So-net無料ブログ作成
検索選択

湾岸ラーメン食堂@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2017_04_13_01.JPG
店外

2017_04_13_02.JPG
メニュー

2017_04_13_03.JPG
とんこつラーメン

昨年5月にオープンをした宇部市の「湾岸ラーメン食堂」は、「来来亭」のような背脂醤油ラーメンがメインでした。
そういえば昔、「踊る大走査線」という番組がありました。
織田裕二さん扮する青島刑事の警視庁湾岸署を舞台にしたドラマで、私が公務員を辞めるきっかけにもなりました。
湾岸といえばこのドラマをイメージしてしまいます。
その「湾岸ラーメン食堂」が豚骨ラーメンを提供したということで、機会があればと思っていました。
同店の入口側には、大きなメニューが掲げてあります。
そして入店をすると、目の前に券売機があります。
店内に券売機があると思っていなかった方は、結局、券売機の前で悩みます。
同店はメニューが多いです。
入口の側の大きなメニューが意味を成していません。
こうしたメニューの多い店では、券売機は仇になります。
私も優柔不断の家族連れの前に、帰ろうかと思いました。
お互いのためになりません。
同店のチームワークがあれば、券売機は不要だと思います。
とんこつラーメンを硬麺でお願いしました。
平日の夜でありながら賑わっています。
二回目の訪問ですが同店の繁盛は理解できます。
硬麺でお願いをしたとんこつラーメン、脂が濃厚です。
そして元ダレが強いので、少し塩辛く感じます。
濃厚と言われればそうなのですが、豚骨そのものが濃厚ではありません。
よって、「宇部ラーメン」とは一線を画してします。
ストレートの細麺は腰が強いです。
「湾岸ラーメン食堂」が作るとこうなります、の豚骨ラーメンになっています。
同店も宇部市でポジションを確立したでしょうか。
とにかく、チームワークが素晴らしいです。
大将の個性の強いラーメン店もありますが、同店の大将の顔は少なくとも私には見えません。
しかし、従業員の皆様が大将、もしくは店主のラーメンに対する想いを共有していらっしゃるように感じます。
感心しました。
入店して退店するまでが、券売機を除けば美味しかったです。
チーム・湾岸ラーメン食堂の豚骨ラーメンは、とてもエネルギッシュでした。

ラーメンは会議室でなく、現場で起きていました。

住所:山口県宇部市西中町9-3(Yahoo!地図
電話:
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後9時
定休日:木曜
メニュー:とんこつラーメン(680円)

追記

2017_04_13_04.JPG
店外

山陽小野田市の「らーめん かっぱ」が閉店されました。
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。