So-net無料ブログ作成
検索選択

三久ラーメン 小郡店@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2013_01_25_01.JPG
店外

2013_01_25_02.JPG
メニュー

2013_01_25_03.JPG
ラーメン

私は「三久ラーメン 小郡店」のラーメンが好きです。
以前は大将、女将、眉毛をキリっと整えた角刈りのお兄さん、そして鼻炎っぽい声の洋風なお姉さんの4人で営んでらっしゃいました。
私のような40代の山口市民にとっての「三久ラーメン 小郡店」は、この御四方です。
それがある日、厨房に数名の男性陣が立つようになりました。
そしてその男性陣は、直立不動で大将の仕事を凝視してらっしゃいます。
私は大将が修行される方を好意で招き入れてらっしゃると思いました。
結果としてはそうでしたが。
その後「三久ラーメン 小郡店」は、ある居酒屋グループが関わられて変わりました。
そのしばらく前に、眉毛をキリっと整えた角刈りのお兄さんが辞められました。
もしかすると、大将以上に有名な方かもしれません。
そしてまたしばらして、鼻炎っぽい声の洋風なお姉さんも辞められました。
その鼻炎っぽい声の洋風なお姉さんに後継者の話しをお伺いしました。
大将と眉毛をキリっと整えた角刈りのお兄さんは白いTシャツ、女将と鼻炎っぽい声の洋風なお姉さんは白い割烹着でした。
静かな雰囲気の中で大将の気合の入ったラーメンをいただく、これが「三久ラーメン 小郡店」でした。
それがある日、突然に変わりました。
男性陣は黒いTシャツになりました。
店内には洋楽が流れ出しました。
あちらこちらに支店が出来ました。
“麺屋 三久”になり、私の“三久”ではなくなりました。
そう言えば下関市のゆめシティのお店も撤退しました。
ホームページも見当たりません。
最近はまた以前の雰囲気に戻りました。
評判がよくなかったからでしょうか。
世の人は良く視ています。

「三久ラーメン 小郡店」、そっとしておいて欲しいと願うオールドファンは私だけではないと思います。

住所:山口県山口市小郡上郷2591-19(Yahoo!地図
電話:083-973-1239
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:なし
ラーメン:550円
nice!(0)  コメント(0) 

※閉店 菜々瀬(ななせ)@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2013_01_23_01.JPG
店外

2013_01_23_02.JPG
メニュー

2013_01_23_03.JPG
しょうゆラーメン

「菜々瀬」という“ばりそば”専門のお店があります。
ところで“ばりそば”、山口市には“ばりそば”という麺の食べ物があります。
私のように、昭和40年代に山口市で生まれ同市で育った環境で、「ばりそばを苦手です」という野郎はあまりいないと思います。
その“ばりそば”、「春来軒」が有名ですが色々とあります。
「菜々瀬」も「春来軒」と関連しています。
“ばりそば”=「春来軒」、私が知っている範囲で近い内に書こうと思っています。
さて、「春来軒」には“ばりそば”の他に“ラーメン”があります。
その「春来軒」のラーメンは、ばりそばテイストの鶏がらで“ばりそば”の雰囲気そのものです。
しかし「菜々瀬」のラーメンは違います。
醤油ラーメンです。
メニューにはわざわざ“しょうゆラーメン”と記してあります。
その“しょうゆラーメン”をいただきました。
オイリーな醤油です。
私がベストだと思う「スター 本店」に比べると軽い醤油です。
麺は平細まではいかないにしてもそれに近い感じです。
無責任な表現で申し訳ございません。
スープと麺が馴染んでいない印象です。
それぞれはおいしいのですが、有名芸能人同士が結婚したようなラーメンです。
醤油ラーメン、「スター 本店」が“美空ひばり”級だとすると「菜々瀬」は“堀ちえみ”クラスです。
しかし、よくよく考えたらここは“ばりそば”専門のお店です。

山口市内で醤油ラーメンを食べたくなった場合、「菜々瀬」の選択は有りです。

住所:山口県山口市湯田温泉六丁目8-61(Yahoo!地図
電話:083-924-4800
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後9時
定休日:月曜
しょうゆラーメン:550円

nice!(0)  コメント(0) 

山口グルメガイド2002 [その他]

2013_01_22_01.JPG

(株)ザメディジョン発行の「山口グルメガイド2002」には、当時の山口県のラーメン店が紹介されています。
現在が2013年ということは、かれこれ11年前になりますか。
閉店された店もあり懐かしいです。
山口市については以下の店が紹介されています。

江戸金
カルビ王国 山口本店
香蘭
※閉店 長州ラーメン あんこう
※閉店 おそ松
※閉店 松仙閣
めんとく
幻のラーメン
どさん子 山口東店
博多金龍
一髄
東天閣
※閉店 焼肉ゆめ
※閉店 三京ラーメン朝田
王将
※閉店 久留米ラーメン 湯田店
三八ラーメン
※閉店 麺通倶楽部 長浜ラーメン
※閉店 大龍飯店
※閉店 どんぐり
※閉店 はりま太鼓
※閉店 ラーメンハウス めん喰い亭
※閉店 蓬菜閣
山形屋
※閉店 尾道ラーメン 野武士
味 中華大衆食堂
はんちゃんらーめん
東京庵
炭焼ホルモン 熱食
※閉店 炭火焼肉蔵家 菊亭 山口店
※閉店 地張
ラーメンショップ湯田店
中国料理 随園
白圭亭
※閉店 珍豚香 小郡店
三久ラーメン 小郡店
※閉店 ふうふう
※閉店 ゑびす屋ラーメン
蘭蘭

“39店”あります。
その内、焼肉店が“4店”あるので、これを除くと“35店”です。
その“35店”の中で、現在も営業をされてらっしゃる数は“17店”です。
17店÷35店×100≒48.6%
よって、11年前から営業を続けてらっしゃる店の割合は48.6%です。
裏を返せば、残りの51.4%、つまり半数以上の店が過去11年間で閉店されていると言うことです。
厳しい世界です。
たかがラーメン、されどラーメン、いやいや、やはりラーメンです。
ラーメン店に感謝しなければなりません。
nice!(0)  コメント(0) 

みそ膳 古殿家@山口県宇部市 ☆ [山口県宇部市]

2013_01_19_01.JPG
店外

2013_01_19_02.JPG
メニュー

2013_01_19_03.JPG
札幌みそ

2013_01_19_04.JPG
北国みそ

ラーメンを食べるには一番いい時期かもしれません。
しかし寒いのは苦手です。
こう寒いと味噌ラーメンが恋しくなります。
宇部市にある「みそ膳 古殿家」に行きました。
ここは「札幌ラーメン どさん子」で有名な“株式会社ホッコク”のフランチャイズ店で、以前は「札幌ラーメン どさん子」がありました。
山口市近辺で味噌ラーメンの選択肢はあまりありません。
ラーメンショップの“ネギミソ”は私にとっては味噌ラーメンではありません。
正統派の味噌ラーメンはここです。
妻とで、“札幌みそ”と“八丁みそ”を注文しました。
“札幌みそ”はデフォのようですし、“八丁みそ”は一番、濃厚のようです。
奇をてらうことのない正統派の味噌ラーメンです。
味噌が好きな日本人のツボをきちんと押さえてあります。
麺も味噌ラーメンの定番である中太縮れです。
もしかするとこの麺、「札幌ラーメン どさん子」と同じでしょうか。
しかし、八種類もの味噌ラーメンが選べるとは何と贅沢なことでしょう。
さすがに専門店です。
豚骨文化の宇部市でも味噌ラーメンが好きな人は多くいます。
その証拠に賑わっています。
いいことです。
塩ラーメンや醤油ラーメンもあります。

味噌ラーメンの専門店は貴重な存在です。

住所:山口県宇部市大字東際波5632-1(Yahoo!地図
電話:0836-58-3634
営業時間:午前11時~
定休日:
札幌みそ:600円、八丁みそ:600円
nice!(0)  コメント(2) 

天一@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2013_01_17_01.JPG
店外

2013_01_17_02.JPG
メニュー

2013_01_17_03.JPG
ラーメン

“サンパークあじす”という商業施設の中にある「天一」です。
以前は宇部市中央町にありました。
その昔、宇部市役所前の国道190号線を山陽小野田市に向けて、宇部新川駅方面と宇部興産方面との二股に分かれる交差店のド真ん中に、「レッツ09」という中層の商業施設がありました。
現在のジョイフル等があるところです。
“レッツ オーナイン”と読みます。
09=丸九、ということで、“丸久グループ”が経営していました。
ニューヨークの自由の女神、東京の東京タワー、旧徳山市のトポスのような存在でした。
当時の宇部市は活気溢れていました。
懐かしいです。
「レッツ09」の側に「天一」はありました。
昭和29年創業だそうです。
お店の前には大判焼きの施設もありました。
さてラーメン。
宇部市にあった時と比べて明らかに豚骨臭がおとなしくなっています。
無い、といっても過言ではありません。
あっさりしています。
中細麺は宇部ラーメンの鉄板で、柔らかくなるのが早いです。
つるつるしています。
ゆで玉子が入っています。
商業施設に入っているからでしょうか、以前ほどのパンチは感じませんでした。
無難に仕上がっている印象でした。
よって老若男女で賑わっています。
こうした場所ではこうした味付けが必要なのかもしれません。

宇部市を離れましたが、「サンパークあじす」を訪れるお客さんにはしっかり愛されています。

住所:山口県山口市阿知須4825-1 サンパークあじす(Yahoo!地図
電話:0836-65-1555
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:
ラーメン:500円
nice!(0)  コメント(2) 

ラーメンショップ 湯田店@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2013_01_13_01.JPG
店外

2013_01_13_02.JPG
メニュー

2013_01_13_03.JPG
ネギラーメン

寒い、寒い、底冷えがします。
こうした日は“ラーショ”が恋しくなります。
近所の「ラーメンショップ 湯田店」にお伺いしました。
ここは専用の駐車場はありませんが、裏にコインパーキングがあります。
そこを利用して店内で申し出ると、100円分(60分)のチケットを下さいます。
店内に、“当店のおすすめはネギラーメン・ネギミソラーメン”と書かれた貼り紙があります。
基本のネギラーメンを硬麺でお願いしました。
カウンターには“九州スポーツ”が置いてあります。
こうしたお店(失礼)のスポーツ新聞は“九州スポーツ”でなければなりません。
百歩譲って“スポニチ”です。
真面目な“日刊スポーツ”ではダメです。
さてラーメン、敢えて書くまでもないジャンキーなラーメンです。
食べながらいつも思うのですが、ラーメンに油で炒めたシロネギという組み合わせを考え出した人は凄いです。
それに、豆板醤(とうばんじゃん)という媚薬を入れるのですから。
ラーメン、白ネギ、豆板醤と“三本の矢”が揃ったネギラーメンに力強さを感じます。
ネギラーメン、おいしいのはおいしいのですが、例えば「侍@山口市」の美味しさとは全く違います。
おいしいとは難しい感覚です。

ネギラーメンは、酒やタバコ(私は吸いませんが)のような“嗜好品”的な美味しさなのかもしれません。

住所:山口県山口市湯田温泉六丁目3-10(Yahoo!地図
電話:083-928-5374
営業時間:午前11時~午後4時、午後5時半~午後8時半
定休日:月曜
ネギラーメン:650円
nice!(0)  コメント(0) 

蘭蘭@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2013_01_12_01.JPG
店外

2013_01_12_02.JPG
メニュー

2013_01_12_03.JPG
ラーメン(とんこつ)

山口市内のラーメン店、集客力に関しては、一番が「蘭蘭」、二番が「中華そば 吟」です。
しかも断トツの一番です。
その「蘭蘭」、開店と同時に満席になります。
というより、開店前から駐車場が埋まってきます。
平日にも関わらずです。
お昼時を過ぎてもお店の前には車が溢れています。
写真は準備中の時に撮りました。
私は何度かお伺いしましたが、好みのラーメンではありませんでした。
何かを見つけにお伺いしました。
平日で開店の少し前でしたが、既に並んでいらっしゃる方がいます。
まるで西宮神社の福男選び状態です。
開門、いや開店と同時に店内になだれこみました。
ここは豚キムチラーメンが有名のようですが、保守右翼の私は基本のラーメンを硬麺で注文しました。
そのラーメン、ベースはあっさり豚骨ですが、とにかく脂濃いです。
スープの上に脂層ができています。
中細麺の脂ラーメンです。
メニューの多さとその美味しさ、そして店員の方々の愛想の良さが集客に現れているのではと洞察します。

私の好みのラーメンではありませんが、集客力の凄さが全てを現しています。

住所:山口県山口市吉敷中東四丁目12-15(Yahoo!地図
電話:083-932-1878
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後9時
定休日:火曜
ラーメン(とんこつ):560円

nice!(0)  コメント(0) 

来福ラーメン@山口県美祢市 ☆ [山口県美祢市]

2013_01_11_01.JPG
店外

2013_01_11_02.JPG
メニュー

2013_01_11_03.JPG
ラーメン

美祢市の人口は27,685人で、山口県では人口が一番少ない市です。
仕事柄、性格柄、山口県内のあちこちに行っておりますが、市でいうと美祢市が県内で一番衰退しています。
美祢市が気になります。
その美祢市のラーメンは、昼は「来福ラーメン」、夜は「松ちゃん」でしょう。
多分。
その「来福ラーメン」、美祢市中心部から少し離れた“来福台”と言った場所にあります。
平成8年10月にオープンしました。
寡黙な大将と愛想のいい女将がいらっしゃいます。
麺友sukeさんによると、ここのご夫婦は「一麺亭 小月店」の前にあったラーメン店にいらっしゃったそうです。
さてラーメン、あっさり豚骨で豚骨臭がしません。
かといって薄っぺらくありません。
意図的に豚骨臭をしないように仕込まれているのでしょうか。
わかめが入っています。
麺は中細でつるつるしています。
ラーメンを追求するマニアの方には物足りないかもしれませんが、老若男女に支持される味です。
店内には座敷もあり、私がお伺いした日は野球の打ち上げをされていました。
いいことです。
地元民に愛されているようで、私はこうした雰囲気が好きです。
誤解を恐れずにいうと、衰退が著しい美祢市でラーメン店を営まれるということは、非常にリスクを伴います。
しかし、そうした環境の中でしっかり地元の方に愛されている印象を受けました。
心に美味しいラーメンです。

元気のない美祢市ですが、「来福ラーメン」の元気はいただけます。

住所:山口県美祢市大嶺町東分1444(Yahoo!地図
電話:0837-52-1829
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜
ラーメン:530円
nice!(0)  コメント(2) 

六助@山口県山陽小野田市 ☆☆☆ [山口県山陽小野田市]

2013_01_10_01.JPG
店外

2013_01_10_02.JPG
メニュー

2013_01_10_03.JPG
ラーメン

宇部市~山陽小野田市で一番美味しいラーメンは、と問われれば、「六助」と答えます。
“宇部ラーメン”と言われるラーメンのナンバーワンの店です。
「六助」にお伺いしました。
久し振りです。
大将の娘さんが車の誘導をして下さいました。
妻とでラーメンを硬麺で注文しました。
その大将、動きはどうしても遅くなっていますが“眼力”は衰えていません。
職人の眼差しです。
御歳77とのことです。
お元気です。
私も元気で77歳まで生きたいです。
さてラーメン、以前ほどの濃厚さは感じませんでしたがそれでも濃厚六助でした。
大将もご年齢を重ね、スープの元になる豚も年齢を重ねた風です。
保守右翼の私にはしみじみ感じる味です。
麺も木嶋製麺でありながら(失礼)、腰があります。
クチャクチャと歯ごたえがありました。
「六助」には何度もお伺いしておりますが、娘さんには初めてお会いしました。
明るい方で気持ちが良いです。
娘さん「父も77歳になりましたのでお店としては後2~3年かと思っています」
私「後継者の方はいらっしゃらないのですか?」
娘さん「弟子入りを希望される方が何人かいらしゃいましたが、ラーメンで生活をしていくというのは大変なのでお断りしていました。親族で継ぐ者もおりません」
私「ラーメンの写真とメニューを撮らせていただいてよろしいでしょうか?」
娘さん「どうぞ、どうぞ。私はインターネットをしていないので、こうしてみなさんが宣伝をして下さり助かります」
まだまだ色々なお話しをさせていただいたのですがとてもここで書き切れません。
じっくり「六助」や近辺のラーメン事情についてお伺いしてみたいものです。
娘さんが「六助」を継いで下さればと無責任に思いましたが、どうも大将の代で終わりのようです。
正直を言うと、今日の大将の様子を拝見するに明日、閉店されても驚きません。
鉄拳の“振り子”のように、一日でも永く続いて欲しいと願います。

宇部市~山陽小野田市でのナンバーワンラーメンは、「六助」で間違いありませんでした。

住所:山口県山陽小野田市中央三丁目5-18(Yahoo!地図
電話:0836-83-5421
営業時間:午前11時半~午後3時
定休日:火曜、金曜
ラーメン:600円
nice!(0)  コメント(2) 

つるや@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2013_01_08_01.JPG
店外

2013_01_08_02.JPG
メニュー

2013_01_08_03.JPG
ラーメン

今年の初ラーメンは宇部市の「つるや」です。
創業35年の老舗店です。
燦々と輝いた赤テントが出迎えてくれました。
久し振り、3年振り?ぐらいの訪問です。
昨年幾度かお伺いしたのですが、いつも閉店だったので心配でした。
開いていて良かったです。
さてラーメン、醤油豚骨スープでおいしいです。
愛情たっぷりのスープです。
老舗のダシが十分出ています。
そして、たっぷり入ったネギがシャキシャキしてこれがまたいいいです。
硬でお願いした細麺は徐々にやわっとなりますが、「つるや」の麺はこれでいいのです。
「つるや」はいわゆるの宇部ラーメンとは違い、同市では「七福」と同じような感じです。
宇部市の老舗店は、「大阪屋」・「三平」のような“豚骨派”と、「七福」・「つるや」のような“醤油豚骨派”の二つの会派が存在します。
もちろん、昨年オープンした「颯(はやて)」のような無所属新もあります。
しかし、ラーメン店の店主で市議会議員選挙が行われた場合、この四店が派閥のリーダーになるでしょう。
そして「一久」の所属する豚骨派が圧勝するでしょう。
私がお伺いした日は学校が休みだったので、初代女将と初代女将の娘さん(=二代目?)の他に、初代女将の娘さんの娘さん(小学生?)もいらっしゃいました。
彼女がお冷を出して下さいました。

三代続けば、私の生きている間は美味しいラーメンが食べられそうです。

住所:山口県宇部市中央町一丁目1-5(Yahoo!地図
電話:0836-33-5456
営業時間:午前11時半~
定休日:日曜
ラーメン:550円
nice!(0)  コメント(0)