログトップ