So-net無料ブログ作成

よしい@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2014_10_31_01.JPG
店外

2014_10_31_02.JPG
メニュー

2014_10_31_03.JPG
ラーメン

機会があればお伺いしてみたい、と思っていましたが、わざわざ機会をつくるまでも、と思っていた「よしい」です。
岩国市周東町にあります。
週の限られた日だけの営業で、時間は夕方以降です。
私にとってはハードルがとても高いです。
たまたま機会が訪れたのでお伺いしました。
国道2号線の周東総合支所のある交差点を南下し、高森南警察官駐在所のある交差点を左折するとあります。
闇夜にちょうちんが映えます。
初めての訪問なので、デフォのラーメンを硬麺で注文しました。
フルオープンキッチンです。
でてきたラーメンは、広島ラーメンでした。
醤油豚骨スープで、バチバチきます。
ストレートで黄色がかった中細麺は、腰が意外とあります。
本格的な広島ラーメンです。
山口県の広島ラーメンといえば、同市装束町の「比翼」があります。
「比翼」が女性的な優しさであれば、「よしい」には男性的な力強さを感じます。
山口県にもいい広島ラーメンがありました。
ところで大将、一見は無愛想に見えますが社交下手なだけです。
社交なれをしていませんし、社交というものを知りません。
私のような営業マンではありません。
しかし、話しかければ話しをしてくださいます。
もちろん、話しかけなければ話しはしてくださいません。
そして、話しは好きです。
隠れ家的なラーメン店には、隠れ家的な大将が似合います。

山口県の個性的なラーメン店のひとつです。

住所:山口県岩国市周東町上久原923(Yahoo!地図
電話:
営業時間:午後5時~午後8時
定休日:月曜、火曜、水曜
ラーメン:500円
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さかえ@山口県周南市 ☆☆ [山口県周南市]

2014_10_25_01.JPG
店外

2014_10_25_02.JPG
メニュー

2014_10_25_03.JPG
とんこつらーめん

2014_10_25_04.JPG
中華そば

妻と周南市の「さかえ」にお伺いしました。
同市栄町にあるので「さかえ」なのでしょうか。
店内は、しっぽりした雰囲気です。
とんこつらーめんと中華そばを硬麺で注文しました。
まずは、とんこつらーめん。
豚骨スープは濃厚ではありませんが、薄っぺらくはありません。
程よい厚みを感じます。
中細麺は腰が長続きをし、喉越しを感じます。
おいしいです。
続いて、中華そば。
醤油スープは力強くありませんが、甘くはありません。
おだやかさを感じます。
麺は、とんこつらーめんと同じです。
こちらもおいしいです。
どちらも今風の趣向で、看板に小さくルビの振ってある、“SAKAE”といった雰囲気のラーメンです。
ちょちょいのちょい、ではありません。
その看板には、ラーメンの“ラ”の字もありません。
“御食事処”と小さく記してあるので、やはり御食事処です。
「英国館」の看板が気になります。
「さかえ」に比べ大きいです。
前を通る人は、「ミチコロンドン」か何かのブティックと勘違いしているかもしれません。
ましてや、ここに御食事処があることにすら気付いていないかもしれません。
無責任な杞憂(きゆう)です。

御食事処といっても、甘くみてはいけないラーメンです。

住所:山口県周南市栄町2-42 国政ビル1F (Yahoo!地図
電話:
営業時間:午前11時~
定休日:
とんこつらーめん:600円、中華そば:600円
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

来頼亭@広島県広島市南区 ☆☆ [広島県広島市南区]

2014_10_21_01.JPG
店外

2014_10_21_02.JPG
メニュー(発券機)

2014_10_21_03.JPG
中華そば(小)

久し振りの広島市です。
老舗の「来頼亭」にお伺いしました。
宿題店でした。
近くには広島大学付属高校があり、東京大学を目指す学生がウロウロしています。
その広島大学は広島市内にありません。
広島市は、広島大学と広島空港を市外から追い出しました。
ちなみに福岡市は、九州大学と福岡空港を市内に囲い込みました。
都市としての広島市と福岡市の差は歴然です。
しかし、広島市はカープを手放しませんでした。
一方の福岡市は、西鉄ライオンズを手放しました。
その西鉄ライオンズが福岡ダイエーライオンズとして帰福していればよかったと思いますが、ホークスとは微妙に感じます。
昨晩、福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズの出場を決めました。
おめでとうございます。
リーグ優勝をしたので当然です。
福岡市にとってライオンズという名前は、もうどうでもいいのかもしれません。
一方、カープはクライマックスシリーズ出場で騒いでいます。
広島市は福岡市から学ぶべきことが多いです。
さて「来頼亭」、まさかの行列ができていました。
驚きです。
5人程度の行列に並び、15分で入店、20分で着席できました。
奥のテーブル席で、硬麺でお願いをした中華そば(小)を待ちました。
さすがに広島市の老舗店です。
店内にはカープの選手のサインが飾られています。
大瀬良投手のサインもありました。
酔った先輩に連れて来られたのでしょうか。
私の頭上には野村元監督のサインがありました。
これは早く外されたほうがいいと思います。
スープは薄いです。
豚骨ベースで色々と入っているそうですが、さらさらしています。
しかし、醤油ダレを入れるといい塩梅(あんばい)に変わります。
ベースはもちろん薄いのですが、昭和のしぶとい濃いさです。
高橋慶彦のようです。
中太の麺はストレートですが、腰が強くありません。
長嶋清幸のようです。
接客担当のお姉さんは愛想もよく、仕事がきれます。
松井隆昌のようです。
静かな店内は、いい雰囲気です。
山本浩二のようです。
カープのOBの方々には、敬省略で失礼申し上げます。

総じて、石本秀一のようなラーメン店です。

住所:広島県広島市南区西翠町3-3(Yahoo!地図
電話:082-253-1701
営業時間:
定休日:
中華そば(小):580円
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺宗祐気@山口県長門市 ☆☆ [山口県長門市]

2014_10_16_01.JPG
店外

2014_10_16_02.JPG
メニュー

2014_10_16_03.JPG
地どりラーメン

2014_10_16_04.JPG
潮ラーメン

妻と長門市の「ながと本陣」を目指すも閉店でした。
残念。
よって、久し振りに「麺宗祐気」にお伺いすることにしました。
大将、すっかり元気になっていらっしゃいました。
よかったです。
相変わらず愛想もよく、気持ちのいいお店です。
しかし、メニューが随分、変わっていました。
整理されたのでしょうか。
地どりラーメンと潮ラーメンとを硬麺で注文しました。
メニューに「和風です」と書いてある地どりラーメン、当然のことながら和風でした。
潮ラーメンのスープをベースに、鶏、魚介が入っているような入っていないような複雑な味です。
ここまでこだわられると私は着いて行けません。
潮ラーメンは、地どりラーメンのベースになっているような印象です。
地どりラーメンから、入っているような入っていないような素材を除くと潮ラーメンになりそうです。
凝り性の大将のことでしょうから、こちらもその辺の塩ラーメンと違います。
こだわっていらっしゃいます。
凄いと思います。
しかし私は、以前あった豚骨に魚介を組み合わせた仙崎ラーメンが好きでした。
素材にはこだわっていらっしゃったと思うのですが、ラーメンそのものがシンプルでした。
私のような凡人にはわかりやすい味でした。
そして何より、仙崎といったネーミングが抜群でした。
長門市を感じさせます。
そう思うと少し残念です。
大将の飽くなき探求心がビシビシと伝わってきますが、保守右翼の私はその探求心に着いて行けません。
「麺宗祐気」はプレミアムなラーメン店に向かっています。
以前の仙崎ラーメンのようなベタなラーメンが、ひとつ欲しいです。

長門市界隈の方々がプレミアムさに着いていけるかどうか、少し心配です。

住所:山口県長門市西深川3277-1(Yahoo!地図
電話:090-7894-6459
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜
地どりラーメン:790円
潮ラーメン:790円

追記

2014_10_16_05.JPG
張り紙

10月18日(土)はお休みです。
11月15日(土)の“いのししスープ ジビエラーメン”は、諸事情により変更だそうです。
しかし、後日お店で提供(限定)をする予定だそうです。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん 泰斗@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2014_10_12_01.JPG
店外

2014_10_12_02.JPG
メニュー

2014_10_12_03.JPG
メニュー

2014_10_12_04.JPG
豚骨らーめん

2014_10_12_05.JPG
泰斗らーめん

下関市唐戸の「らーめん 泰斗」に妻とお伺いしました。
今年6月にオープンされた新規店で、sukeさんが濃厚ラーメンとおっしゃていたので気になっていました。
下関市は久し振りです。
隠れ家的な店内は、カウンターとテーブル席ひとつのタイトな雰囲気です。
若い男性のお二方が、熱く出迎えてくださいます。
頭にタオルを巻いていらっしゃる方が大将です。
豚骨らーめんと、泰斗らーめんとを硬麺で注文しました。
まずは豚骨らーめん。
スープが黒く濃厚です。
骨粉がザラザラします。
宇部ラーメンを、ひとつふたつ濃厚にしています。
下関市、いえ、山口県でもナンバーワンの濃厚豚骨と思われる、同市の「らー麺 實」を彷彿させます。
ストレートの中太麺は腰があっていいです。
いい濃厚豚骨ラーメンです。
もう一方の泰斗らーめん。
メニューに「当店看板メニュー。とりがら塩しょうゆらーめん」と書いてあり、屋号を冠しています。
こちらのラーメンは解りませんでした(汗)。
豚骨らーめんを先にいただいたので、濃厚さに舌がやられてしまいました。
残念。
お店の側に、猫の額(ひたい)ほどの駐車場が一台分だけ用意されています。
駐車上事情の悪い下関市唐戸での大将の人柄を感じます。
もちろん、近くには市営の駐車場があるので心配はいりません。
しかし、ラーメン店開業にアッパレです。
同市では「らー麺 實」と一、二位を争う濃厚豚骨ラーメンです。
個性、オリジナリティで行こうという姿勢を感じます。
応援します。

山口県のラーメンの若い芽を摘んではいけません。

住所:山口県下関市赤間町6-11(Yahoo!地図
電話:080-5755-6351
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後6時半~午前1時
定休日:月曜
豚骨らーめん:600円
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

みかちゃん@山口県大島郡周防大島町 ☆☆ [山口県大島郡周防大島町]

2014_10_10_01.JPG
店外

2014_10_10_02.JPG
メニュー

2014_10_10_03.JPG
ラーメン

インターネット上で紹介されなければ、食べにいくことはなかったかもしれません。
周防大島町のラーメンです。
情報を取りやすく、便利になりました。
同町の宿題店のひとつである「みかちゃん」に妻とお伺いしました。
瀬戸内海を望む、のどかなところにあります。
初めての訪問なので、ラーメンを硬麺で注文しました。
他のメニューと違って太マジックで力強く書いてあります。
年配の大将が厨房、女将が接客です。
そのラーメン。
まろやかな豚骨スープに、黒マー油がいい感じで入っています。
硬麺でお願いした麺は、ストレートの中太で腰が入っています。
そして、喉越し感があります。
なるほど、うわさどおりの山口県唯一(?)の熊本ラーメンです。
珍しいです。
面白いです。
周防大島町=熊本ラーメン、にピンと来ませんでしたが、おいしいラーメンにそうしたことはどうでもよくなりました。
近くには、いりこラーメンで有名な「たちばなや」があります。
大島大橋の近くには、先日閉店をされた「ラーメン為八」がありました。
こうして思うに、「ラーメン 為八」、「たちばなや」、そして「みかちゃん」の三店は、私にとっての同町のラーメン御三家でした。
宝クジでも当たっていればスポンサーになって、柳井市の「安さん(閉店)」を加えた老舗の四店でイベントをしたかったです。
遅きに失しました。
ラーメンの世界も高齢化が進み、閉店が続いています。
「たちばなや」も気になります。
周防大島町の奥の奥に、おいしいラーメンがあるとは…。

これもインターネットのおかげです。

住所:山口県大島郡周防大島町大字東安下庄3001(Yahoo!地図
電話:0820-77-2511
営業時間:午前11時~午後1時50分、午後5時~午後7時50分
定休日:
ラーメン:600円
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

マルケン@福岡県北九州市若松区 ☆☆ [福岡県北九州市若松区]

2014_10_02_01.JPG
店外

2014_10_02_02.JPG
メニュー

2014_10_02_03.JPG
ラーメン

福岡県北九州市若松区の老舗のラーメン店「マルケン」に妻とお伺いをしました。
北九州市は人口が約100万人の政令都市です。
昭和38年に、門司市、小倉市、戸畑市、八幡市、そして若松市の5市が合併して発足をしました。
福岡市に通勤をする私は、よそ事ながら北九州市が気になります。
福岡県の両市に対する待遇の差を感じます。
北九州市と言う名前を今一つ好きになれません。
JRの駅が小倉駅と言うのが幸いです。
福岡市に対抗するには、北九州市を改め小倉市にしましょう。
当然、行政区も変えましょう。
北九州市門司区は、小倉市門司区。
北九州市小倉北区は、小倉市中区。
北九州市小倉南区は、小倉市南区。
北九州市戸畑区は、小倉市戸畑区。
北九州市八幡東区は、小倉市八幡区。
北九州市八幡西区は、小倉市黒崎区。
北九州市若松区は、小倉市若松区。
入店をすると、大将が「いらは~い、いらは~い」と暖かく迎えて下さいます。
店内は満席で人気店です。
ラーメンを硬麺で注文をしました。
スープはライト豚骨です。
豚骨より鶏がらを強く感じます。
麺は太めのストレートで、腰は長続きをします。
古(いにしえ)の味で、山口県では見掛けません。
勘定はもちろん「350万円」です。
旧若松市の中心部を散策しました。
小倉市若松区は乱暴でした。
次回の宿題店は「松崎ラーメン」です。
こうなれば、旧5市の老舗店を廻ってみたいです。

ラーメンに旧若松市の歴史と文化を感じました。

住所:福岡県北九州市若松区宮丸一丁目4-3(Yahoo!地図
電話:093-771-4977
営業時間:午前11時~午後7時
定休日:月曜、第1・第3・第5日曜
ラーメン:350円
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

豊味軒@島根県益田市 ☆☆ [島根県益田市]

2014_10_01_01.JPG
店外

2014_10_01_02.JPG
メニュー

2014_10_01_03.JPG
中華麺(ラーメン)

休日を利用をして山口県内の未訪店に出掛けています。
やはり、山口県のラーメン文化度は非常に高いです。
フリーアナウンサーの辛抱さんが海上自衛隊に救助をされた際に、「この国の国民で良かった…」とおっしゃっていましたが、私は「山口県民、そして山口市民で良かった…」と思っています。
その山口県のラーメンも少し飽きて来たので、県外へ口直しです。
山口県は、広島県、島根県、そして福岡県と接しているので、たまには異文化も良いです。
島根県益田市の「豊味軒」にお伺いをしました。
創業50年の老舗店です。
益田駅の南側の商店街にあります。
中華麺(ラーメン)を硬麺で注文をしました。
店内は静かで落ち着いています。
装飾も昔々の様相で、シックな雰囲気です。
鶏がらのスープは熱いです。
じわっと来ます。
中太の麺は自家製だそうです。
ストレートで腰が長続きをします。
まさしく、老舗の中華料理店の中華麺です。
女将も色々と話しをして下さいます。
ラーメン店は一期一会です。
その中でも私は老舗店が好きです。

益田市の老舗店としてのオーラを十分に感じました。

住所:島根県益田市駅前町19-12(Yahoo!地図
電話:0856-22-1197
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後9時
定休日:火曜
中華麺(ラーメン):500円
nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理