So-net無料ブログ作成

夢屋@山口県長門市 ☆ [山口県長門市]

2017_01_29_01.JPG
店外

2017_01_29_02.JPG
メニュー

2017_01_29_03.JPG
とんこつ醤油ラーメン

「徳山、下松、光になくて、柳井にあるものな~んだ?」。
柳井市にあるボウリング場のコマーシャルです。
旧徳山市や下松市にボウリング場がないのは意外です。
しかし、両市にないものが山陰の長門市の、しかも湯本にあります。
凄いことです。
湯本観光ホテル 西京」が運営をしている「夢 遊湯亭(ゆうゆうてい)」の中にあります。
その「夢 遊湯亭」、芝居も行われる娯楽施設です。
正面玄関にラーメンの幟が掲げてあったので気になっていました。
夢屋」で、食事処です。
とんこつ醤油ラーメンを注文しました。
小料理とビールの似合う雰囲気です。
さてラーメン。
当然、スープも麺も本格的ではありません。
スープは並々と注がれていて好感を持てます。
麺は縮れの中細です。
いずれにせよ業務用そのものでしょうが、悪い印象はありません。
むしろ、ラーメンを提供されていらっしゃることが素晴らしいのです。
近くには専門店の「ラーメン 金寿」もあります。
どちらもありがたいです。

まあ、こんなものでしょう。

住所:山口県長門市深川湯本1051(Yahoo!地図
電話:0837-25-3111
営業時間:午前11時~午後2時、午後6時~午前0時
定休日:
メニュー:とんこつ醤油ラーメン(700円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食堂 万両@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2017_01_21_01.JPG
店外

2017_01_21_02.JPG
メニュー

2017_01_21_03.JPG
とんこつラーメン

2017_01_21_04.JPG
和風ラーメン

「舌に美味しいラーメンより、心に美味しいラーメンが好き」。
共感するオスカル池田さんが使っていらっしゃった表題を、そのまま引き継いでいます。
ラーメンを語るうえで、これ以上の言葉は見つかりません。
山口市の「食堂 万両」は、そんなラーメンです。
未訪の妻の要望で、久し振りにお伺いをしました。
とんこつラーメンと和風ラーメンを注文しました。
同店は旧山口市の中心部にある、老舗の食事処です。
山口食事処紀行を運営するならば、いの一番に紹介です。
まずは、とんこつラーメン。
スープはあっさり豚骨です。
麺は細く、具財もたっぷりです。
一方の和風ラーメン。
スープはあっさり醤油です。
麺は太く、具財もたっぷりです。
一方のとんこつラーメン。
どちらも業務用ですが、どちらも抜群に美味しいです。
業務用をベースにしながら、同店のおもてなしが詰まっています。
食事処なので、ラーメンはサイドメニューです。
しかし、ラーメンがあることが嬉しいです。
しかも、とんこつと和風の二種類が用意です。

心に美味しいラーメンでした。

住所:山口県山口市白石一丁目1-3(Yahoo!地図
電話:083-922-4763
営業時間:午前7時~午後2時、午後5時~午後7時
定休日:日曜、祝日
メニュー:とんこつラーメン(500円)、和風ラーメン(500円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一髄@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2017_01_19_01.JPG
店外

2017_01_19_02.JPG
メニュー

2017_01_19_03.JPG
一髄ラーメン

山口市の「一髄」、以前はパチンコ店の敷地内にあり、入口には大きく「久留米ラーメン」と掲げてありました。
正確には久留米ラーメンではなく久留米風ラーメンでしたが、ライトな濃厚さも気に入ってよくお伺いをしました。
ライトな濃厚とは意味不明ですが、そうなのです。
ちなみに一般の山口県民は、豚骨ラーメン=博多ラーメン、濃い豚骨ラーメン=久留米ラーメン、薄い豚骨ラーメン=長浜ラーメンと変換します。
おそらく。
その後、閉店をされ、しばらくして現在地にリニューアルオープンをされました。
リニューアル後に一度お伺いをしましたが、あっさり豚骨ラーメンというだけで、他に個性や魅力を感じませんでした。
しかし、変わっていました。
妻と久し振りにお伺いをしました。
青、赤、黄のラーメンがありますが、デフォルトの一髄ラーメンにトッピングを加えたものなので、やはり一髄ラーメンです。
硬麺で注文をしました。
お客が多いです。
しかも店内が狭いので、肩を寄せ合わなければなりません。
その一髄ラーメン、以前のラーメンに戻っていました。
ライトな獣臭を感じる豚骨スープでした。
厚みはありません。
しかし、その分、食べ手を選びません。
中細のストレート麺は腰は強くありません。
しかし、スープと同様その分、食べ手を選びません。
リニューアル後に地元のテレビ番組で、「ラーメンの味を追い求め、全国を廻られた」という話しをされていらっしゃいました。
しかし、結局は元の味に戻ったように感じます。
「一髄」が「一髄」であるためには、今のラーメンの方が好きです。
リニューアル直後のラーメンは、「一髄」でなくてもいいと思います。
山口市近辺でもこの手のスープは見掛けません。

ライトな久留米風のラーメンが復活です。

住所:山口県山口市黒川117-2(Yahoo!地図
電話:083-941-5999
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後8時
定休日:月曜、火曜(祝日を除く)
メニュー:一髄ラーメン(500円)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

だるま@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2017_01_13_01.JPG
店外

2017_01_13_02.JPG
メニュー

2017_01_13_03.JPG
とんこつラーメン

2017_01_13_04.JPG
しょうゆとんこつ

前回はとんこつラーメンをいただいた山口市の「だるま」。
未訪の妻を連れて、魚介醤油ラーメンをいただきにお伺いをしました。
その魚介醤油ラーメンはメニューにありませんでした。
少し残念です。
とんこつラーメンとしょうゆとんこつを注文しました。
正午になると店内はいっぱいです。
安くてボリュームのある定食等が充実しているからです。
私はあくまでもラーメンです。
とんこつラーメン、しょうゆとんこつとも、食事処のラーメンです。
当然です。
しかし、手抜きは感じません。
手作りのメニュー表に、いい加減な気持ちはありません。
食事処なのでガッツリやいやしを求めて人が集まり、手作りで応えます。
店の奥から聴こえてきます。
良い食事処です。
ラーメンはまずまずです。
私はラーメンの呪縛から解き放たれません。

専門店ではないので、ラーメンのどうこうはどうでも良いです。

住所:山口県山口市小郡下郷2914(Yahoo!地図
電話:083-972-2891
営業時間:午前11時~午後2時半、午後5時半~午後10時
定休日:日曜、月曜、祝日
メニュー:とんこつラーメン(400円)、しょうゆとんこつ(420円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

筑豊ラーメンセンター ばさらか 防府店@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2017_01_10_01.JPG
店外

2017_01_10_02.JPG
メニュー

2017_01_10_03.JPG
ラーメン

2017_01_10_04.JPG
コク味噌とんこつラーメン

妻と防府市の「筑豊ラーメンセンター ばさらか 防府店」にお伺いをしました。
同市内の中心部を東西に走る、県道54号(旧国道2号)沿いにあります。
この近辺はラーメンに限らず、回転寿司、牛丼店、うどん店、そしてファミレス等々、食べることに困りません。
飽和状態と思われるほどの激戦区です。
麺屋 黒船 防府八王子店」も閉店されました。
そうした中で、「筑豊ラーメンセンター ばさらか 防府店」は人気店です。
その理由は、入店をすればすぐに解ります。
元気で明るい雰囲気です。
結局はこれなのでしょう。
過剰なそれにはうっとうしさを感じますが、肩の力が抜けたそれにはストレスを感じません。
家族連れの客が多いのがその証拠で、ご高齢の方も多いです。
デフォルトのラーメンとコク味噌とんこつラーメンを注文しました。
まずはデフォルトのラーメン。
スープは豚骨臭がして、やや濃厚です。
スープそのものの厚みは、あまりありません。
バリかたでお願いした細麺は、伸びるのが早いです。
だからといって悪い訳ではありません。
自家製麺と記してありましたが、防府店の自家製なのでしょうか。
続いてコク味噌とんこつラーメン。
スープは赤味噌がベースに唐辛子が少し効いて、非常に味噌辛いです。
これをコクといえばそうともいえるかもしれませんが、とにかく一般的な味噌ラーメンとは全く違います。
麺はデフォルトのラーメンと同じです。
筑豊からイメージされる味噌ラーメンは、このぐらいのインパクトが必要かもしれません。
どちらも、個性的なラーメンです。
しかし、元気で明るい雰囲気なので、個性的であっても多くの客に受け入れられています。
すっかり県道54号の景色に溶け込みました。

やはり、私はデフォルトのラーメンが好きです。

住所:山口県防府市美和町2-45(Yahoo!地図
電話:0835-24-5105
営業時間:午前11時~午後10時(月曜~木曜)、午前11時~午後11時(金曜~日曜、祝日)
定休日:第1、第3木曜
メニュー:ラーメン(630円)、コク味噌とんこつラーメン(830円)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事処 わらべ@山口県萩市 ☆ [山口県萩市]

2017_01_07_01.JPG
店外

2017_01_07_02.JPG
メニュー

2017_01_07_03.JPG
ラーメン

萩市の「お食事処 わらべ」にお伺いをしました。
同市で30年も営業をされていらっしゃる食事処です。
ラーメンを注文しました。
当然ながらラーメン専門店ではありません。
こうしたお店では、昼は定食、夜は単品とビールが最高でしょう。
落ち着いた雰囲気が好きです。
そのラーメン、醤油スープです。
徳山ブラック醤油ラーメンの様に醤油のバチバチ感はありません。
しかし、食事処にしては結構なそれ感です。
頑張っていらっしゃいます。
中細麺は腰はありませんが、スープに合っています。
食事処の域は出ませんが、女性店員さんの愛情がこもっていて美味しいです。
女将さんは配達で忙しいです。
チャーシューもハムですが、全く問題ありません。
むしろハムの方が、お食事処感を演出して良いです。
美味しい醤油ラーメンです。
何度も書きましたが、萩市は山口県の山陰の中心市でありながら、ラーメン不毛の地域です。
同市には昼にいただける地場のラーメン専門店がありません。
大手の「来来亭 萩店」があるにはありますが、同市で来来亭では味気がありません。
ちなみに、夜は「らーめん めんくい」があります。
そうなると「はた満」という選択肢になります。
同店のラーメンは美味しいと思いますが、ちゃんぽんが専門のお店です。
来年、明治維新150年を迎えますが、その胎動の地としては少し寂しいです。
吉田松陰や高杉晋作は、同市のラーメン事情をあの世からどう思っているのでしょうか。

食事処のラーメンとしては、まずまずです。

住所:山口県萩市大字椿東2974-6(Yahoo!地図
電話:0838-25-8248
営業時間:午前11時半~午後3時、午後6時~午後9時
定休日:日曜
メニュー:ラーメン(570円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中国料理 天府@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2017_01_02_01.JPG
店外

2017_01_02_02.JPG
メニュー

2017_01_02_03.JPG
拉麺(ラーメン)

2017_01_02_04.JPG
塩味拉麺

明けましておめでとうございます。
本年も小ブログをよろしくお願い申し上げます。
さてさて、妻と「中国料理 天府」にお伺いしました。
中華料理店のラーメンも気になります。
そう言えば昨年は、蕎麦店の美味しいラーメンをいただきました。
専門店のみならず、色々なアプローチのラーメンは楽しいです。
拉麺(ラーメン)と塩味拉麺を注文しました。
人気店です。
ほぼ満席になりました。
中華料理の需要はあるようです。
そのラーメン、どちらもあっさり、さっぱりしています。
中華料理店だからと言って油濃くはありません。
中華料理店から想像するラーメン、そのものです。
中細のストレート麺は腰が長続きします。
そして、量が多いです。
総じて、中華料理店ならではのラーメンです。
当然です。

これはこれでまずまずです。

住所:山口県山口市道場門前二丁目9-4(Yahoo!地図
電話:083-920-8115
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後9時半
定休日:
メニュー:拉麺・ラーメン(550円)、塩味拉麺(700円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理