So-net無料ブログ作成
検索選択

一蘭 小倉店@福岡県北九州市小倉北区 ☆☆ [福岡県北九州市小倉北区]

2016_03_23_01.JPG
店外

2016_03_23_02.JPG
券売機

2016_03_23_03.JPG
ラーメン

久し振りに妻と、北九州市の「一蘭 小倉店」にお伺いをしました。
一蘭」は、博多ラーメンの完成の一つだと思います。
これ以上の変化はないでしょう。
ラーメンの味は、私は好きです。
しかし、味集中カウンターは良いとしても、通路が狭い。
とにかく狭過ぎます。
荷物の置き場もありません。
移転をするか改築をして、通路を広くした方が良いと思います。
ラーメンはいつもの「一蘭」です。
接客もいつもの「一蘭」です。
どちらもハイレベルで満足です。
同店に思い入れや拘りはありません。
しかし、価格も含めてラーメン店ではありません。
観光地です。
よって以前は行列が出来ていましたが、当日は休日にも関わらずすぐに入店が出来ました。
寂しく感じました。
バブル時代のマハラジャ、ジュリアナを彷彿させます。
少しオーバーでした。

このままでは、長く続くとは思えません。

住所:福岡県北九州市小倉北区魚町一丁目3-23(Yahoo!地図
電話:093-531-0455
営業時間:24時間
定休日:年中無休
メニュー:ラーメン(790円)
nice!(12)  コメント(0) 

隋園@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2016_03_21_01.JPG
店外

2016_03_21_02.JPG
メニュー

2016_03_21_03.JPG
メニュー

2016_03_21_04.JPG
新旨塩葱そば

2016_03_21_05.JPG
隋園とんこつ拉麺

山口市で格式の高いホテルの一番は「松田屋ホテル」です。
東京での「帝国ホテル 東京」の様な存在で、歴史があるので別格です。
同ホテルに続く二番手は、「ホテルニュータナカ」と「山口グランドホテル」でしょうか。
この中でラーメンがあるのは、「山口グランドホテル」の「隋園」だけです。
以前「山口ラーメン」をいただいたことがありましたが、「新旨塩葱そば」と「隋園とんこつ拉麺」は未食でした。
妻とお伺いをしました。
同ホテルの地下一階にあります。
その「新旨塩葱そば」と「隋園とんこつ拉麺」、メニューにはセットの表記しかありませんが単品で注文が出来ます。
まずは「新旨塩葱そば」。
あっさり塩スープに魚介が染み込んでいます。
貝の香りもします。
麺は中細のストレートで腰は強くありません。
そして食感がツルツルしています。
また、チャーシューが千切りになっていますし、ネギのシャキシャキ感が中華料理店のラーメンです。
一方の「隋園とんこつ拉麺」。
豚骨臭があまりしない非常に優しいスープです。
あっさりしていますが、薄っぺらのスカスカではありません。
麺は「新旨塩葱そば」と同じです。
よそから来られた豚骨未経験者にも、満足していただけるレベルです。
総じてどちらも上品な仕上がりです。
これはこれで、非常に良いです。
ホテルの中にあるので、山口市民でさえ、お伺いをする機会は少ないと思います。
チェーン店のラーメンばかりの方々に、非日常のラーメンや、ご褒美のラーメンとしてお奨めします。
同ホテルは、山口県の玄関口である新山口駅前にあります。

同県の玄関口に相応しい、良いラーメンでした。

住所:山口県山口市小郡黄金町1-1 山口グランドホテル(Yahoo!地図
電話:083-972-7777
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後10時
定休日:
メニュー:新旨塩葱そば(750円)、隋園とんこつ拉麺(750円)
nice!(12)  コメント(0) 

すたみなバイキング 小郡インター店@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2016_03_19_01.JPG
店外

2016_03_19_02.JPG
店内

2016_03_19_03.JPG
ラーメン

先日、職場の皆々で「すたみなバイキング 小郡インター店」にお伺いをしました。
屋号の通りバイキングなので、前もって料金を支払い、後は食べ放題というシステムになっています。
上司の心遣いとは言え、私の様な少食にはもったいない場所です。
ありとあらゆる食材があります。
まさしく、何とかのデパートです。
ラーメンもありましたので、いただいてみました。
機会は大事にします。
冷凍麺を自分で茹でて、スープを自分で入れます。
ラーメン店の大将の、疑似体験ができます。
少し楽しいです。
そのラーメン、画像の通りです。
スープの選択は醤油しかございません。
説明の通りに作ると薄いです。
そして、量は少ないです。
トッピングで、ネギとワカメが自由です。
よってネギラーメン、もしくはワカメラーメンにご自身の判断ですることも可能です。
辺りを見渡すと、ほとんどが焼肉をお腹いっぱい食べようとする方のようです。
よって、締め、もしくは小腹向けになっています。

社会勉強になりました。

住所:山口県山口市小郡みらい町一丁目1-28(Yahoo!地図
電話:083-974-5558
営業時間:午前11時半~午後2時半(土、日、祝日は午後3時)、午後5時(土、日、祝日は午後4時半)~午後9時半
定休日:
メニュー:ラーメン
nice!(2)  コメント(0) 

好楽園@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2016_03_13_01.JPG
店外

2016_03_13_02.JPG
メニュー

2016_03_13_03.JPG
ラーメン(カシワスープ)

2016_03_13_04.JPG
ラーメン(トンコツスープ)

宿題店の一つであった下関市の「好楽園」に、妻とお伺いをしました。
同市の唐戸(からと)にあります。
私は唐戸をウロウロする際、赤間町駐車場を利用します。
同店はその入口にあり、ラーメンの看板が掲げてあったので気になっていました。
下関市に住めと言われれば私は、一番が唐戸で二番が長府です。
店内は非常に狭いです。
カウンター席とテーブル席が二つです。
開店と同時にお伺いをしましたが、あれよあれよと満席になりました。
我が家は一見なので、ラーメン(カシワスープ)とラーメン(トンコツスープ)を硬麺で注文しました。
店外の看板では、醤油ラーメンととんこつラーメンになっています。
接客のお姉さんがキビキビしていて気持ちが良いです。
百戦錬磨の様相です。
一見ではない常連と思われる方々は、ほとんどがレバー定食を注文されていらっしゃいました。
店外の看板では、レバー定食になっています。
さてラーメン、どちらも良いラーメンです。
ラーメン専門店のそれではなく、中華料理店のそれでした。
まずはラーメン(カシワスープ)。
優しい醤油スープです。
醤油感はとても控えめで、ゴマの香りがほんのりします。
中華料理に良く添えられる、スープと言った仕上がりです。
一方のラーメン(トンコツスープ)。
こちらも優しい豚骨スープです。
豚骨感はとても控えめ、いえ、ほとんど感じません。
感じないは言い過ぎでしたが、あまり感じません。
麺はどちらも共通のストレートの中細で、腰はありません。
どちらのラーメンにも良い塩梅で合っています。
まさしく、大衆中華料理店のラーメンです。
同じラーメンでも、中華料理店にはラーメン専門店とは違ったアプローチがあります。
ラーメンの価値観も様々です。
同店では私は、ラーメン(トンコツスープ)の方にオリジナリティを感じます。
こちらがお奨めです。
ラーメンの奥深さを改めて感じました。

唐戸にまた一つ良いラーメンを見付けました。

住所:山口県下関市中之町3-19(Yahoo!地図
電話:083-223-4660
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後9時
定休日:日曜、月曜、祝日
メニュー:ラーメン(カシワスープ)(540円)、ラーメン(トンコツスープ)(540円)
nice!(12)  コメント(2) 

イッパチ@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2016_03_06_01.JPG
店外

2016_03_06_02.JPG
メニュー

2016_03_06_03.JPG
開運ラーメン

妻と「イッパチ」にお伺いをしました。
同店は海沿いの国道188号線にあり、眼下には瀬戸内海が広がっています。
風向明媚な場所です。
お店の前は何度か通っていたので気になっていました。
店内は賑わっています。
お店の方の愛想もあるので納得です。
常連と思われる方は、迷わず店内のおでんに向かいます。
我が家の様な一見と思われる方は、メニューを眺めます。
デフォルトの開運ラーメンを注文しました。
次から次へとお客が来られ、またたく間に、ほぼ満席になりました。
支持されているようで、良いことです。
その開運ラーメン、鶏がらの醤油豚骨ラーメンです。
非常にあっさりしていて、煮干も入っているようです。
この辺りは、周防大島町の「たちばなや」を古参としたいりこラーメンの文化があります。
山口県のラーメンの文化の高さを、改めて感じます。
麺は中細のストレートで、腰は強くありません。
チャーシューはホロホロっとして、とても軟らかいです。
ご年配の女性の方でもスルスル行けます。

運が開けそうな、優しいラーメンでした。

住所:山口県岩国市由宇町神東2698-1(Yahoo!地図
電話:0827-63-2217
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:木曜
メニュー:開運ラーメン(640円)
nice!(13)  コメント(0) 

みそめ食堂@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2016_03_05_01.JPG
店外

2016_03_05_02.JPG
メニュー

2016_03_05_03.JPG
中華

宇部市の「みそめ食堂」にお伺いをしました。
昭和30年の老舗店です。
そこに味深い、良いラーメンがありました。
所謂(いわゆる)の宇部ラーメンとは全く違います。
これはこれで奥深いです。
マンションの広告の陰に隠れて分かりにくいのですが、駐車場はお店のすぐ側にあります。
店内はお寿司屋ならではのカウンターがありますが、決してそれがメインではないようです。
他のメニューも充実しています。
今で言うところのファミレスで、何でもあります。
愛想の良さもあり、敷居は全く高くありません。
むしろ庶民的です。
中華を硬麺で注文しました。
人の手が掛かっています。
その中華、昭和が運ばれて来ました。
スープは鶏ガラあっさり醤油です。
しかし、脂をやや感じるので力不足ではありません。
量は多く、とにかく熱いです。
麺は中細で、やや縮れが入っています。
腰は強くありません。
これに、豚バラ、もやし、ねぎ、そしてなるとが入って来ます。
「ALWAYS 三丁目の夕日」の様で、なぜか懐かしく感じてしまいます。
私の幼少のラーメンは、山口市湯田温泉にあった「おそ松」のあっさり豚骨ラーメンと、同市大内矢田にあった「どさんこラーメン」のみそラーメンです。
よって、鶏ガラあっさり醤油ラーメンの経験値は少ないのです。
それにも拘らず、そう思えることが不思議です。
日本人のDNAに、こうしたラーメンが刻み込まれているのでしょうか。
いずれにせよ、複雑になった昨今のラーメンでは希少な存在です。
ところで、先程ファミレスと書きましたが、宇部市に限らず山口県内は外食チェーン店が増えました。
熾烈な競争です。
そうした店は確かに、便利で安価で美味しいです。
しかし、合理性を追求するばかりに人の温かさが蔑ろにされがちです。
レンジでチンばかりでは、人生がチンしてしまいます。
人は人の温かさによって支えれています。

たまには、こうした地域の老舗店で、人の手の掛かった味深い食事をいただくことも必要だと思います。

住所:山口県宇部市松山町二丁目7-18(Yahoo!地図
電話:0836-21-5417
営業時間:
定休日:
メニュー:中華(550円)
nice!(1)  コメント(2) 

西広島近鉄レストラン 下り線(国道2号線 西広島バイパス佐方サービスエリア内)@広島県廿日市市 ☆☆ [広島県廿日市市]

2016_03_04_01.JPG
店外

2016_03_04_02.JPG
券売機

2016_03_04_03.JPG
広告

2016_03_04_04.JPG
駅弁らーめん

私なんぞは「広バイ」と呼んでいますが、「西バイ」と呼ぶ人も多いです。
広島市~廿日市市の「西広島バイパス」です。
そう言えば私が若かった頃は、「八丁の左回り」がありました。
そのバイパスの「佐方サービスエリア」にフードコーナーがあります。
そしてラーメンもあります。
いただいてみました。
「駅弁らーめん」と言う名の広島ラーメンです。
広告には「廣島」と記してあります。
ところで広島は、「広島」、「廣島」、「ひろしま」、「ヒロシマ」、そして「HIROSHIMA」と表記を変えただけで様々な色を放ちます。
こうなるとメッセージかも知れません。
政令都市であったり、軍都であったり、もみじ饅頭であったり、原爆であったり、そして。
そうした都市は、広島市だけだと私は思います。
話しは戻って。
まずはご当地ラーメンの提供にアッパレ!です。
スープは上手に作ってあります。
広島醤油豚骨が、上手に表現されています。
麺は中細で腰は弱いのですが、スープに合っています。
そもそもの広島ラーメンの腰は強くないので、この塩梅で良いです。
まあまあのまずまずです。

フードコートのラーメンなので当然のそれですが、ご当地の提供に少し嬉しく思いました。

住所:広島県廿日市市佐方(Yahoo!地図)
電話:0829-32-1263
営業時間:
定休日:
メニュー:駅弁らーめん(510円)
nice!(5)  コメント(0)