So-net無料ブログ作成
検索選択
山口県山陽小野田市 ブログトップ
前の10件 | -

ラーメン・韓国家庭料理 プルパン@山口県山陽小野田市 ☆☆☆ [山口県山陽小野田市]

2017_06_28_01.JPG
店外

2017_06_28_02.JPG
メニュー

2017_06_28_03.JPG
ラーメン

妻と山陽小野田市の「ラーメン・韓国家庭料理 プルパン」にお伺いをしました。
ところで、看板に韓国料理とあるので、ラーメンも香辛料の効いた坦々麺風のそれかと思ってしまいます。
しかし、同店は博多ラーメンだったので、ラーメンと韓国家庭料理の並列はイメージとして少し損をしているのではと思います。
午前11時過ぎにお伺いをしました。
元気な女将さんが「開店は午前11時半からですが、店の中で待っていても構いません」と言われたので、お言葉に甘えることにしました。
その元気な女将さんは福岡市ご出身でありながら、カープのシャツを着ていらっしゃいました。
博多弁のカープ女子に違和感を覚えますが、カープファンの私としては、それだけで☆三つです。
元気な女将さんがおっしゃるに、昔ながらの博多ラーメンを山口県でも提供をしたいとの想いでラーメンを始められたそうです。
義理人情と浪花節に私は弱いです。
☆三つです。
とにかく心意気が素晴らしいです。
愛想の無いラーメン店は、いくら美味しくてもダメです。
そのラーメン、あっさり豚骨です。
そして、まろやかです。
麺は細くストレートです。
福岡ご出身ながら宇部ラーメンの牽引者でもあるkuro☆ponさんが、自身のブログで同店をこう評していらっしゃいます。
「わぉ、なんだか懐かしい福岡を思い出すようなフォルム~。
スープをまず飲んでみると、豚骨の旨みを上品に出した博多での王道といった味わい。
王道ではあるものの、それが宇部・小野田地区では珍しい味になるんですよねっ。
ほどよい歯ごたえと、いい意味での粉っぽさが懐かしいっ。
替え玉をした時や、味が薄いなって思ったときに使う『ラーメンしょうゆ』が置いてあるのもまた懐かしい気持ちに。
福岡が恋しくなったら、ぜひまたお邪魔したいと思います」
なるほど。
山口市民の私がとやかく言う博多ラーメンではありません。
福岡ご出身のkuro☆ponさんがおっしゃるので、間違いはないでしょう。
やはり、山口県民が作る博多ラーメンとは根本が違います。
山口県で「福岡が恋しくなったら、ぜひまたお邪魔したいと思いたくなる」唯一の博多ラーメンでしょうか。
まさしく博多っ子純情です。
美味しかった。

女将さんの情熱に☆三つです。

住所:山口県山陽小野田市日の出三丁目9-8(Googleマップ
電話:0836-84-2187
営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時半~午後10時
定休日:日曜
メニュー:ラーメン(500円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメンショップ@山口県山陽小野田市 ☆ [山口県山陽小野田市]

2017_06_25_01.JPG
店外

2017_06_25_02.JPG
メニュー

2017_06_25_03.JPG
ラーメン

山陽小野田市の「ラーメンショップ」にお伺いをしました。
看板を良く見ると「○椿」の文字が消されています。
「○椿」グループからの脱退でしょうか。
それとも独立でしょうか。
「○椿」の文字は、任侠の世界で言う代紋です。
それが消されています。
私はラーメンショップの世界のことを知りません。
ラーメンをお願いしました。
スープは何とも表現し難い醤油豚骨です。
麺は中細ストレートで、ザクザクした食感です。
改めて凄い組み合わせだと感じました。
ジャンクなラーメンとは、ラーメンショップのそれを指します。
これに豆板醤を入れるとジャンクが増します。
やはり、ジャンクにネギは必要でした。
ちなみにジャンク(ジャンク・アート)を広辞苑で引くと、「廃物芸術。工業製品などの廃物を素材にして製作する傾向。機械文明への批判を含む」とあります。
岩波書店はこうしたジャンルが苦手のようです。
いずれにせよ、ジャンクなラーメンは美味しいです。
ところで、「ラーメン二郎」と言う店があります。
個性の強いラーメンのようで、「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である」と言われています。
ラーメンショップのネギラーメンも、これに値するのではと思います。
丼ぶりに記してあるように、ネギラーメンこそがラーメンショップの真髄です。

ラーメンショップでは、やはりネギが必要でした。

住所:山口県山陽小野田市西高泊595-4(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(580円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おのだラーメン 六助@山口県山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

2017_06_08_01.JPG
店外

2017_06_08_02.JPG
メニュー

2017_06_08_03.JPG
ラーメン

「美味しい」を広辞苑で引くと、初めに「『いしい』に『お』がついてできた語」とあります。
続いて「いしい」を引くと「いし」に誘導されます。
そして、その「いし」には「味がよい」とあります。
つまり、「美味しい」とは「味がよい」とのことです。
非常に抽象的です。
辞書を編纂(へんさん)される方のご苦労が垣間見えます。
ちなみに私が刑務所に収監されることになれば、広辞苑の最新版を持って行きます。
どうでもいいですが、辞書を引くことは勉強になります。
どうでもいいついでで、サンキュータツオさんの辞書の話しは勉強になります。
さてさて宇部ラーメン
歴史的な価値や観光を目的でお伺いするとなれば「大阪屋」です。
次は「一久 岬店」です。
しかし、美味さを目的でお伺いするとなれば「おのだラーメン 六助」です。
ちなみに次は「三久ラーメン 常盤店」です。
以上は、同ラーメンに対する私の勝手な趣向です。
美味しい宇部ラーメンを頂きに「おのだラーメン 六助」にお伺いをしました。
先代から引き継いだ後にこの様な看板が出来ましたが、どうも「おのだラーメン」がしっくり来ません。
私は旧小野田市は宇部市と合併するべきだったと考えます。
意地を張って山陽町と合併をして、しかも相手に尻尾を振ったので、山陽小野田市と言う訳の解らない市名になりました。
どうでも言いのですが、宇部ラーメンのなかで同店は抜群に美味しいと思っています。
よって、「おのだラーメン」は止めた方が良いと思います。
券売機が導入されていますが、こちらも少し残念です。
店内のさつまいもの販売も違和感を覚えます。
出来れば、先代の六助をそのままにして欲しいと願います。
スープはこの日は少し薄かったのですが、生き物なので仕方がありません。
こうした日もありますが、六助の志は伝わって来ます。
腰の弱い中細のストレート麺が、六助の濃厚スープに絡みます。
シンプルな至って普通のラーメンです。
ご高齢の女性御三方が、テーブル席でラーメンに花を咲かせていらっしゃいました。
地元の方でしょう。
お茶をするならラーメンの様です
良い風景です。
色々な想いを馳せながら同店でラーメンを頂きましたが、やはり「宇部ラーメン」で一番、味がよいです。

しかし、残念ながら随所に緩みを感じました。

住所:山口県山陽小野田市中央三丁目5-18(Googleマップ
電話:0836-83-5421
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:火曜、金曜
メニュー:ラーメン(600円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

泉屋 本店@山口県山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

2017_05_28_01.JPG
店外

2017_05_28_02.JPG
泉屋ラーメン

妻と久し振りに「泉屋 本店」にお伺いをしました。
JR厚狭駅の在来線口の前にあります。
どうやら昨年の12月にリニューアルをされたようです。
ホームページには「厚狭本店」とありますが、お店には「本店」とあります。
ここでは「本店」と表記します。
細かいことですが、こうしたことは統一した方が良いと思います。
店内はサイン色紙も多く、場所柄オート選手のそれも多いです。
きびきびとしたお姉さんの接客はストレスフリーです。
スープは豚骨醤油の一種類ですが、麺が細麺と平打ち麺との二種類から選べます。
基本の泉屋ラーメンを細麺の硬でお願いをしました。
先客もいらっしゃいましたが、我が家の後もお客が来られます。
人気店の様です。
さて泉屋ラーメン。
スープは元ダレの醤油感の強い、濃厚豚骨醤油です。
パワフルですが、後半は醤油の辛さが少し応えます。
ストレートの中細麺は腰がシャキッとしていて、くたびれ感がありません。
居酒屋なのですが、とても居酒屋のレベルではありません。
そもそも居酒屋なので、前日は夜遅くまで酔っ払いの相手をしてくたくたのはずです。
しかし、厨房の殿方お二人は元気です。
カウンター越しにラーメンに対する情熱が伝わって来ます。
そして情熱のある店は、やはり続きます。
美味しかったです。

同店の濃厚豚骨醤油ラーメンは、厚狭のラーメン店として定着しました。

住所:山口県山陽小野田市大字厚狭12-28(Googleマップ
電話:0836-72-2412
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時半~午後11時
定休日:月曜
メニュー:泉屋ラーメン(650円)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん一鳥 フードコート小野田店@山口県山陽小野田市 ☆ [山口県山陽小野田市]

2017_04_15_01.JPG
メニュー

2017_04_15_02.JPG
とり醤油ラーメン

2017_04_15_03.JPG
とり白湯ラーメン

鶏ラーメンを提供する未訪店の続きです。
おのだサンパーク」の「らーめん一鳥 フードコート小野田店」に妻とお伺いをしました。
屋号の通り同施設のフードコートにあり、先月3日にオープンをされました。
同フードコートには「弁天ラーメン」もあり、ラーメンが充実して来ました。
しかし、同店とも客の入りは今ひとつです。
マクドナルドが唯一の行列です。
フードコートのラーメンは難しいです。
両ラーメン店を応援しております。
とり醤油ラーメンと白湯ラーメンを注文しました。
当然ながら、どちらもフードコートの仕上がりです。
スープが温いです。
中細のストレート麺はそれなりに腰はありますが、スープと馴染んでいません。
スープはスープ、麺は麺の家庭内別居状態で、関係が冷めています。
しかし、ラーメンに拘りの無い方には問題ありません。
鶏ラーメンの入口としては、かろうじてありのレベルです。
ところで、「おのだサンパーク」は宇部市、山陽小野田市地域で一番の集客を誇るショッピングモールです。
以前は「なんでんかんでん」も出店をしたこともあります。
しかし、ラーメンを作るお兄さんに緊張感はありません。
ラーメンも緩いです。
そう思うと、先日お伺いをした「とりの助 ゆめタウン徳山店」は素晴らしいです。
たかがフードコート、されどフードコートです。
改めて同店にアッパレ!です。
何度も「おのだサンパーク」にお伺いをしていますが、同モールのアキレス腱はフードーコートにあると思います。

このままここでこのラーメンが続くとは思えません。

住所:山口県山陽小野田市中川六丁目4-1 おのだサンパーク本館 2F(Yahoo!地図
電話:0836-83-1118
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:
メニュー:とり醤油ラーメン(580円)、とり白湯ラーメン(680円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン加藤@山口県山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

2017_02_04_01.JPG
店外

2017_02_04_02.JPG
メニュー

2017_02_04_03.JPG
メニュー

2017_02_04_04.JPG
天然魚介醤油ラーメン(特製カニ油)

2017_02_04_05.JPG
濃厚味噌豚骨ラーメン

妻と山陽小野田市の「ラーメン加藤」にお伺いをしました。
以前は「季樹魚(きじゅう)」という和食料理店でラーメンを出されていらっしゃいましたが、余りの人気のため、昨年7月に専門店としてオープンをされました。
ラーメンは人生を変えます。
初加藤です。
お客が多いです。
デフォルトの特濃A級豚骨ラーメンをと思いましたが、「季樹魚」でいただいていたので、天然魚介醤油ラーメン(特製カニ油)と濃厚味噌豚骨ラーメンを硬麺でお願いしました。
長い名前に大将の想いが現れています。
そして、午前10時半の開店に好感を持てます。
午前11時で構わないと思いますが、ここにも大将の想いが現れています。
ちなみに私は、午前11時半の開店は苦手です。
まずは天然魚介醤油ラーメン(特製カニ油)。
これは蕎麦です。
どうみても、ラーメン風の蕎麦です。
なるほど、この手がありましたか。
思い切り和風に振っています。
優しい醤油スープに、カニ油の香りがほのかにします。
中細のストレート麺は腰があります。
蕎麦店でラーメンをいただいた時も感心しましたが、ラーメン店で蕎麦の様なラーメンをいただくのも同じ気持ちです。
なかなかです。
続いて濃厚味噌豚骨ラーメン。
こちらも、思い切り濃厚味噌に振っています。
濃厚で「天下一品」風のドロドロのスープは、赤味噌が効いています。
しかし辛くはありません。
麺は、天然魚介醤油ラーメン(特製カニ油)と同じです。
こちらもなかなかです。
両ラーメンとも個性が強く、その方向が真逆なので、より一層のインパクトを感じました。
和食料理人としての大将のプライドが、ラーメンに溢れています。
プライドといえば、私は桜庭和志が好きでした。
ここはプロレスがお好きのようです。

「季樹魚」のラーメンは志の溢れる美味しいそれでしたが、「ラーメン加藤」になっても変わっていませんでした。

住所:山口県山陽小野田市西高泊3384-8(Yahoo!地図
電話:
営業時間:午前10時半~午後6時
定休日:日曜、木曜
メニュー:天然魚介醤油ラーメン(680円)、濃厚味噌豚骨ラーメン(800円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おのだラーメン 六助@山口県山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

2016_12_31_01.JPG
店外

2016_12_31_02.JPG
メニュー

2016_12_31_03.JPG
ラーメン

kuro☆ponさんを始めとしたくさうま宣隊宇部ラーメンジャー(宇部市シティセールスパートナー)のご活躍のおかげで、宇部ラーメンというジャンルが定着しました。
その宇部ラーメン、一番おいしいお店はどこかと問われれば、私は山陽小野田市の「六助」を挙げます。
代は替わりましたが、味はしっかり受け継がれています。
なぜならば、女将さんがカウンター席にお元気でいらっしゃるからです。
大将もお元気でいらっしゃるそうです。
久し振りに話しができて良かったです。
女将さんのお墨付きのラーメンをお願いしました。
濃厚豚骨スープは宇部ラーメンそのものです。
中細麺の腰はそれほど強くありません。
量もやや少なめでしょうか。
屋号の入った丼は味があります。
具財はチャーシュー、メンマ、そしてネギと、シンプル・イズ・ザ・ベストです。
女将さんのお元気な姿も含めて、ラーメンとはそもそも何たるかがあります。
私にとって同店のラーメンは、宇部ラーメンの中でも少し特別な存在です。
重厚感があります。
初代を引き継いで下さった現在の代には、改めて感謝です。
さて、今年も小ブログに起こしいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

我が家の年越しに相応しい、美味しい一杯でした。

住所:山口県山陽小野田市中央三丁目5-18(Yahoo!地図
電話:0836-83-5421
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:火曜、金曜
メニュー:ラーメン(600円)

追記

2016_12_31_04.JPG
張り紙

年始の営業時間です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

味処 一二三(ひふみ)@山口県山陽小野田市 ☆ [山口県山陽小野田市]

2016_11_20_01.JPG
店外

2016_11_20_02.JPG
メニュー

2016_11_20_03.JPG
メニュー

2016_11_20_04.JPG
とんこつラーメン

山陽小野田市の幹線道路沿いに、大きな「うどん処」の看板が掲げてあります。
しかし、うどんの専門店といった雰囲気はありません。
もちろん、うどんはありますが、何でもある定食屋といったところでしょうか。
味処 一二三」です。
入店をして先にレジで注文をするシステムになっていますが、テーブルのメニュー表はおろか、まとまったメニュー表はございません。
レジの側にあるのはあるのですが、ラーメンは記してありません。
メニューの写真が、店内に不規則に貼られています。
その写真もラーメンの単品は無く、セットのそれです。
ドンキホーテの様な派手な印象で、どこに何があるか解りづらいです。
ラーメンはとんこつとしょうゆとがあり、とんこつがお奨めということでお願いをしました。
そのとんこつラーメン、スープも麺も一昔前、二昔前のそのままです。
専門店でないので全く問題ありません。
スポーツ新聞や週刊誌もあるので、ゆっくりできます。
私の好きな雰囲気です。
お客がどんどん入って来られました。
人気店のようで、やはり味処でした。

接客のお姉さんの愛想の良さは二重丸です。

住所:山口県山陽小野田市西高泊628-1(Yahoo!地図
電話:0829-30-70
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:
メニュー:とんこつラーメン(540円)、しょうゆラーメン(540円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン 龍@山口県山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

2016_11_06_01.JPG
店外

2016_11_06_02.JPG
メニュー

2016_11_06_03.JPG
ラーメン

2016_11_06_04.JPG
味噌ラーメン

行列が苦手なため、何度か近くまで行きましたが諦めました。
そこで、台風の影響を利用をしてお伺いをしました。
しかし、さすがの人気店です。
そこそこ賑わっています。
ラーメン 龍」です。
今年4月15日に、山陽小野田市にオープンをしました。
山陽小野田市から宇部市にかけては、いわゆる「宇部ラーメン」の地域です。
そんじゃそこらの豚骨ラーメンでは太刀打ちできません。
人気店のようなので、何かがあるがずです。
妻とようやく訪問です。
入店をしてまず感じたことは、教育の高さです。
保守右翼の私は、ことさら教育にうるさいです。
きちんとされています。
マニュアル通りの、棒読みの大声ではありません。
客の要望を感じ、皆々様が各々で判断をして真摯に応えています。
独立をされていらっしゃいます。
人気店は、接客の何たるかを咀嚼(そしゃく)しています。
ラーメンと味噌ラーメンを硬麺で注文をしました。
まずはラーメン。
豚骨スープは元ダレと油が強いです。
よって、醤油豚骨ラーメンと言った雰囲気です。
中細のストレート麺は腰があります。
一方の味噌ラーメン。
こちらも赤味噌をベースにした、油の強いスープです。
麺はラーメンと同じと思われます。
どちらも味付けが濃いです。
よって、ラーメンと味噌ラーメンの差をあまり感じません。
この辺りが今後どうなりますか。
しかし、流行りなのでしょうか、それともインパクトを追求した結果なのでしょうか、昨今オープンをしたラーメン店はいずれも味付けが濃いです。
周南市の「麺屋 ヤスシボーイ」もそうです。
ラーメンの時間の流れを感じます。
よくよく考えてみると、宇部市を含めた山陽小野田市界隈には、こうした味付けの濃いラーメン店がありませんでした。
「宇部ラーメン」とは微妙な一線を画しています。
私が感じた何かのひとつでした。
ちなみに私は、こうした油の強いラーメンは好きではありません。

教育がきちんとされているので、今後の進化や変化が楽しみです。

住所:山口県山陽小野田市大字有帆495(Yahoo!地図
電話:0836-39-7729
営業時間:午前10時半~午後9時半
定休日:水曜
メニュー:ラーメン(650円)、味噌ラーメン(670円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

弁天ラーメン@山口県山陽小野田市 ☆ [山口県山陽小野田市]

2016_05_15_01.JPG
メニュー

2016_05_15_02.JPG
博多とんこつ 弁天ラーメン

2016_05_15_03.JPG
博多ブラック 大黒中華そば

一度はお伺いをしてみましょう、ということで、「弁天ラーメン」に妻とお伺いをしました。
山陽小野田市のショッピングセンター、「おのだサンパーク」内にあります。
デフォルトに気付かず、屋号の付いた「博多とんこつ 弁天ラーメン」と「博多ブラック 大黒中華そば」を注文しました。
デフォルトに比べ、煮玉子と海苔が入っているようです。
どちらもフードコートのラーメンに仕上がっています。
当然です。
まずは「博多とんこつ 弁天ラーメン」。
スープはあっさりしていて、「金龍」の様な化学さ、人工さは感じません。
細麺は腰がまあまあ、まあまあありますか。
一方の「博多ブラック 大黒中華そば」。
こちらもスープはあっさりしていて、「金龍」の様な化学さ、人工さは感じません。
細麺は色が黒く、腰がまあまあ、まあまあありますか。
どちらも良く作ってあると思います。
「おのだサンパーク」で食事となると、一階のグルメストリートと二階のフードパークになります。
一階のそれは、豚骨等を本格に炊くこともできるでしょう。
なんでんかんでん」が入っていました。
しかし二階のそれは、そうはいきません。
豚骨ラーメン店としては、手をもがれ足をもがれの状態です。
そうした環境の中で、良く頑張っていらっしゃると思います。
「おのだサンパーク」は、宇部市~山陽小野田市で一、二番の集客力を誇るショッピングモールです。
その「弁天ラーメン」は、同モール内の唯一のラーメン店です。
撤退されると困ります。
ただ、マンネリさが漂っています。
どうにかすればどうにかなりそうなので、少し残念です。
宇部市民~山陽小野田市民は、豚骨ラーメンの意識は高いです。
恐らく。
よって、「弁天ラーメン」ならではの強い個性が必要です。
宇部ラーメンの中心で、フードコートの限界にチャレンジして欲しいものです。

これだけの人が集まる中でこのレベルは、非常にもったいないです。

住所:山口県山陽小野田市中川六丁目4-1 おのだサンパーク(Yahoo!地図
電話:0836-81-0038
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:
メニュー:博多とんこつ 弁天ラーメン(690円)、博多ブラック 大黒中華そば(690円)
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県山陽小野田市 ブログトップ