So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

揚子江飯店@山口県大島郡周防大島町 ☆ [山口県大島郡周防大島町]

2018_04_22_01.JPG
店外

2018_04_22_02.JPG
メニュー

2018_04_22_03.JPG
焼豚麺

二試合の練習試合を終え、最後の三試合目は周防大島町代表の「揚子江飯店」です。

それでは、プレイボール!

私は山口市湯田温泉に住んでいます。
我が家から山口県内で一番時間のかかる地域が周防大島町です。
ラーメンに関する情報の少ないところでしたが、つけものいしさんの部活動のおかげで全容が解明されつつあります。
その「揚子江飯店」は中華料理店です。
我が家がお伺いした日はまだ寒かったです。
入店をするとストーブを点けて下さいました。
しかし、同様に店内の明かりも点いていないので暗いです。
お客が入れ替わり立ち代わり来られる様子ではないので、これはこれで情緒があって好きです。
ご高齢の女性お二人が切り盛りをされていらっしゃいました。
ラーメンのデフォルトは焼豚麺のようなので、これをお願いしました。
ところで、暗い店内には色々なオブジェがあり、まるで秘宝館のようです。

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

焼豚麺のスープは薄い薄い豚骨です。
そして、塩っぽさも感じます。
非常にあっさりしています。
ストレートの中細麺の腰は弱いです。
しかし、この塩梅が好きです。
このラーメンをいただくと、昨今のそれが如何に濃いかと感じます。
こうしたラーメンは、廃れることはあっても生まれることはないでしょう。
そうした意味では非常に貴重に思えます。
ぜひとも末永く続けて欲しいものです。

カキーン!

やはり、この塩梅が好きです。

住所:山口県大島郡周防大島町小松開作158-48(Googleマップ
電話:0820-74-4580
営業時間:午前11時~午後7時
定休日:
メニュー:焼豚麺(650円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事処 花水木@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2018_04_18_01.JPG
店外

2018_04_18_02.JPG
メニュー

2018_04_18_03.JPG
券売機

2018_04_18_04.JPG
肉ラーメン

練習試合の二試合目は、リッツ新山口店にある「お食事処 花水木」です。

それではプレイボール!

肉ラーメンを求めて、パチンコとは無縁の私がリッツ防府店とリッツ美祢店に行きました。
しかし、出会えませんでした。
であれば、次はリッツ新山口店です。
こちらには「お食事処 花水木」があり、肉ラーメンもありました。
ようやくたどり着きました。
母をたずねて三千里の主人公、マルコの気持ちです。
接客の男性はさすがに「お食事処 花水木」です。
美祢店といい新山口店といい、「お食事処 花水木」の教育はしっかりしています。
アッパレ!

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

お願いをした肉ラーメンのスープは、まさしく肉うどんです。
どんどん」のような専門店ではないので高いレベルではありませんが、まずまずのそれになっています。
肉の油感と甘味がもう少しスープに溶け込んでいればと思いますが、それは贅沢です。
エッジの効いた中細麺の腰は柔らかく、こちらもスープに馴染んでいます。
肉ラーメン、良いです。
専門店ではないのに、肉ラーメンというアイデアが素晴らしいです。
何度も書いてますが、「どんどん」が限定でもいいので、肉ラーメンを提供すれば盛り上がるのではと思います。
しかし、うどん店としてのプライドもあるでしょうから無いでしょうか。

カキーン!

私の無責任な想いを、少し叶えてくれたラーメンでした。

住所:山口県山口市小郡上郷1760-1 リッツ新山口店(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後4時
定休日:水曜
メニュー:肉ラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事処 花水木@山口県美祢市 ☆ [山口県美祢市]

2018_04_17_01.JPG
券売機

2018_04_17_02.JPG
豚骨ラーメン

三試合目の前に、練習試合を二試合。
その一試合目は、リッツ美祢店にある「お食事処 花水木」です。

それでは、プレイボール!

私の山口県のソウル麺は、「長崎ちゃんめん」の長崎ちゃんめん、「どんどん」の肉うどん、そして「春来軒」のばりそばです。
その「どんどん」の肉うどんのラーメン仕様があれば面白いのではと思っていましたが、つけものいしさん興味あるラーメンを書いていらっしゃいました。
リッツ柳井店にある「お食事処 花水木」の肉ラーメンです。
気になったのでリッツ防府店にお伺いをしてみましたが、「お食事処 花水木」がありませんでした。
残念。
ということで、別の機会にリッツ美祢店にお伺いをしました。
こちらには「お食事処 花水木」がありました。
ちなみに、私はパチンコを含めたギャンブルを一切しません。
しかし、肉ラーメンがありません。
またまた残念。
よって、豚骨ラーメンをお願いしました。

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

フードコートによくある豚骨ラーメンです。
取り立ててどうこう言うそれではありません。
しかし、接客はとても丁寧でした。
さすがの「お食事処 花水木」です。

カキーン!

とにかく残念。

住所:山口県美祢市大嶺町東分3436-1 リッツ美祢店(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後3時半
定休日:
メニュー:豚骨ラーメン(550円)
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

ソウル@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2018_04_14_01.JPG
店外

2018_04_14_02.JPG
メニュー

2018_04_14_03.JPG
ラーメン

二試合目は、柳井市代表の「ソウル」です。

それでは、プレイボール!

当然ながらここも、つけものいしさんの部活動がなければ知りませんでした。
存在を知っていたとしても、まさかラーメンがあるとは思いもしません。
私はラーメンに関してはチャレンジャーではないので、それを求めて入店をすることはほとんどありません。
ラーメンをお願いしました。
同店は夜の焼肉がメインなのでしょう。
我が家がお伺いをしたのは休日のお昼です。
「兵(つわ)どもが夢の跡」と言った雰囲気でした。
こうした閑散とした空気は嫌いではありません。

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

そのラーメン、薄い塩ラーメンと言う感じのさっぱりスープです。
しかし、奥深いです。
何とも表現が出来ません。
「このラーメンのスープのベースは『テールスープ』です。
塩ベースになりますが、日本の塩ラーメンとは違い、まろやかでクリーミーな牛の香ばしさを感じることができます」
つけものいしさんが自身のブログで記していらっしゃいます。
そうでしたか。
縮れのある中細麺も、焼肉店のそれと言った雰囲気です。
こうしたラーメンは、どちらかと言うと夜のそれです。
よって、日中に出会うことはありません。
ラーメンは面白いです。

カキーン!

専門店ではありませんが、そうでないところだからこその美味しさがありました。

住所:山口県柳井市南町二丁目7-13(Googleマップ
電話:0820-22-6939
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後11時
定休日:火曜
メニュー:ラーメン(650円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

菜の花@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2018_04_13_01.JPG
店外

2018_04_13_02.JPG
メニュー

2018_04_13_03.JPG
菜の花とんこつラーメン

つけものいしさんが、山口県内のラーメンを提供するお店の全軒訪問を目指すために、「ラーメン部」として活動をされていらっしゃいます。
スタンドから応援をしている私ですが、その活動を観戦しなければ知りえなかったお店があります。
特に山口県東部が多いです。
その中で岩国市、柳井市、そして周防大島町の気になった三店に、対外試合に行って参りました。
一試合目は、岩国市代表の「菜の花」です。

それでは、プレイボール!

まずは、食ベログの住所に「周東町祖生西光寺3261」とありますが、これは間違っています。
当然、カーナビは誘導をしてくれません。
「周東町祖生7261」が正しいです。
試合会場の訂正です。
さて、古い建物が良いです。
食事処なのでラーメン専門店ではありません。
しかし、暖簾といい幟といい、ラーメンをアピールしていらっしゃいます。
ますます良いです。
球場に入ると、高齢の大将がプレイングマネージャーとして奮闘されていらっしゃいました。
とんこつラーメンが基本だと思いますが、ここは屋号を冠した菜の花とんこつラーメンです。
やはり、主砲と対決です。

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

まずはスープ、あっさり豚骨です。
一昔前のフードコート仕様と言った感じです。
中細のストレート麺も、一昔前のフードコート仕様と言った感じです。
そして、具材が多く入れてあります。
嫌いではありません。
ネガティブにもなりません。
昨今の新規店からすると比べ物になりませんが、だからと言って悪くはありません。
大将の人柄のせいでしょうか。
まるで、分校が野球部員以外を集めて作ったチームの様です。
過疎地の食事処にラーメンがあることが素晴らしいです。

カキーン!

こうしたお店は応援してしまいます。

住所:山口県岩国市周東町祖生7261(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:木曜
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 一久 東岐波店@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2018_04_08_01.JPG
店外

2018_04_08_02.JPG
メニュー

2018_04_08_03.JPG
ラーメン

久し振りに「中華そば 一久」ということになり、妻と「東岐波店」にお伺いをしました。
同店は我が家から一番近い「一久」です。
と言っても我が家は山口市、同店は宇部市です。
基本のラーメンを硬麺でお願いしました。
スープはいつもの「一久」、麺もいつもの「一久」です。
獣臭の強い濃厚豚骨スープに、腰の弱い中細麺が絡みます。
明らかにスープ主導のラーメンです。
濃厚豚骨ラーメンを気軽にいただける環境に、幸せを感じます。
そう言えば、私は「一久」で基本のラーメン以外を頼んだことがありません。

しかし、次回も基本のラーメンを注文するでしょう。

住所:山口県宇部市大字東岐波3781-1(Googleマップ
電話:0836-58-2722
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:月曜
メニュー:ラーメン(550円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

れすとらん ココット@島根県大田市 [島根県大田市]

2018_04_07_01.JPG
店外

妻と山陰両県の老舗のラーメン店を巡る五店目は、島根県大田市の「れすとらん ココット」です。
山陰両県は国道9号を基幹に東西に長いです。
鳥取県鳥取市から西へ下っての最後の宿題店です。
しかし、「本日 休業」の看板が掲げてありました。
残念。
次回は、島根県江津市の「喜楽」も兼ねての訪問でしょうか。

住所:島根県大田市仁摩町天河内711-1(Googleマップ
電話:0854-88-3042
営業時間:午前11時~
定休日:
メニュー:なき砂らーめん
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

きんぐ@島根県出雲市 ☆☆ [島根県出雲市]

2018_04_06_01.JPG
店外

2018_04_06_02.JPG
メニュー

2018_04_06_03.JPG
ラーメン・並

妻と山陰両県の老舗のラーメン店を巡る四店目は、島根県出雲市の「きんぐ」です。
ホームページもありました。
同店は、出雲大社の近くの風情がある通りにあります。
出雲大社前は人が多いのですが、こちらは静かです。
お店の前には出前用でしょうか、バイクが二台、並べてあります。
よくよく考えると、私が好きな老舗店には出前用のバイクが並んでいることが多いです。
通された店内は、カウンターとテーブル席二つでこじんまりとしていました。
こちらも情緒があります。
ラーメン・並をお願いしました。
スープはあっさりした鶏がらの薄口醬油です。
「その伝統のラーメンはスッキリとした動物系スープで仕込みに使われるセロリが独特の香りを演出する。
この独特な香りは他ではないですね。
なんとも癖になる。
スープは代々に呼び戻しされていて一朝一夕ではできない歴史ある旨さです」。
menarukiさんがブログのなかでおっしゃっていました。
なるほど。
麺は中細の縮れで、腰は強くありません。
スープと麺がお互いを気遣っているような印象で、品を感じました。
歴史をいただきました。
ところで、屋号は「きんぐ(王様)」ですが、良い意味でそうした権威を感じません。
それならば、日本風の「しょうぐん(将軍)」や「とのさま(殿様)」でもいいのですが、やはり権威を感じます。
であれば、「ごっど(神様)」がいいかもしれません。
出雲の国にぴったりです。
どうでもいいことです。

出雲の国に「神在ラーメン」がありました。

住所:島根県出雲市大社町杵築東599(Googleマップ
電話:0853-53-2473
営業時間:午前11時半~午後11時半
定休日:
メニュー:ラーメン・並(550円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かまや@島根県松江市 ☆☆ [島根県松江市]

2018_04_05_01.JPG
店外

2018_04_05_02.JPG
メニュー

2018_04_05_03.JPG
ラーメン

妻と山陰両県の老舗のラーメン店を巡る三店目は、島根県松江市の「かまや」です。
同店は昭和31年2月創業で、同市では一番の老舗店です。
傾いた建物が保守右翼の私をワクワクさせます。
明るい高齢の女将さんが我が家を出迎えて下さいました。
基本のラーメンをお願いしました。
私も妻も少食のため、今回は二人で一杯を食べています。
そしてその旨を伝えたところ、快諾です。
また、山口市から来た我が家に、同店の歴史を含めて色々と話しを聞かせて下さいました。
ありがたいです。
そのラーメン、あっさり豚骨スープです。
それも非常にあっさりしていて油感が全くありません。
中細麺はやや縮れがあり、腰は弱いです。
しかし、もちもちとした食感です。
美味しいです。
懐古主義者ではありませんが、昭和のあっさりとしたラーメンは良いものです。
歴史は繰り返されると言います。
しかし、こうしたラーメンは廃れることはあっても生まれることは無い様な気がします。
貴重です。
いずれにせよ、独りで切り盛りをされていらっしゃる女将さんには、健康には気を付けて末永く続けて欲しいと願います。

ラーメンといい女将さんといい、良いお店に出会いました。

住所:島根県松江市東茶屋6(Googleマップ
電話:0852-21-5474
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:日曜
メニュー:ラーメン(400円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

満洲味(ますみ)@鳥取県米子市 ☆ [鳥取県米子市]

2018_04_01_01.JPG
店外

2018_04_01_02.JPG
メニュー

2018_04_01_03.JPG
ラーメン

妻と山陰両県の老舗のラーメン店を巡る二店目は、鳥取県米子市の「満洲味」です。
改めて書くまでもない、鳥取牛骨醤油ラーメンの発祥のお店です。
山口県で言うと、下松市の「中華そば 紅蘭」に当たります。
これは気になります。
「満洲味」は、初代が旧満州で覚えたスープをもとに、昭和21年に米子市にお店を開かれました。
当然ながら、お客の多いこと多いこと。
老舗店の貫禄です。
しかし、店内は「中華そば 紅蘭」同様、今風になっています。
当然ながら、ラーメンを注文しました。
そのラーメン、醤油は下松牛骨醤油の様な甘さがありません。
それなりに濃いのですが、牛丼のつゆだくや、すき焼きの雰囲気はありません。
麺は中太でもちもちとしています。
スープに比べ、麺の強さが際立っています。
そして、チャーシューが硬いです。
本当に硬いです。
これは厳しいです。
当然ながら、下松市の「中華そば 紅蘭」と比べてしまいます。
同じ牛骨醤油ラーメンでもアプローチが全く違います。
「中華そば 紅蘭」はスープが前面に出ている印象ですが、「満洲味」は麺が前面に出ている印象です。
所変れば品変る。
少し違いますか。
いずれにしても、似て非なります。
どちらが良いとか悪いとかは全くありません。
ラーメンの多様性を感じました。

やはり、ラーメンは楽しいです。

住所:鳥取県米子市西福原九丁目21-15(Googleマップ
電話:0859-22-9405
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:月曜
メニュー:ラーメン(650円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -