So-net無料ブログ作成
検索選択
山口県岩国市 ブログトップ
前の10件 | -

ラーメン やまびこ 岩国店@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2016_09_29_01.JPG
店外

2016_09_29_02.JPG
メニュー

2016_09_29_03.JPG
ラーメン

2016_09_29_04.JPG
やまびこ麺

国道2号沿いにあるので気にはなっていました。
ラーメン やまびこ 岩国店」です。
岩国店とあるので他にもありそうですが、少なくとも山口県にはありません。
妻と、ラーメンとやまびこ麺を硬麺で注文をしました。
まずはラーメン。
豚骨自体は薄く、膏(あぶら)が表面を覆っています。
山口市の「蘭蘭」の様です。
中細のストレート麺は、腰は強くありません。
一方のやまびこ麺。
メニューに「こってり濃厚スープ」と記してありますが、ラーメンに比べて膏の量が多いです。
それだけの様な気がします。
麺も同じです。
ただ、厚切りのチャーシューはいけました。
ほろほろとまでではないにしろ、まずまずです。
どちらも印象に残りません。
そもそも私は、膏の強いラーメンが好きではありません。
安直に感じるからです。
こうなると、「虎龍馬(とらたつま)」のそれが光ります。
「虎龍馬」繋がりで「山口拉麺維新 2016」について一言。
去る9月25日(日)で終了をしたようです。
店主の皆々様には感謝を申し上げます。
山口県のラーメンのレベルの高さを改めて感じました。
そして何よりも、オリジナルどんぶりの提供は嬉しかったです。
今後の益々の発展を祈念致します。
しかし、公式と思えるフェイスブックのズブズブさはいけません。
こういうことはきちんとしておかないと、同イベントの権威にも関わりますし、崩れていくきっかけにもなりかねません。
管理人に渇!です。

ラーメン店が増えた昨今では、一世代、二世代前のラーメンです。

住所:山口県岩国市室の木町一丁目5-22(Yahoo!地図
電話:0827-24-8989
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:
メニュー:ラーメン(650円)、やまびこ麺(800円)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

寿栄広食堂@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2016_07_13_01.JPG
店外

2016_07_13_02.JPG
メニュー

2016_07_13_03.JPG
中華そば

平成30年には明治維新から150年を迎えます。
明治維新は日本人として誇れる改革です。
その明治維新の中心となった長州藩(山口県)で、今年も「山口拉麺維新 2016」が行われています。
素晴らしい企画です。
我が家は久し振りに参加をしています。
ところで、その「山口拉麺維新 2016」のポスターがダメです。
駄作です。
桃太郎や金太郎は維新と全く関係がありません。
漫画チックも維新を軽んじています。
明治維新を知らない人が作ったのでしょう。
維新を名乗るのであれば、山口県人として明治維新をもう少し勉強をされた方が良いと思います。
その明治維新、長州藩では幕府を倒す正義派(革新)と、幕府に従う俗論派(保守)が争いました。
これを機会に、私の勝手な山口県名店八選を、改めて訪問をしてみました。
「山口拉麺維新 2016」の参加店が革新であれば、私の勝手な山口県名店八選は保守でしょうか。
故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知ります。
まずは岩国市の「寿栄広食堂」です。
JR岩国駅の前に大きな看板があります。
大阪、難波のグリコの看板の様で、岩国市の象徴になっています。
手元の資料には「スープは、豚骨、昆布、野菜やりんご等をしっかり煮込み」とあります。
背脂の入ったあっさり醤油豚骨です。
言われれば複雑な味がします。
中細麺は腰が弱いです。
しかし、この腰の弱さが良い加減になっています。
ここのこのスープに、ポキポキ感は似合いません。
じわっと来ます。
それとなく懐かしさを感じますが、私の経験には無いはずです。
同店ならではを感じます。
そして、ご高齢の方が多いです。
「山口拉麺維新 2016」を訪問される方は、せっかくなので山口県のラーメンの、陽と陰を味わって欲しいと思います。

やはり、山口県を代表する老舗の名店の一つでした。

住所:山口県岩国市麻里布町一丁目2-3(Yahoo!地図
電話:0827-22-7878
営業時間:午前10時半~午後10時
定休日:月曜
メニュー:中華そば(600円)
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イッパチ@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2016_03_06_01.JPG
店外

2016_03_06_02.JPG
メニュー

2016_03_06_03.JPG
開運ラーメン

妻と「イッパチ」にお伺いをしました。
同店は海沿いの国道188号線にあり、眼下には瀬戸内海が広がっています。
風向明媚な場所です。
お店の前は何度か通っていたので気になっていました。
店内は賑わっています。
お店の方の愛想もあるので納得です。
常連と思われる方は、迷わず店内のおでんに向かいます。
我が家の様な一見と思われる方は、メニューを眺めます。
デフォルトの開運ラーメンを注文しました。
次から次へとお客が来られ、またたく間に、ほぼ満席になりました。
支持されているようで、良いことです。
その開運ラーメン、鶏がらの醤油豚骨ラーメンです。
非常にあっさりしていて、煮干も入っているようです。
この辺りは、周防大島町の「たちばなや」を古参としたいりこラーメンの文化があります。
山口県のラーメンの文化の高さを、改めて感じます。
麺は中細のストレートで、腰は強くありません。
チャーシューはホロホロっとして、とても軟らかいです。
ご年配の女性の方でもスルスル行けます。

運が開けそうな、優しいラーメンでした。

住所:山口県岩国市由宇町神東2698-1(Yahoo!地図
電話:0827-63-2217
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:木曜
メニュー:開運ラーメン(640円)
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドライブイン あけみ@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2015_12_23_01.JPG
店外

2015_12_23_02.JPG
メニュー

2015_12_23_03.JPG
豚骨ラーメン

今年のユーキャン新語流行語大賞の年間大賞は、「爆買い」と「トリプルスリー」に決まりました。
「爆買い」は当然として、「トリプルスリー」に違和感を覚えたのは私だけではないでしょう。
ちなみに昨年の同年間大賞は、「いいじゃあ~、ないのお~、あけみちゃん~」に続く「ダメよ~ダメダメ」です。
こちらは品がありません。
ところで、ある世代以上の殿方にとって「あけみ」と言う名前は、引き付ける何かがあるのかもしれません。
あけみ、あけみ、あけみ。
そんな名前の付いた岩国市の「ドライブイン あけみ」にお伺いしました。
夜です。
あけみと言った雰囲気です。
定食類等のメニューが豊富なので、長距離運転手やガテン系の方々で賑わっています。
豚骨ラーメンを硬麺で注文しました。
オスカル池田さん が「ホール担当のお姉さんがとっても感じがよく、コレも人気の要因になってると思うね」とおっしゃていました。
納得。
もしかして、あけみさんでしょうか。
あっさり豚骨スープです。
しかし、ちょちょいのちょい感やフードコート風ではありません。
きちんとしています。
中細麺の腰は強くありませんが、こちらもきちんとしています。
ドライブインとしては、きちんとしているラーメンです。
まずまず。

味も雰囲気も「あけみ」でした。

住所:山口県岩国市周東町下久原1653(Yahoo!地図
電話:0827-84-0151
営業時間:
定休日:
メニュー:豚骨ラーメン(520円)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

みなみ@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2015_10_26_01.JPG
店外

2015_10_26_02.JPG
メニュー

2015_10_26_03.JPG
ラーメン

横浜市のマンション傾斜問題が世間を騒がしています。
建設業界に限らず、こうしたことはどこにでも“普通”にあるでしょう。
日本では経済が何よりも最優先されるようになりました。
「みなみ」にお伺いしました。
岩国市の交通量のとても多い、国道2号線沿いにあります。
店外に「ラーメン」の文字があるので気になっていました。
高齢の大将と女将さんが営業をされてらっしゃいます。
お伺いをするに、昭和48年の創業だそうです。
長く続けてらっしゃることに敬意を表します。
ラーメンを注文しました。
スープは醤油豚骨で、土地柄でしょうか、広島ラーメンの影響を受けています。
麺は少し縮れのある中細で、腰は強くはありません。
あっさりしています。
当時はこれがラーメンだったのでしょう。
昭和48年にバック・トゥ・ザ・フューチャーします。
ラーメンが大衆食であったそのままです。
愛想の良い女将さんは生き字引です。
ここはラーメン専門店ではありません。
食事処なので色々なメニューがあります。
カウンター席のみです。
こうしたお店では、ラーメンよりもクラシックラガービールをグラスに傾けたいものです。
大将と女将さんのお二人なので、もう何年かすれば終わりだとおっしゃっていました。
昭和48年は今より経済が最優先だったのかもしれません。
イタイイタイ病、水俣病、そして四日市ぜんそくもありました。
その結果、多くを失いました。
しかしラーメンに関すれば、当時は経済は最優先されていなかったと思います。
多分。
古き良きラーメンと、古き良き女将さんの話しはとても美味しかったです。

末永く続けて欲しいと思いました。

住所:山口県岩国市装束町一丁目9-23(Yahoo!地図
電話:0827-22-8991
営業時間:午前10時~午後1時半、午後3時~午後10時
定休日:不定
メニュー:ラーメン(500円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

欽明館@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2015_07_30_01.JPG
外観

2015_07_30_02.JPG
券売機

2015_07_30_03.JPG
ラーメン

私はスポーツを観るのが好きです。
相撲以外は何でも観ます。
今年の春のこと。
桐生選手が織田幹雄記念国際陸上競技大会の100メートルに出場されるので、妻と広島広域公園陸上競技場(ビッグアーチ)に向かいました。
しかし、何だ勘だで観ることができませんでした。
アルパークから競技場へのバスがありません。
そもそも、アルパークのバスターミナルがもぬけのからになっています。
もちろん、ビッグアーチは満車です。
西側からビッグアーチへのアクセスは皆無です。
サッカー専用スタジアムの件もそう、マツダスタジアムの高校野球の件もそう、中途半端なアストラムの件もそう、シャレオの件もそう、路面電車の広島駅への乗り入れの件もそう、広島高速の延伸の件もそう。
広島市にはそうそうだらけです。
大阪市の橋本市長の気持ちが良く解ります。
とにかく、市としてのグランドデザインが全くありません。
政令指定都市としての自覚もありません。
いきあたりばったりで、全てが中途半端です。
広島市は本当に落ちてしまいました。
残念。
その帰り、欽明路道路の側にある自動販売機コーナーのラーメンをいただきました。
初めてです。
いつかは、いつかはと思いながら、そのいつかが訪れました。
ぐずぐずしていました。
そのラーメン、まあまあいけます。
コンビニでは、名店どこそこ監修と言ったインスタントラーメンが販売されています。
そうしたラーメンより、趣(おもむき)を感じます。
給食の様で、じわっと来ます。
名店どこそこ監修と言ったそれは、企画からけんけんがくがくで、マーケットリサーチをうんぬんかんぬんして、プレゼンをどうたらこうたらして。
とにかく大変なプロセスを経ています。
しかし、自動販売機のそれは、そんな忙しい(せわしい)俗社会はどこ吹く風でのんびりしています。
スープは醤油でした。
やはり日本人には、醤油が無難なのでしょう。
これで、豚骨、塩、そして味噌が選べれば面白いのですが。
無責任に書きます。

これはこれで、大切なラーメンです。

住所:山口県岩国市川西三丁目12-45(Yahoo!地図
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(350円)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華料理 牡丹園@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2015_07_25_01.JPG
店外

2015_07_25_02.jpg
メニュー

2015_07_25_03.jpg
ラーメン

2015_07_25_04.jpg
鶏そば

岩国市の「中華料理 牡丹園」に妻とお伺いしました。
宿題店のひとつでしたが、重い腰を上げてやっとお伺いしました。
道路事情が良いと言われている山口県でも、周南市~岩国市は悪いです。
周南市の国道2号線(=旧徳山バイパス)は非常に混みます。
バイパスと言っておきながら周辺に商業施設を造ったり、交通量の割りに片側が2車線しかないなど、行政の見通しの甘さを感じます。
山口県の道路の課題の一番は、旧徳山市を東西に突き抜けるバイパスを造ることだと思います。
その「中華料理 牡丹園」は、お店の前に駐車場があります。
非常に狭いです。
しかし、確保はありがたいです。
ところで、駐車場が狭いのではなく昨今の自動車が大きくなりました。
日本の道路は、道幅が1.7m以下の5ナンバー企画がほとんどです。
しかし、大きな自動車で溢れています。
日本で日常を生活をするに、そんなに大きな自動車が必要なのかと思います。
もちろん、特別な車は別です。
買う消費者もそうですが、売る自動車会社もあさはかです。
初めての訪問なので、デフォのラーメンと、鶏そばを硬麺で注文しました。
注文を取りに来られたお姉さんは、それはそれは素晴らしい茶髪でしたが元気がありませんでした。
茶髪と元気は違うようです。
まずはラーメンです。
優しい優しい、それはとても優しい醤油スープです。
辛さは全く感じません。
かと言って薄いわけでもありません。
普通です。
本当に、普通です。
そして、まあまあ腰の強いストレートの中細麺が、普通の醤油スープに合います。
普通で美味しいです。
続いて鶏そばです。
こちらは名前のそのまま、鶏のスープです。
鶏を優しく感じます。
そしてその優しさが、ボディブロに効いて来ます。
凄い。
麺はデフォのラーメンと同じで、まあまあ腰の強いストレートの中細です。
両ラーメンとも美味しかったです。
奥での話しに愛情を感じます。
「牡丹園」は中華料理店です。
我が家がお伺いしたのは休日の正午前でしたが、お客さんがどんどん入って来られました。
お若い女性の二人組みもご入店です。
良いことです。
中華料理店なので中華料理がメインです。
しかし、ラーメンに傾ける気持ちが専門店に負けていません。
茶髪の元気のないお姉さんはたまたまとして、厨房の皆様には元気を感じました。
お忙しいなかの説明は本当にありがいです。
ラーメンに愛情を感じます。

中華料理店と侮っていましたが、抜群の優しい良いラーメンでした。

住所:山口県岩国市平田六丁目24-3(Yahoo!地図
電話:0827-31-2482
営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時~午後9時
定休日:木曜
メニュー:ラーメン(540円)、鶏そば(702円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば つるのまい@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2015_07_08_01.JPG
店外

2015_07_08_02.JPG
メニュー

2015_07_08_03.JPG
中華そば・並

つるのまい。
なかなかのシャレた屋号です。
漢字にすると「鶴の舞い」になり、割烹料理店のイメージを受けます。
英語にすると「Dance of the crane」でダンス教室、韓国語にすると「학의 춤」で焼肉店、中国語にすると「鹤的舞动」でよく解りません。
屋号は大切です。
ところで、「中華そば つるのまい」の以前には「らーめん 一丁亭 室の木店」がありました。
その「らーめん 一丁亭 室の木店」にお伺いしてすぐに、閉店の情報をネット上で拝見しました。
ラーメンも接客も素晴らしかったので、とても残念に思いました。
「らーめん 一丁亭 室の木店」は豚骨ラーメンでしたが、「中華そば つるのまい」は牛骨ラーメンのようです。
妻とお伺いしました。
入り口に近いテーブル席に案内されましたが、そのテーブルが小さいです。
しかも隣り席とも近いです。
窮屈で、居心地はよくありません。
基本の中華そばを硬麺で注文しました。
優しいスープです。
説明がなければ、私のようなド素人は牛骨スープとは分かりません。
少し油の効いた鶏ガララーメンです。
麺は中細で、やや縮れています。
どうなのでしょう。
私は好みではありませんが、これはこれでありです。
力強い牛骨もあれば、優しい牛骨もあっても良いと思います。
その内、下松市のスタンダードな牛骨を“濃厚中華そば”として提供されるかもしれません。
しかし、チャレンジ精神は感じません。
テーブル席にしても、無難、無難が伝わって来ます。
シャレた屋号に相応しい、岩国市ならではの牛骨ラーメンが欲しいです。
無責任に書きます。
申し訳ございません。

岩国市に進出した牛骨ラーメンは、様子見のラーメンといった印象でした。

住所:山口県岩国市室の木三丁目16-9(Yahoo!地図
電話:
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後10時
定休日:水曜
メニュー:中華そば・並(600円)
nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

階杉@山口県岩国市 ☆☆☆ [山口県岩国市]

2015_05_21_01.JPG
店外

2015_05_21_02.JPG
メニュー

2015_05_21_03.JPG
看板

2015_05_21_04.JPG
いりこの中華そば・中

階杉」は岩国市の歓楽街にあたる麻里布(まりふ)地区にあります。
昨晩も様々な人間模様があったことでしょう。
昼の歓楽街はまさしく、「夏草や 兵どもが 夢の跡」です。
妻とお伺いしました。
汁なし担担麺が有名のようですが、私は関心がないので、デフォと思われる「階杉とんこつらーめん」と「ちぢれ豚骨味噌らーめん」を注文しました。
しかし、お昼はメニューが限られていました。
「いりこの中華そば」に変更です。
大将は低姿勢で好感を持てます。
お客さんが多いです。
人気店のようで、いいことです。
その「いりこの中華そば」、いりこはもとより、野菜の甘味がふわっときます。
いりこやにぼしを強く感じるラーメンが多いのですが、ここのそれは、強く感じながらも野菜がしっかり包み込んでいます。
初めての感覚です。
甘いです。
そして、ちぢれ卵麺がいい具合に絡んでいます。
量は少ないです。
しかしこうしたラーメンは、もう少し欲しいというぐらいがちょうどいいのかもしれません。
恐れ入りました。
美味しいです。
大将は周防大島町のご出身だそうです。
同町の「たちばなや」がご自身のソウルフードだそうで、魚が苦手な方にでも味わっていただけるラーメンを目指したそうです。
魚好きの私としては、嫌いであれば食うべからずと思うのですが、大将は違います。
凡人と一流の差です。
面白い魚介ラーメンです。
大将の志と人柄が出ています。
山口県東部のいりこラーメンも変化、いえ進化しています。
山口県のラーメン文化の高さを感じます。
こうなると、「階杉とんこつらーめん」と「ちぢれ豚骨味噌らーめん」が気になります。

山口県の魚介系では、一押し、二押し、いえ三に押しです。

住所:山口県岩国市麻里布町六丁目2-1(Yahoo!地図
電話:0827-22-1000
営業時間:午前11時~午後2時、午後7時~午前3時
定休日:月曜
メニュー:いりこの中華そば・中(600円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん 一丁亭 室の木店@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2015_01_24_01.JPG
店外

2015_01_24_02.JPG
メニュー

2015_01_24_03.JPG
濃厚魚介豚骨らーめん

2015_01_24_04.JPG
煮干らーめん

岩国市室の木の「らーめん 一丁亭 室の木店」にお伺いしました。
初めての訪問になります。
同市周東町には系列店の「周東店」があり、そちらにはお伺いしたことがありました。
コブラツイストを掛けられました。
ところで、山口県は道路事情がとてもいいです。
どこにいってもスーパー道路です。
そんな山口県でも道路事情が悪い市があります。
岩国市です。
少しづつ改善されていますが、同市の道路事情は最悪です。
岩国市民は大変だと思います。
大河ドラマ「花燃ゆ」が始まりました。
長州人としては嬉しいです。
高杉晋作の東行ではありませんが、今年は山口県の東へ積極的に行くつもりです。
年配の女性が気持ちよく案内をして下さいました。
レジはお若い女性が気持ちよく会計をして下さいました。
“濃厚魚介豚骨らーめん”と“煮干しらーめん”を硬麺で注文しました。
まずは“濃厚魚介豚骨らーめん”。
期待どおりに濃厚魚介です。
上手に仕上げっていらっしゃいます。
麺は中太で腰があります。
大きなチャーシューはいかがかなものかと思いましたが、やわらかくて大丈夫です。
次に“煮干しらーめん”。
こちらも期待どおりに煮干しです。
上手に仕上げっていらっしゃいます。
麺と大きなチャーシューは、“濃厚魚介豚骨らーめん”と一緒です。
繰り返しになりますが、上手に仕上げていらっしゃいます。
私のようなド素人でも分かりやすい味です。
こうした味の雰囲気は好きです。
美味しいラーメンです。
そして、お店の雰囲気も好きです。
老婆心ながら苦言を。
「味はうんぬん」と精神論をプリントされたシャツを、従業員の全員が着ていらっしゃいました。
新規オープン店でたまに見かけます。
若い方ならともかく、年配の女性に着させるのはどうかと思いました。
接客を眺めていましたが、その女性は普通に真心がこもっています。
営業マンとして学びました。
精神論をシャツにするラーメン店からは、自信の無さが伝わって来ます。

卍固めを掛けられそうになりましたが、関節が外れていました。

住所:山口県岩国市室の木三丁目16-9(Yahoo!地図
電話:0827-22-8522
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後10時
定休日:
メニュー:濃厚魚介豚骨らーめん(695円)、煮干らーめん(649円)

追記
山口県下関市の「下関大丸」で、“ラーメンフェスティバル”が開催されます。
応援します。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県岩国市 ブログトップ