So-net無料ブログ作成

満天ラーメン 本店@山口県下関市 ☆ [山口県下関市]

2017_08_09_01.JPG
店外

2017_08_09_02.JPG
メニュー

2017_08_09_03.JPG
メニュー

2017_08_09_04.JPG
らーめん・満天あご出汁

2017_08_09_05.JPG
らーめん・旨味あっさり豚骨

先月6日にオープンをした下関市の「満天ラーメン 本店」に妻とお伺いしました。
デフォルトと思われるらーめん・満天あご出汁と、ラーメン・旨味あっさり豚骨をお願いしました。
ちなみに、限定で濃厚豚骨もできるそうです。
まずはらーめん・満天あご出汁。
魚介を感じる醤油スープです。
あごはトビウオのことで、つまりはトビウオから取る出汁のラーメンです。
山口県東部にはイリコから取る出汁のラーメンがありますが、そこまでのインパクトを感じません。
中細麺はややウェーブがあり腰は弱いです。
優しいラーメンなので食べやすいです。
続いてラーメン・旨味あっさり豚骨。
こちらは私が勝手に思う下関ラーメンに近いスープで、マイルドクリーミー豚骨です。
少々のにんにくを感じます。
麺はらーめん・満天あご出汁と同じだと思いますが、こちらは更に軟らかいです。
こちらも優しいラーメンなので食べやすいです。
どちらのスープに対しても、腰の弱い麺の方が良いと思います。
これらには長浜ラーメンのような腰の強い麺は合いません。
ラーメンはやはり、スープと麺のバランスが大事です。
同店のある場所は歓楽街も近いので、呑み客も想定されてのラーメンだと感じます。
よって、どちらも優しいラーメンです。
強烈なインパクとはありません。
上から目線のつもりは毛頭ございませんが悪くはありません。
当然、まだまだ感は否めませんが、どちらにも作り手の想いを感じます。
ところで、「あご」と言われても、それを「トビウオ」と分かる人が私を含めて何人いらっしゃるでしょうか。
いらっしゃればごめんなさい。
“らーめん・満天あご出汁”なんて言わずに、いっそのこと「満天トビオウラーメン」にしたほうが分かりやすく、お客も興味を持って集まると思います。
そうなると、“ラーメン・旨味あっさり豚骨”は「満天下関豚骨ラーメン」にしましょう。
無責任に書きます。
ところで近隣の話し。
天然鶏白湯ラーメン 鶏一心」が開店をされ話題になっています。
一方で応援をしていた「唐変木」が閉店されました。
らーめん 味平」も何度かお伺いしましたが、小ブログに書くことはできませんでした。
そういえば「まる龍」は未訪でしたが、同じ未訪の「牛骨ラーメン 一楽」の黄色い看板が気になっています。
ラーメン店を維持するのは大変です。

魚介系の優しいラーメンが下関市竹崎町でどのような評価をされますか。

住所:山口県下関市竹崎町二丁目3-9(Googleマップ
電話:090-1684-8188
営業時間:午前11時~午後2時半、午後5時~
定休日:月曜
メニュー:らーめん・満天あご出汁(600円)、らーめん・旨味あっさり豚骨(650円)

追記

2017_08_09_06.JPG
張り紙

岩国市麻里布町の「らいらい食堂」が閉店をされました。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理