So-net無料ブログ作成

なんでんかんでん おのだサンパーク店@山陽小野田市 ☆☆ [山口県山陽小野田市]

画像を誤って削除してしまいました。
しかし、せっかく書いたのでアップします。

「なんでんかんでん おのだサンパーク店」にお伺いしました。
初です。
東京で一世を風靡したラーメンだそうで、ネット上で色々な方の記事を拝見し一度はお伺いせねばと思っていました。
デフォのラーメンを硬麺でお願いしました。
ご承知の通り「なんでんかんでん」は博多ラーメンです。
店員さんは皆お若くキビキビとしています。
私より年上であろうと思われる男性従業員さんがお一人いらっしゃいます。
彼もキビキビと動き廻っています。
感心します。
恐らく、家に帰れば焼酎を飲んでバタン・キューかも知れません。
ご自身で選んだ道とは言え大変です。
頭が下がります。
元気をいただきました。
ちなみにここも体育会系の反射的な掛け声です。
どうも新店の流行りのようですが、保守右翼の私は馴染めません。
そんなことを思っているとラーメンが届きました。
ん…、なかなか上手に表現しています。
博多ラーメンです。
麺も腰があり細くスープは博多豚骨しています。
美味しいです。
美味しいと思いますがどうもコピーを感じます。
博多ラーメンの最大公約数ラーメンです。
その最大公約数を精密に表現しています。
この精密さが「なんでんかんでん」の凄さだと思いますが、感動がありません。
雰囲気を除けば全てが博多ラーメンを表現しています。
妻が「美味しかったけれど、記憶に残らない」と言いました。
私もそうです。
美味しいです。
美味しいのですが、博多ラーメンを忠実に表現しているだけでそれ以外を感じられません。
「なんでんかんでん」を感じません。
宇部・山陽小野田地域で、博多ラーメンを味わえるお店はここだけかも知れません。
橋本大阪市長のように語弊があってはいけません。
「なんでんかんでん」のラーメンは美味しいです。
接客も気持ち良く全く不満はありません。

しかし感動がありませんでした。

ラーメン:650円

住所:山陽小野田市中川六丁目4-1 おのだサンパーク(Yahoo!地図
電話: 0836-39-5228
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後9時半
定休日:
nice!(0)  コメント(0) 

麺家 ?好@山口県美祢市 ☆☆ [山口県美祢市]

2013_05_26_01.JPG
店外

2013_05_26_02.JPG
メニュー

2013_05_26_03.JPG
ラーメン

国道435線沿いにあり、よく通ります。
気にはなっていました。
しかし思っているだけでは一度の人生は終わります。
行動をしてみなければ何も起こりません。
万を持してお伺いしました。
「麺家 ?好(ニーハオ)」です。
美味しいラーメンでした。
お店の看板に“麺家 ”と記してありますが、ここは中華料理専門店です。
ラーメン店ではありません。
看板と外観には多少の違和感を覚えます。
正統派の中華料理専門店です。
よって中華料理のメニューがたくさんあります。
80種類あるとか。
初めての訪問なのでデフォのラーメンを硬麺で注文しました。
醤油ラーメンです。
青菜が入っています。
美味しいです。
期待をせずに、イヤイヤ、正直、舐めてお伺いしました。
ご無礼でした。
申し訳ないです。
気合が入りまくりの美味しいラーメンです。
自分を恥ました。
中華料理専門店なので青菜が入っています。
もちろんチャーシューも。
これが抜群に調理されています。
両方とも食べた瞬間にホロホロっと来ます。
さすがの中華料理専門店です。
凄いです。
こだわっています。
美祢市でこんなに美味しい醤油ラーメンがいただけるとは反則です。
大将はこの道27年の中華料理職人だそうです。
ラーメンにそのご苦労と気合を十分に感じます。

山口県内の醤油ラーメンで言えば「スター本店@周南市」が私のダントツですが、それに継ぐラーメンはここかなあと思いました。

住所:山口県美祢市大嶺町東分3432-6(Yahoo!地図
電話:083-752-1022
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後10時
定休日:
ラーメン:600円
nice!(0)  コメント(0) 

ウエストリバア@山口県山陽小野田市 ☆ [山口県山陽小野田市]

2013_05_24_01.JPG

2013_05_24_02.JPG

2013_05_24_03.JPG

「みちしお」の道路を挟んだ向かい側にある「ウエストリバア」にお伺いしました。
“リバア”は恐らく“リバー=川”だと思われます。
よって現在であれば“ウエストリバー”でしょうか。
もしかすると昭和40年代の、日本人が英語表記にまだまだ慣れていない頃に付いた名前かも知れません。
今となってはこうした表記は時代を感じて趣きがあります。
ここも「みちしお」の店舗のひとつのようです。
ということはラーメンは「みちしお」と同じでしょうか。
両店のラーメンはかなり以前に食べましたが、味の記憶が全くありません。
少なくともマイナスでは無かったので今回お伺いしました。
道路の側にはとんこつラーメンと言った看板があります。
さて入店。
ありゃりゃ(汗)。
“うどんのウエストリバア”と貼り紙がしてあります。
わざわざ“うどんの”としてあります。
そうでしたか。
ここはうどんが主で、ラーメンは従のようです。
外ののぼりにも“うどんのウエストリバア”と書いてあります。
ありゃりゃ(汗)。
しかし思い掛けないラーメンに出会えるかも知れません。
自販機で券を買いカウンターで注文をします。
私、「硬麺でお願いが出来ますか?」
お姉さん、「硬麺?麺を硬くと言うことでしょうか?」
私、「そうですが、出来なければ結構です」
さてラーメン、大きなどんぶりにスープが並々と注がれて来ました。
見た目が明らかのフードコート風で確信犯です。
麺は中太でまあまあの硬さです。
私のわがままに応えて下さった気持ちは十分に伝わって来ます。
スープは豚骨でフードコート風です。
最近のフードコート風は微に入り細をうがつで、とても手が混んでいます。
しかしここのラーメンは昭和のフードコート風そのものです。
小細工がありません。
直球です。
しかもガテン系のお客のために量が多いです。
こうした気遣いは好きです。
しかし、フードコート風もここまで潔くされると気持ちがいいです。
ありのままのフードコート風です。

ラーメンも人間も正直が大切です。

住所:山口県山陽小野田市大字埴生2214-6(Yahoo!地図
電話:0836-76-3038
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:
ラーメン:500円
nice!(0)  コメント(4) 

廣華楼@山口県下松市 ☆☆☆ [山口県下松市]

2013_05_12_01.JPG

2013_05_12_02.JPG

2013_05_12_03.JPG
豚骨しょうゆらーめん

2013_05_12_04.JPG
魚介醤油らーめん

久々に美味しいラーメンに出会いました。
しかも抜群にです。
下松市の「廣華楼(こうかろう)」です。
オスカル池田さんのブログで知り、気になっていました。
中華料理店です。
妻とお伺いしました。
入口の黒板のボードには、“お昼のメニュー 濃厚豚骨らーめん”と記してあります。
“濃厚豚骨らーめん”が売りのようです。
入店してメニュー表を拝見すると、豚骨は“豚骨しょうゆらーめん”と“豚骨らーめん 九州味”の二種類しかありません。
後は“魚介醤油らーめん”と“油そば”です。
入口の黒板のボードに記してあった“濃厚豚骨らーめん”がありません。
店員さんにお訊ねすると、メニュー表の“豚骨しょうゆらーめん”がそれだそうです。
統一した方が解り良いと思います。
細かい話しは置いて、“豚骨しょうゆらーめん(画像中央)”と“魚介醤油らーめん(画像右)”を硬麺でお願いしました。
明るく爽やかで気持ちの良い店員さんです。
庶民的な店内も保守右翼の私としては落ち着きます。
まずは“豚骨しょうゆらーめん”です。
美味しいです。
程好く濃厚です。
久留米系の濃厚ではありません。
豚骨しょうゆと記してあるので、広島系に向いているのかも知れません。
もちろん宇部系ではありません。
山口県のラーメンは多種多様で本当に素晴らしいです。
麺も腰砕けしません。
続いて“魚介醤油らーめん”です。
これも美味しいです。
魚介の香りがじわっとします。
ふわっとではありません。
ガツんでもありません。
優しい醤油に魚介が溶け込んでいます。
麺も“豚骨しょうゆらーめん”と同様に腰砕けしません。
“豚骨しょうゆらーめん”と“魚介醤油らーめん”の美味しさに私の方が腰砕けしてしまいました。
ここは中華料理店です。
お世辞にも綺麗とは言い難い庶民的な中華料理店です。
しかし、中華料理店でこんなにハイレベルのラーメンを提供しては反則です。

「廣華楼」のラーメンは抜群に美味しいです。

住所:山口県下松市大手町885-26(Yahoo!地図
電話:0833-43-5144
営業時間:午前11時~午後11時(ラーメンは午後5時まで)
定休日:月曜
豚骨しょうゆらーめん:600円、魚介醤油らーめん:520円0
nice!(0)  コメント(0) 

旺金閣@山口県萩市 ☆ [山口県萩市]

2013_05_11_01.JPG
店外

2013_05_11_02.JPG
メニュー

2013_05_11_03.JPG
醤油ラーメン

2013_05_11_04.JPG
塩ラーメン

萩市でのラーメンは選択肢が少なく、“萩ラーメン”や“萩市でのラーメン”と言ったお店がありません。
同じ山陰で言えば長門市のラーメンの方が独自性があり活気を感じます。
萩市のラーメンに元気が欲しいです。
「旺金閣(おうきんかく)」にお伺いしました。
昨年オープンした中華料理店です。
店内は賑わっています。
いいことです。
色々な種類のラーメンがあります。
牛骨ラーメン以外は全てあります。
台湾ラーメンがデフォになるのでしょうか。
初めてのお店ではデフォのラーメンを食べるのですが、台湾ラーメンは好きではないのでパスです。
妻とで、醤油ラーメンと塩ラーメンを注文しました。
その醤油ラーメンと塩ラーメン、フードコート風です。
麺もスープもチャーシューも、フードコート風です。
それも思いっ切り、フードコート風です。

私の好みからは大きく離れたラーメンです。

住所:山口県萩市大字土原464-3(Yahoo!地図
電話:0838-26-6666
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:
醤油ラーメン:450円、塩ラーメン:450円
nice!(0)  コメント(0) 

俺龍@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2013_05_05_01.JPG
店外

2013_05_05_02.JPG
メニュー

2013_05_05_03.JPG
支那そば あっさり

2013_05_05_04.JPG
柳井甘露醤油ラーメン

トライアングルという情報タウン誌の5月号に、“柳井甘露醤油ラーメン”が紹介されていました。
詳しくは柳井商工会議所のホームページをご覧下さい。
いいことです。
私はこうした取組みが大好きです。
何もしなければ何も起こりません。
柳井市は我が家からは山口県内で一番遠い市です。
よって一番行っていない市でもあります。
柳井市には思い入れや印象はありません。
同規模で言えば、長門市の方が気になります。
しかし、柳井市には長門市に無い明るい雰囲気を感じます。
夏の高校野球、山口県内で唯一の優勝校は柳井高校です。
凄いことです。
なかなか日本一にはなれません。
我々山口県民は柳井高校に敬意を表しないといけません。
私にとっての柳井市は、柳井高校のある市です。
そんな柳井市のラーメン店、「総本家しなとら」と「麺や のぉくれ」以外にはお伺いしたことがありません。
同市の有名老舗店だった「橋図屋ラーメン」を目指した時には既に閉店されてらっしゃいました。
残念です。
次回は「むさしの」、「ひらもと」、そして「大黒天」が宿題です。
と言うことで「俺龍」にお伺いしました。
道中、移転された「麺や のぉくれ」の前を通りましたがお客さんが多いです。
店外に行列が出来ています。
いいことです。
人気店です。
美味しい店です。
ゴールデンウィークの影響でしょうか、柳井市内は渋滞です。
さて、「俺龍」に妻とで入店、柳井甘露醤油ラーメンとデフォの支那そばあっさりを硬麺でお願いしました。
まずは支那そば あっさり。
画像中央。
メニューには基本の魚介系と記してあります。
豚骨に魚介の香りはしますが、ベースのスープが薄いです。
あっさりに厚みがありません。
イマひとつ、いや、みっつよっつでした。
気持ちは良く解りますがまだまだといった印象です。
続いて柳井甘露醤油ラーメン。
上手に表現しています。
なるほど、甘露醤油スープしています。
醤油ラーメンマイベストの「スター本店@周南市」とは真反対の甘い醤油スープです。
思考錯誤された姿が浮かびます。
いいです。
麺が黒いです。
残念。
材料の都合もあるでしょうが、見た目が黒い麺は永くは受け入れられないと思います。
麺の色を白くされた方がいいです。
黒い麺はネガティブな印象で損をすると思います。
ラーメンは非常に美味しいです。
好感が持てます。
思考錯誤された情熱も十分伝わって来ます。
麺は両方とも中太でまあまあ腰があります。
合っていると思います。
ここも人気店です。
正午過ぎですが満席です。
いいことです。
柳井甘露醤油ラーメンは5店が提供されてらっしゃるようですが、もっと増えて柳井ラーメンとなって欲しいものです。

そのためには、「俺龍」にはオレ流で柳井甘露醤油ラーメンを引っ張って行って欲しいと思います。

住所:山口県柳井市南町七丁目1-1(Yahoo!地図
電話:090-2860-6717
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~
定休日:
支那そば あっさり:580円
柳井甘露醤油ラーメン:500円
nice!(0)  コメント(2)