So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

れーがん(山口県柳井市) ☆ [山口県柳井市]

2017_11_18_01.JPG
店外

2017_11_18_02.JPG
メニュー

2017_11_18_03.JPG
甘露醤油ラーメン

「柳井甘露醤油ラーメン」求めて、柳井市の「れーがん」にお伺いをしました。
ラーメン専門店ではなく喫茶店です。
何度も書いているように、山口県には多種多様のラーメン文化があります。
そのひとつに名乗り出たのが、柳井市の「柳井甘露醤油ラーメン」です。
私が初めていただいたのが、同市の「俺龍(閉店)」です。
多少の無理やりを感じましたが、私はこうした取り組みが好きです。
同市の商工会議所でも紹介されていらっしゃいましたが、今はすっかり斜陽になりました。
残念です。
その「れーがん」、満席満員御礼です。
お客の多いこと。
良いことです。
私の隣のカップルさんも、甘露醤油ラーメンをいただいていました。
非常に良いことです。
当然、私も甘露醤油ラーメンをいただきます。
配膳の際、女性従業員さんが説明されます。
スープのタレが柳井甘露醤油、鯛の干物が同市大畠産、そして麺の竹炭が岩国市だったと思います。
地元産にこだわった気持ちは買います。
しかし、ラーメンとしてはちぐはぐです。
一杯になっていません。
まずは、干物がスープに溶けて生臭くなります。
そして、麺の黒い色は食欲をそそりません。
残念。
「柳井甘露醤油ラーメン」は素晴らしいアイデアだと思います。
まずは、提供を続けていらっしゃる同店に敬意を表します。
もっと煮詰めると良いラーメンができると思います。
このままこのラーメンの灯を絶やすのはもったいないです。
そして、行政も協力をするべきです。
柳井市の発展に「柳井甘露醤油ラーメン」はいいアイデアです。

同ラーメンを今一度、応援です。

住所:山口県柳井市中央二丁目3-18(Googleマップ
電話:0820-23-2481
営業時間:午前8時15分~午後4時半
定休日:
メニュー:甘露醤油ラーメン(750円)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

元祖宇部味噌らぁめん 長州屋@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2017_11_17_01.JPG
店外

2017_11_17_02.JPG
メニュー

2017_11_17_03.JPG
長州味噌らぁめん

2017_11_17_04.JPG
醤油らぁめん

妻と久し振りに「元祖宇部味噌らぁめん 長州屋」お伺いをしました。
前にも書いたのですが、宇部市で「長州」という屋号がしっくりきません。
長州藩の三家老の一人、福原氏が関わっているとはいえ、藩政時代に特に何かがあったという地域ではありません。
明治に入り、石炭産業で栄えたところです。
まあ、いいです。
しかし、お客さんが多いです。
良いことです。
デフォルトの長州味噌らぁめんと、対照的な醤油らぁめんをお願いしました。
接客のお姉さんは手際もそうですが、愛想もあるので気持ちが良いです。
お客が多いはずです。
待ち客が出ました。
まずはデフォルトの長州味噌らぁめん、前回とかなり変わりました。
味噌の味が複雑です。
同じ味噌でも、先日お伺いをした同市の「みそ膳 古殿家」のような分かりやすさはありません。
色々と吟味をされ、ブレンドされていらっしゃるようです。
中細のストレート麺も腰が結構、強いです。
味噌ラーメン=太麺、ではないところも面白いです。
悩み抜かれた味噌ラーメンといった印象です。
一方の醤油らぁめん、前回はいただいていません。
醤油が甘めで脂が多めです。
気持ちは十分に伝わって来るのですが、味噌のように方向性が定まっていません。
こちらは申し訳ないのですが、印象が薄いです。
麺は味噌と同じです。
日々、研究、試行錯誤されていらっしゃるのでしょう。
どちらのラーメンにも感じます。
そう言えば山口県内、個人店で味噌ラーメンを専門に掲げていらっしゃるところが他にあったでしょうか。

「長州」を屋号に冠するのであれば、山口県を感じることのできる味噌ラーメンを追求して欲しいと願います。

住所:山口県宇部市黒石北三丁目2-27(Googleマップ
電話:0836-43-9901
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後10時
定休日:火曜
メニュー:長州味噌らぁめん(680円)、醤油らぁめん(680円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶房 わいわい@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2017_11_16_01.JPG
店外

2017_11_16_02.JPG
メニュー

2017_11_16_03.JPG
メニュー

2017_11_16_04.JPG
ラーメン

長く気になっていた、山口市吉敷の「茶房 わいわい」にお伺いをしました。
山口市湯田温泉と美祢市美東を結ぶ国道435号沿いにあります。
同店の前には「ラーメン ヘルシー360カロリー」と記した看板があります。
美祢市方面からしか見えませんが、オレンジ色なので、ラーメン好きの方には飛び込んで来ます。
しかも「360カロリー」が遠くからだと「360円」に見えます。
長く気になっていました。
愛想の良いご高齢の女将さんが出迎えて下さいました。
かれこれ21年も営業をされていらっしゃるそうです。
言われれば結構、以前からあります。
ラーメンは、あっさり味・とんこつラーメンと、まろやか味・牛乳ラーメンの二種類があります。
メニュー表とは別に、手作りの壁掛けメニューが良いです。
こうした雰囲気が好きです。
あっさり味・とんこつラーメンをお願いしました。
スープは非常にあっさりしています。
デフォルトで胡椒と紅しょうがが入っていて、スープのアクセントになっています。
麺は中細ストレートで、つるつるしています。
腰はありません。
昨今は本格的なラーメンを提供する喫茶店もありますが、同店は緩やかなラーメンです。
これもまたこれで良いです。
女将さんの出来る範囲で十分です。

もうひとつの牛乳ラーメンという攻めの姿勢に元気をいただきました。

住所:山口県山口市吉敷赤田一丁目15-1(Googleマップ
電話:083-920-2015
営業時間:正午~午後7時
定休日:月曜、金曜
メニュー:ラーメン(580円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

拉麺 一杉@山口県宇部市 ☆☆☆ [山口県宇部市]

2017_11_12_01.JPG
店外

2017_11_12_02.JPG
メニュー

2017_11_12_03.JPG
白ラーメン

2017_11_12_04.JPG
黒ラーメン

妻と宇部市の「拉麺 一杉」にお伺いをしました。
平成26年11月のオープン直後にお伺いをしたので、三年振りになります。
カウンター越しに麺の硬さやスープの濃さをオーダー表に書きます。
一蘭」の模倣ですが、嫌いではありません。
白ラーメンと黒ラーメンをお願いしました。
白ラーメンは同店のデフォルトで豚骨スープ、黒ラーメンは魚介系醤油豚骨スープです。
スープはどちらも若干の脂感があり、やはり昨今の新店です。
そして、どちらもきめ細かいスープエスプレッソのような泡立ちで、きめ細かさを感じます。
中細ストレート麺は、腰が強すぎず弱すぎずでスープにいい塩梅で絡みます。
「あれは三年前」。
ちあきなおみの「喝采」ではありませんが、三年前も美味しかったです。
しかし、三年分の紆余曲折がラーメンをさらに美味しくしていました。
宇部市にありながら「宇部ラーメン」とは全く違います。
「宇部ラーメン」を求める客層ではなく、グローバルなラーメン求める客層をターゲットにしています。
これはこれで面白いです。
東京で料理人をされていた大将の感性は鍛えられています。
山口県育ちのラーメンも好きですが、東京育ちのラーメンも良いです。
山口県のラーメンを食べ歩いていますが、久し振りに気品を感じるラーメンに出会いました。
無化調でここまで仕上げてくるとは。
私が要人を山口県内の豚骨ラーメン店に連れて行くとなればここでしょうか。
ちなみに要人はいません。
こうなると、「一風堂」のラーメンをいただきに福岡市まで行く必要がありません。
大将の情熱を応援です。

山口県で唯一無二の洗練されたラーメンでした。

住所:山口県宇部市厚南北一丁目3-23 グランフォート際波 104(Googleマップ
電話:0836-39-6545
営業時間:午前11時~午後2時半、午後5時~午後9時
定休日:水曜
メニュー:白ラーメン(700円)、黒ラーメン(700円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

十八番食堂@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2017_11_11_01.JPG
店外

2017_11_11_02.JPG
メニュー

2017_11_11_03.JPG
中華そば

柳井市の「十八番食堂」にお伺いをしました。
同市の老舗店で、宿題店のひとつでした。
店外も店内もいい雰囲気です。
昭和です。
大将も女将さんもご高齢で、こちらもいい雰囲気です。
中華そばをお願いしました。
その中華そばがいい雰囲気です。
スープはとてもあっさりした薄い醤油です。
昨今の新規店に多い脂感はありません。
麺はストレートの中細麺で、くたびれ感があります。
チャーシューも同様です。
希少で貴重なラーメンです。
複雑な平成の世では、シンプルな昭和のそれが輝きます。
私は好きです。

歴史を喰らうとはまさにこのことです。

住所:山口県柳井市天神10-1(Googleマップ
電話:0820-22-6462
営業時間:午前11時~午後4時
定休日:日曜、祝日
メニュー:中華そば(450円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まるふく食堂@山口県防府市 ☆☆ [山口県防府市]

2017_11_08_01.JPG
店外

2017_11_08_02.JPG
メニュー

2017_11_08_03.JPG
まるふくラーメン

所用で山口県立総合医療センターへ。
せっかくなので、地下一階にある「まるふく食堂」にお伺いをしました。
同店は山口県立総合医療センターの一般食堂という位置づけで、以前は「レストラン明治」が入っていました。
ラーメンは、長浜ラーメン、まるふくラーメン、そして中華ソバの三種類があります。
まるふくラーメンに豚骨醤油と記してあります。
とういうことは、長浜ラーメン=豚骨、まるふくラーメン=豚骨醤油、中華ソバ=醤油、となりますか。
メニューの名前を、豚骨ラーメン、豚骨醤油ラーメン、醤油ラーメンにしないところに何かを感じます。
屋号を冠したまるふくラーメンにしました。
スープは文字通りの豚骨醤油です。
濃くはありませんが、しっかりしています。
中細麺のストレート麺も腰は強くありませんが、しっかりしています。
当然、業務用でしょうが、予想を覆しての本格的です。
ここは病院の食堂です。
あきらかにそこのそれではありません。
これでは、そんじゃそこらのフードコートのラーメンが吹っ飛びます。
少し誇大でした。
こうなると、長浜ラーメンと中華ソバが気になります。
まさか病院の食堂のラーメンが気になるとは。

福をもたらしてくれた「まるふく食堂」に二重マルです。

住所:山口県防府市大字江崎77 山口県立総合医療センター 地下一階(Googleマップ
電話:
営業時間:午前7時半~午後3時
定休日:土曜、日曜、祝日
メニュー:まるふくラーメン(530円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

厚南食堂@広島県広島市中区 ☆☆ [広島県広島市中区]

2017_11_07_01.JPG
店外

2017_11_07_02.JPG
メニュー

2017_11_07_03.JPG
宇部ラーメン

広島市に「宇部ラーメン」のお店があるということで、気になっていました。
同市中区の「厚南食堂」で、まさしく光南一丁目にあります。
また、大将は山口県宇部市のご出身だそうで、これもまた良いことです。
お店の駐車場はありませんが、すぐ近くにコインパーキングがあるので問題ありません。
ラーメン店というより居酒屋といった雰囲気です。
メニュー表の宇部ラーメンに「とんこつしょうゆ」とあります。
宇部ラーメンは濃厚豚骨のはずなので違和感を覚えます。
さてさて、注文をした宇部ラーメン、お皿に載せられて出て来ました。
提供が上品です。
スープは豚骨醤油なのですが、広島ラーメンの土地柄もあってか醤油感の方が強いです。
「宇部ラーメン」独特の獣臭はありません。
スープが上品です。
麺は細く、ややウェーブがあります。
「宇部ラーメン」独特の中太の柔らかさはありません。
麺が上品です。
申し訳ありませんが、「宇部ラーメン」ではありません。
丼ぶりも上品です。
宇部市民の「宇部ラーメン」とは全く違います。
しかし、大将の気持ちは解らなくもありません。
山口県内にも「博多ラーメン」や「久留米ラーメン」を謳ったお店が多くあります。
しかし、福岡市民や久留米市民からすれば首を傾げたくなるものばかりだと思います。
よって、広島市民の趣向に沿った「宇部ラーメン」にされたのかもしれません。
広島市で宇部市を感じようと思いましたが残念でした。
ラーメンも印象が薄いです。

無責任に、同店には「宇部ラーメン」のド真ん中であって欲しかったです。

住所:広島県広島市中区光南一丁目14‐3(Googleマップ
電話:082-542-1061
営業時間:午前11時~午後2時半、午後6時~午後11時
定休日:木曜、第1・第3日曜
メニュー:宇部ラーメン(690円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺家 ニーハオ@山口県美祢市 ☆☆ [山口県美祢市]

2017_11_04_01.JPG
店外

2017_11_04_02.JPG
メニュー

2017_11_04_03.JPG
ラーメン

2017_11_04_04.JPG
ニーハオラーメン

妻が未訪ということで、美祢市の「麺家 ニーハオ」にお伺いをしました。
JR美祢駅近くの同市中心部にあります。
駅前ラーメン 松ちゃん」が閉店をされているので、同駅周辺でラーメンの唯一の選択肢になります。
しかし、選択肢にきちんと応えてくださいます。
醤油味のニーハオラーメンは、いかにもの中華料理店の醤油ラーメンで、辛さは強くありません。
むしろ甘味を感じます。
ニーハオラーメンは、前ラーメンに少々の豚骨がブレンドされて、またまた少々の唐辛子系の辛味がブレンドされています。
この少々の唐辛子系の辛味は必要ないと思うのですが、大将のコンセプトのようです。
麺はどちらも中細ストレートで、腰は強くありません。
スープも麺も中華料理店ならではです。
そして量がどちらも多いです。
特別なラーメンではありませんが、どちらも評価をします。
これはこれで美味しいです。
同店は無化調にこだわっていらっしゃいます。
私は化調だから悪く、無化調だから良いとは全く思いません。
ポリシーのある店が好きです。
同店の辛いラーメンをいただいて家路に着くまで、全くのどが渇きません。
これはこれで素晴らしいです。
他の料理も充実していることもあって、お客が多いことが同店が支持されている証拠です。
大将お一人が、色々な注文を厨房でこなされます。
これこそ神業です。
ラーメンをいただきながら感心しました。
ラーメン専門店ではないので多くを要求できませんが、豚骨と塩のラーメンをそのままで提供して欲しいです。

久し振りにお伺いをしましたが、大将のぶれない姿勢に美味しさを感じました。

住所:山口県美祢市大嶺町東分3432-6(Googleマップ
電話:083-752-1022
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後10時
定休日:
メニュー:ラーメン(620円)、ニーハオラーメン(620円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌ラーメン どさん子 三田尻店@山口県防府市 ☆☆☆ [山口県防府市]

2017_11_01_01.JPG
店外

2017_11_01_02.JPG
メニュー

2017_11_01_03.JPG
味噌ラーメン

本日の中国新聞にまたまた驚きました。
「生きて」という小林克也さんの連載コラムです。
「広島東洋カープがマツダスタジアムで試合をするとき、著名人のファンが『それ行けカープ』をリレーで歌う映像が流れる。
小林さんは、企画がスタートした2014年から出続けている。
ギャラも安く、約50人が断った中、真っ先に出演を快諾。
『レジェンド』がOKしたと知った若い芸能人らが、後に続いた」
ギャラが安いという理由で断った著名人が50名もいたとは驚きです。
我が広島市民球場(マツダスタジアムは呼称)のオーロラビジョンにギャラを求めるとは、ありえません(怒)。
そういえば広島出身のあの人やこの人が出ていません。
広島愛が無いとは、情けない話しです。
ところで、お店の前を通るたびに気にはなっていましたが、気になっていただけでした。
そもそも私の人生がそのような感じです。
懐かしさを求めて、防府市の「札幌ラーメン どさん子 三田尻店」にお伺いをしました。
私が小学生だった昭和50年代、山口市のラーメンは「亀山食堂」、「おそ松(閉店)」、そして「どさん子 大内店(閉店)」ぐらいしかありませんでした。
特に「どさん子 大内店」はよく連れて行ってもらいました。
今回お伺いをした「どさん子」も、当時を思わせる雰囲気でした。
ラーメンの種類が色別にプラスチックで配列してあるのは、当時そのままです。
味噌ラーメンを注文しました。
羽釜に大きな中華鍋で仕上げられます。
そして、麺の湯で加減を知らせるキッチンタイマーなんぞはございません。
年配の大将の体内時計、いえ身体に染み付いた感覚が全てです。
平ザルの使いも芸術ですし、タッパーに入ったトッピングもいい雰囲気です。
よって、味噌ラーメンも素晴らしいです。
平成の複雑なこの世とは違って、昭和のシンプルな仕様です。
最新のプリウスを横目に、初代カローラが走り抜けて行きます。
いただいて気持ちが良いです。
ラーメンの原点がここにあります。
スープは昭和の何でもない味噌スープ、麺はエッジの効いた中細です。
きっと「長崎ちゃんめん」のベンチマークになっていると思います。
とにかく、昭和の「どさん子」が続いていることに感動しました。

まさしくノスタルジックラーメンです。

住所:山口県防府市華浦二丁目5-14(Googleマップ
電話:0835-23-7636
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:月曜
メニュー:味噌ラーメン(600円)
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドラゴンラーメン@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2017_10_22_01.JPG
店外

2017_10_22_02.JPG
メニュー

2017_10_22_03.JPG
メニュー

我がカープが負けました。
クライマックスが「暗いMAX」になりました。
とにかく、クライマックスという金儲け制度はやめるべきです。
面白くないし理不尽です。
本日の中国新聞に、「2位以下に10ゲーム以上の大差をつけた場合は、もう1勝上積みしたらどうか」という小学生レベルの提案がありました。
しかも社説です。
驚きました。
情けない新聞社です。
中村選手の獲得にうやむやにならなければいいのですが。
今こそ、カープ女子に立ち上がっていただきたい。
さて、妻と「ドラゴンラーメン」にお伺いをしました。
「390円」と大きく記してあり、安さがウリのラーメン店です。
オープンをして間もなくお伺いをしましたが、390円そのままのイメージでした。
もしかして何かが変わっているかと期待をします。
お客は多いです。
当然、固定客がいらっしゃると思います。
とんこつとしょう油を硬麺でお願いしました。
スープの量はどちらも少ないです。
どちらもベースの豚骨や醤油は薄く、ニンニクと少々の背脂で濃いさを演出しています。
とにかく化学が強く、辛いです。
麺は細いストレートで、腰もまあ強いです。
どうなのでしょう。
390円でよくぞここまでというべきか、はたまた、390円なのでこのぐらいでというべきなのか。
私は前者で志は買いますが、化学の強さは年齢を重ねた私にはキツイです。
絶食をした後でも、黒スペシャルを替玉でいただく自信がありません。
しかし、従業員さんの教育はしっかりされていらっしゃいます。

デフレの昨今で、390円ラーメンの存在価値は大いにあると思います。

住所:山口県山口市吉敷下東一丁目10-7(Googleマップ
電話:083-902-5543
営業時間:
定休日:
メニュー:とんこつ(390円)、しょう油(390円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -