So-net無料ブログ作成

めん吉@山口県周南市 ☆ [山口県周南市]

2014_01_15_01.JPG
店外

2014_01_15_02.JPG
メニュー

2014_01_15_03.JPG
ふつうのラーメン・しお

2014_01_15_04.JPG
ふつうのラーメン・とんこつ

周南市の「めん吉」に妻とお伺いしました。
旧新南陽市の老舗店です。
旧徳山市、旧新南陽市、旧鹿野町、そして旧熊毛町の二市二町が合併をして誕生した周南市、10年が経ちますがしっくり来ません。
下松市が加わっていないことが大きな要因です。
そして、名称が徳山のままになっている物が多いです。
違和感を覚えます。
私の住む山口市を含め、山口県内の平成の大合併は大失敗です。
私は周南市と言う名称は嫌いではありません。
しかし、周南市で行くと決めたならば、とことん周南市と言った名称にこだわるべきです。
徳山駅、徳山東西インター、徳山大学等々、徳山と言った名称に未練を感じます。
理想を言えば、徳山市と言う名称で下松市を含めた合併をするべきだと思いますが、下松市には旧徳山市を兄貴として担ぎ上げる気運がありませんでした。
各々の事情があるので仕方がありません。
兄弟は他人の始まりです。
下松市が入っていない周南市は、麺の入っていないラーメンで売り物になりません。
下松市が合併をしないのであれば、周南市は徳山市に改称するべきで、このままでは中途半端な市で終わってしまいます。
残念。
閑話休題。
入店をするとレジで先に代金を支払います。
メニューが多いのでゆっくり決めようと思っていましたが、レジに並ぶ様に強制されます。
不慣れな銀行のATMに並ぶ、ご年配の方の気持ちが良く解ります。
テーブルに置いてあるメニューは何なのでしょうか。
注文を決めるまでお姉さんが私と妻を見つめます。
初めての訪問なので、ふつうのラーメンの“しお”と“とんこつ”を硬麺で注文しました。
めん工房と表の看板に記してあります。
自家製の麺なのでしょうか。
その麺に腰はありません。
伸びやすいです。
伸びやすいからと言って、良い悪いと言う気は毛頭ありません。
店のこだわりがあります。
またスープは、“しょうゆ”、“しお”、“とんこつ”、そして“みそ”とフルラインアップならではの、そのものと言った印象でした。

私の趣向とは掛け離れているラーメン店でした。

住所:山口県周南市土井二丁目14-7(Yahoo!地図
電話:0834-64-8833
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時半~午後8時(日曜の夜は休業)
定休日:
ふつうのラーメン・しお:550円 、ふつうのラーメン・とんこつ:550円
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

※閉店 らーめん酒家N おおきに@山口県萩市 ☆ [山口県萩市]

2014_01_13_01.JPG
店外

2014_01_13_02.JPG
メニュー

2014_01_13_03.JPG
らーめん

ネット上をウロウロしていて、らいもんさんのブログで知りました。
昨年のことです。
山陰のラーメン店なので気になっていました。
いつかはいつかはと思って月日が流れ、やっとお伺いしました。
国道191号線沿いの静かな場所にあります。
昨年の7月に開店されたそうです。
初めての訪問なので基本のらーめんを硬麺で注文しました。
そのらーめん、醤油豚骨です。
やや広島ラーメン風です。
魚介の味もややします。
麺は細く、やや縮れています。
腰もやや強いです。
期待は全くしていませんでしたが、良い意味で裏切られました。
中々のラーメンです。
何よりも大将と女将が明るいことが良いです。
顰めっ面や上から目線の店は嫌いです。
何度も書いていますが、商売は愛想が大切です。
気持ちの良い店です。
応援します。

大将の目指すラーメンはまだまだなのでしょうが、想いは伝わりました。

住所:山口県萩市大字江崎2267-1(Yahoo!地図
電話:08387-2-1170
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後10時(日曜、水曜の夜は休業)
定休日:
メニュー:らーめん(580円)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ら~めん 楽@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2014_01_05_01.JPG
店外

2014_01_05_02.JPG
メニュー

2014_01_05_03.JPG
ラーメン

下関市福江の「ら~めん 楽」にお伺いした。
移転してからは初めての訪問です。
ネット上で拝見をするに、いつも混雑をしているようで腰が引けていました。
相変わらずの人気店のようです。
同市綾羅木にあった時にはよくお伺いしました。
当時から人気店です。
下関市では一番お伺いしたラーメン店でした。
寒いこの時期は、店内はストーブの灯油の匂いがしていました。
店の前の駐車場は、鋭角で停め辛かったです。
大将とお兄さんがいらっしゃいました。
お兄さんは釜を触らして貰えず、餃子の係りでした。
私は、大将の息子さんが修行をされてらっしゃるとばかり思っていました。
間違っていました。
お兄さんは、同市川棚で「ラーメン 楽´」の大将として独立されてらっしゃいます。
なるほど。
そして「ら~めん 楽」は、大将の息子さんが仕切っていらっしゃいます。
もちろん大将もいらっしゃいますが、冷蔵庫係りでした。
若い世代へとバトンタッチは進んでいます。
いいことです。
元々の麺が柔らかいと言うことで、硬麺での注文は出来ませんでした。
承知済みです。
やはり「ら~めん 楽」でした。
スープは濃厚豚骨醤油です。
胡麻の香りがします。
やはり「ら~めん 楽」でした。
細麺は柔らかくなるのが早く、腰はありません。
やはり「ら~めん 楽」でした。
スープへのこだわりと麺へのこだわりとのギャップが大きい店だと感じます。
こうして思うに、周南市の「ラーメン大将」には改めて敬意を表します。
その「ら~めん 楽」、
山口県を代表するラーメンの一つかと問われれば、ノー!と答えます。
下関市を代表するラーメンの一つかと問われれば、ソウソウ!と答えます。
下関市のガラパゴスのラーメンの一つかと問われれば、オー、イエス!と答えます。

大きなお世話を承知で、「ら~めん 楽」と言う大きい看板が、このままで終わってしまうのではと不安になりました。

住所:山口県下関市福江711-2(Yahoo!地図
電話:083-258-5324
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後8時
定休日:月曜、第3火曜
ラーメン:580円

追記

2014_01_05_04.JPG
店外

同市安岡の「響(Yahoo!地図)」が工事中でした。
改装、もしくは、別名で新規開店でしょうか。
分かりません。
「響」は何年か前に“すっぽんラーメン”を食べにお伺いしたので気になります。
中を覗くに、カウンターが造られていたのでラーメン店でほぼ間違いないと思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らあめん 彩龍@山口県岩国市 ☆☆☆ [山口県岩国市]

2014_01_02_01.JPG
店外

2014_01_02_02.JPG
メニュー

2014_01_02_03.JPG
ラーメン

2014_01_02_04.JPG
和風中華そば

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
さて昨年のこと、「らあめん 彩龍」にお伺いしました。
初めてです。
ネット上での良い評判で気になっていました。
柳井市と岩国市周東を結ぶ幹線道路とは言え、静かな場所にあります。
交通量も多くありません。
しかし、店内は賑わっています。
評判通りです。
ウッドであしらわれた店内も雰囲気が良いです。
妻とで、ラーメンと和風中華そばを硬麺で注文しました。
まずはラーメン、美味しいではありませんか。
豚骨スープは濃厚ですが豚骨臭がほとんどしません。
しかし、パンチが効いています。
手間暇が掛かっています。
硬麺の麺は腰が強く喉越しが良いです。
美味しい豚骨ラーメンです。
続いて和風中華そば。
イリコの香りがする醤油ラーメンです。
麺はラーメンと同じです。
こちらも美味しい醤油ラーメンです。
豚骨と醤油をシェアしたので、それぞれの美味しさが際立ちます。
豚骨ラーメンも然ることながら、イリコラーメンがいただけると言うことが素晴らしいです。
山口県のラーメン文化度はやはり高いです。
「らあめん 彩龍」は便利な場所にありません。
市街地から離れていて、むしろ不便です。
しかし、客が多いです。
美味しいラーメンであれば、場所の少々の不便はハンディキャップになりません。
むしろリゾート雰囲気でプラスに働きます。

評判通り、いや、それ以上に美味しいラーメンでした。

住所:山口県岩国市周東町祖生800-1(Yahoo!地図
電話:0827-85-0771
営業時間:午前11時~
定休日:月曜、火曜、水曜
ラーメン:580円、和風中華そば:580円
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理