So-net無料ブログ作成

札幌ラーメン どさん子 三田尻店@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2017_11_01_01.JPG
店外

2017_11_01_02.JPG
メニュー

2017_11_01_03.JPG
味噌ラーメン

本日の中国新聞にまたまた驚きました。
「生きて」という小林克也さんの連載コラムです。
「広島東洋カープがマツダスタジアムで試合をするとき、著名人のファンが『それ行けカープ』をリレーで歌う映像が流れる。
小林さんは、企画がスタートした2014年から出続けている。
ギャラも安く、約50人が断った中、真っ先に出演を快諾。
『レジェンド』がOKしたと知った若い芸能人らが、後に続いた」
ギャラが安いという理由で断った著名人が50名もいたとは驚きです。
我が広島市民球場(マツダスタジアムは呼称)のオーロラビジョンにギャラを求めるとは、ありえません(怒)。
そういえば広島出身のあの人やこの人が出ていません。
広島愛が無いとは、情けない話しです。
ところで、お店の前を通るたびに気にはなっていましたが、気になっていただけでした。
そもそも私の人生がそのような感じです。
懐かしさを求めて、防府市の「札幌ラーメン どさん子 三田尻店」にお伺いをしました。
私が小学生だった昭和50年代、山口市のラーメンは「亀山食堂」、「おそ松(閉店)」、そして「どさん子 大内店(閉店)」ぐらいしかありませんでした。
特に「どさん子 大内店」はよく連れて行ってもらいました。
今回お伺いをした「どさん子」も、当時を思わせる雰囲気でした。
ラーメンの種類が色別にプラスチックで配列してあるのは、当時そのままです。
味噌ラーメンを注文しました。
羽釜に大きな中華鍋で仕上げられます。
そして、麺の湯で加減を知らせるキッチンタイマーなんぞはございません。
年配の大将の体内時計、いえ身体に染み付いた感覚が全てです。
平ザルの使いも芸術ですし、タッパーに入ったトッピングもいい雰囲気です。
よって、味噌ラーメンも素晴らしいです。
平成の複雑なこの世とは違って、昭和のシンプルな仕様です。
最新のプリウスを横目に、初代カローラが走り抜けて行きます。
いただいて気持ちが良いです。
ラーメンの原点がここにあります。
スープは昭和の何でもない味噌スープ、麺はエッジの効いた中細です。
きっと「長崎ちゃんめん」のベンチマークになっていると思います。
とにかく、昭和の「どさん子」が続いていることに感動しました。

まさしくノスタルジックラーメンです。

住所:山口県防府市華浦二丁目5-14(Googleマップ
電話:0835-23-7636
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:月曜
メニュー:味噌ラーメン(600円)
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 4

はるさん

はじめまして。
あまりにも、懐かしかったもので書き込み
させていただきました。

どさん子大内店、昔近くに住んでおりました。
自分が小学校のころ、鍵っ子でしたので
晩御飯にときどき食べに行ってました。
母親から「今晩は食べに行ってくれる?」と
伝えられると、とても喜びました。

痩せ形の大将がたまに、なにかサービス
して頂いて、すごく嬉しかったナ~。
もう、40年前の記憶を思い出させていただいて
有難うございました。

これからも、楽しみに拝見させていただきます。
by はるさん (2017-11-02 09:16) 

ソニーファン

はるさんへ

コメントをいただきありがとうございました!

「どさん子 大内店」の近くに住んでいらっしゃって、時々行かれたということで…(笑)。
私と同世代の昭和の山口市民ですネ。

当時の大内地区は当然、今のように発展はしておらず、私のなかでは田んぼのなかにポツンとお店があったように記憶しています。
私もはるさん同様、食べに行こうと言われると、とても嬉しかったです。

おっしゃるようにその痩せ形の大将は、愛想が抜群によかったです(笑)。
その後マリン(閉店)というスーパーができて、その横で大将ご夫婦はクリーニング店を営んでらっしゃいました。
お元気でいらっしゃるといいのですが…。

懐かしい話しです(笑)。

このようなブログですが、また起こしいただければ幸せます!
by ソニーファン (2017-11-02 16:44) 

情けない新聞社

真実でしょうか?
by 情けない新聞社 (2017-11-02 19:21) 

ソニーファン

情けない新聞社さんへ

ご質問の意味が分かりません…(汗)。
by ソニーファン (2017-11-06 18:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。